ナヨクサフジ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

野草

ナヨクサフジ(弱草藤)は緑肥に使われた外来種で、きれいな花です

2021年5月19日

PR

ナヨクサフジ(弱草藤)は、ヨーロッパ原産の、藤の花ににたマメ科のつる性植物です。白と紫の組み合わせがきれいで、蝶形花を穂状に咲かせます。葉は、鳥の羽根のような奇数羽状複葉、茎は巻きひげを出して他につかまります。クサフジとそっくりな花です。

ナヨクサフジ(弱草藤)は緑肥に使われてきた、きれいな花です

ナヨクサフジの花

ナヨクサフジの花々

ナヨクサフジの花々

ナヨクサフジは、野原や土手などで見かける外来種です。

ナヨクサフジは、ヨーロッパや西アジアに自生する、マメ科のつる性植物で、

日本には、緑肥にするために輸入されたと言われますが、

今は、野生化して日本全土に分布しているようです。

 

花は、先端が白く、根元にかけて紫いろの蝶形花ですが、

上に伸びた茎に穂状にたくさんついていて、きれいです。

この花の形が、フジの花ににていて、なよなよとしていることから、

ナヨクサフジと名づけられたようです。

 

近くの野原には、たくさんのナヨクサフジの花が咲いていました。

繁殖力が強いようです。

たくさんのナヨクサフジ

たくさんのナヨクサフジ

 

茎と葉

ナヨクサフジの茎と葉

ナヨクサフジの茎と葉

ナヨクサフジは、つる性植物で、

葉の先から出した巻きひげで、他のものみつかまって伸びます。

 

写真から、茎が横方向に伸びていて、ところどころから、たくさんの小葉をつけた、

羽状複葉が出ているのがわかりかと思います。

その先端から、2本の細いひげ状のものが見えますが、これで他の植物などにつかまって

伸びるんですね。

 

葉の付け根から、花径が上に伸びている様子も見られます。

別の角度から見たのが、つぎの写真になります。

ナヨクサフジの葉と花

ナヨクサフジの葉と花

 

 

ナヨクサフジの基本情報・花言葉

ナヨクサフジは、ヨーロッパや西アジアに分布し、日本に全土に分布するマメ科ソラマメ属の一年生植物です。

花期は5~6月、日当たりのいい野原などで見られるようです。

窒素を固定するため緑肥用に輸入されたものが、野生化して日本全土に広がったとのことです。

 

藤の花ににているが、なよなよとしていることから、ナヨクサフジと名づけられたようです

 

近縁種に、クサフジなどがあります。

 

ナヨクサフジの花言葉は、「世渡り上手」。

いい花言葉というんでしょうか。

 

おわりに

通りがかった道路沿いの野原に、たくさんのナヨクサフジが咲いていました。

紫なので良く目立ち、近づいて見ると、きれいな花でした。

外来種なので、他の植物に影響すると困るのですが・・・

繁殖力が旺盛のようなので、要警戒かもしれませんね。

 

参照サイト

Wikipedia ナヨクサフジ クサフジ

ビオ・荒川さいたま ナヨフジクサ

 

関連投稿

花序が4本のフタリシズカ
フタリシズカ・タケニグサ・ノアザミ・ナヨクサフジ

5月の今、フタリシズカ・タケニグサ・ノアザミ・ナヨクサフジなどの野草が咲いているを良く見かけます。フタリシズカ、タケニグサは有毒なので動物も食べないようです、ノアザミやナヨクサフジは、動物が侵入しない ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-野草
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ