PR

シャガ

野草

シャガ(射干、著莪)の花が咲いています

2021年4月6日

PR

アヤメ科のシャガ(射干、著莪)は、別名コチョウバナ(胡蝶花)とも呼ばれ、古い時代の中国からの帰化植物です。人里や人家近くなどの林や空き地などの、少し湿った場所に群生することが多いと言われます。近縁種にヒメシャガ(姫射干、姫著莪)があります。

シャガ(射干、著莪)

シャガの花

伸びた茎に咲くシャガ
伸びた茎に咲くシャガ

シャガ(射干、著莪)は、アヤメに似たきれいな花で4~5月に咲きます。

花の大きさは、5~6cm、草丈は、60cmくらいで、

茎から分かれた複数の柄の先に咲き、白の中に、紫と黄色の模様がきれいです。

この花は、朝開いて夕方には萎(シボ)みますが、

たくさんついた蕾がつぎつぎに咲きます。

上から見たシャガの花
上から見たシャガの花

上から見ると華やかさがわかります。

白い3枚が、内花被(ナイカヒ)すなわち花弁(カベン)、花びら、

幅広で紫に半円が描かれ、その中に黄色い線状の模様が入ったのが外花被(ガイカヒ)すなわち萼(ガク)、

見えにくいのですが、の内側に見える、白くて先がたくさんに分かれたものが雌しべ(柱頭)の付属物、

とのことです。

に描かれた、白地に紫と黄色の模様がきれいですね。

この写真では、雌しべ、雄しべ、は隠れています。(>N<)

松江の花図鑑に、詳しく書かれています。

横から見たシャガ
横から見たシャガ

横から見ると、それぞれの形がもう少しわかります。

花弁もも、波打っていて、縁に細かな切れ目がはいっているんですね。

そして、中央に雌しべが上に向いています。

シャガの外花被
シャガの外花被(萼)

萼に描かれた模様です。

すべての花の3枚の萼にこのような模様が描かれているんですね。

丹念な自然の営みに驚きます。

シャガの群生

シャガの群生の様子
シャガの群生の様子

シャガは、3倍体の植物で種子をつけないそうですが、

地下茎が伸びて、周辺に葉を出して株を作り繁殖します。

葉は常緑性、形は扁平で長さ30~60cm、幅2~3,5cm、光沢のある緑色をしています。

群生の中で咲くシャガ
群生の中で咲くシャガ

地下茎から延びた葉の根元から出た茎から、いくつもの柄を出し、

その先に花を咲かせています。

シャガの群生

たくさんの株が生えているところでは、

このように沢山の花が咲いているのを見ることができます。

一つ一つの花は小さいのですが、たくさんついているので、

見栄えがします。

シャガの基本情報・花言葉

シャガは、中国東部やミャンマーが原産で、アヤメ科アヤメ属の常緑多年草です。

日本には古い時代に帰化したと言われ、本州から九州に分布すると言われます。

シャガ(射干)の名前について、もともと射干はヒオウギを意味する漢名だったとのことですが、

音読みしてこの花に用いられるようになったようです。

シャガの花言葉は、「反抗」、「友人が多い」。

おわりに

帰化植物が野生化して空き地や近くの林地に生えているのを見かけます。

草丈が低く、小さな花ですが、群生で生えていることが多いので、

遠くから見てもきれいです。

また、近くから見ても、美しい模様が入っていて、見栄えがします。

野草としては、きれいで楽しませてくれる花だと思います。 *\(^W^)/*

参照サイト

Wikipedia シャガ

松江の花図鑑 シャガ

日本植物生理学会 みんなの広場 三倍体植物について

花言葉ー由来 シャガ

関連投稿

アヤメ科のアイリス・シャガも咲きました

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-野草
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ