PR

ムラサキケマン

野草

ムラサキケマン(紫華鬘)の花、実

2021年4月7日

PR

3月から咲いているムラサキケマン(紫華鬘)に実が付き始めました。畑の隅などの湿っぽく、半日陰のようなところでよくみられ、背丈が20~30cm、伸びた茎の先に赤紫色で筒状の花を、総状につけています。赤っぽい色なので、よく目につきます。

ムラサキケマン(紫華鬘)

ムラサキケマンの花

ラサキケマンの茎と葉
ムラサキケマンの茎と葉

どの花も、家の近くの畑近くで撮ったものですが、

人を引き付けるほどきれいというほどでもないのですが、

3月中から、ごろ他の野草たちと競って咲き出しました。

花期は、4~6月とされているので、今年は少し早く咲いたようです。

高さは、20~30cmほどで、赤っぽいいろなので、よく目につきます。

まっすぐ伸びた茎の先に、長さ2cmほどの筒状の花を総状にたくさんつけています。

花の色は、筒の根元から胴体部分は白っぽく、先端が赤っぽい紫になっていますね。

ムラサキケマンの花
ムラサキケマンの花

中には、この写真のような青がかった紫のものも見られます。

日の当たり具合や、土地の栄養状態によって変わるんでしょうか。

花の付き方は、整然と並んでいるのではなく、

乱雑というんでしょうか、あちこちを向いているようですね。

そして、花が咲いた後は、下を向いて萎(しぼ)んでいっているようです。

コンポストの前のムラサキケマン
コンポストの前のムラサキケマン

私は、野菜の切りくずは、畑の隅に置いたコンポストにいれて堆肥にしていますが、

その前で最初に見かけました。

日当たりや栄養状態がいいので、成長が早いのかもしれませんが、

この花は、他の花に先駆けて実をつけていました。

ムラサキケマンの実

ムラサキケマンの実
ムラサキケマンの実

こちらが、ムラサキケマンの実です。

伸びた枝の先端に、下を向いた面白い格好でついています。

長さは1.5cmくらい。

実が熟すと、二つに裂けて皮がめくれ上がり、黒い種を弾き飛ばすとのことです。

ムラサキケマンの葉

ムラサキケマンの葉
ムラサキケマンの葉

ムラサキケマンの葉の形は2-3回3出複葉で、茎に複数個ついていおり(2番目の写真を参照ください。)、

葉を傷つけると、悪臭がしますが、有毒なので気を付ける必要があります。

小葉には、たくさんの切れ込みが入っているのが特徴的ですね。

近縁種 キケマン

ケマンの花
キケマンの花

ムラサキケマンの近縁種のキケマン(黄華鬘)を見かけました。

キケマンの仲間には、フロウケマン、ミヤマキケマンなど各種あるようですが、ここではキケマンとします。

花の数は、ムラサキケマンにくらべて少ないのですが、いろが黄色く、よく似た花と葉をつけています。

前から見たキケマン
前から見たキケマン

花を前からみると大きな口をあけ、舌を伸ばしたように見えます。

茎が赤みを帯びているのも特徴です。

キケマンは、関東以西に自生するケシ科キケマン属の越年草です。

キケマンの花言葉は、「祈りある生活」。

ムラサキケマンの基本情報・花言葉

ムラサキケマンは、中国、台湾や日本全国に分布し、ケシ科キケマン属の越年草です。

別名は、ヤブケマン(藪華鬘)とのこと。

全草にプロトピンと呼ばれる有毒物質を含んでいて、食べると嘔吐、呼吸麻痺、心臓麻痺などを引き起こすとのことです。

名前の由来は、ムラサキケマンの花が、仏殿の内陣を飾る仏具の華鬘(けまん)にているためとされます。

ムラサキケマンの花言葉は、「喜び」、 「あなたの助けになる」。

おわりに

3月からムラサキケマンの花が咲いていましたが、

早いものは、実をつけ始めています。

畑の近くに生える野草なので、今までは気にとめることもなかったのですが、

他の野草と競うように咲いているのを見ると、健気に思います。 *\(^G^)/*

参照サイト・書籍

Wikipedia ムラサキケマン キケマン

松江の花図鑑 ムラサキケマン(紫華鬘) キケマン(黄華鬘)

花言葉-由来 ムラサキケマン

花散歩道 キケマン

高村忠彦監修 日本文芸社 「季節の野草・山草図鑑」 amazon 楽天ブックス

関連投稿

カキドオシ、トキワハゼ、スミレの花

野菜栽培と猿対策は?

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-野草
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ