検索

ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ユーパトリウム(西洋藤袴)の紫の花

2022年10月26日

ユーパトリウム

ユーパトリウム(西洋藤袴)の花期は7~10月で、茎の先に花序になって、紫の花をたくさん咲かせます。花は雌しべが長く伸びたたくさんの筒状花からなり、藤袴ににているため、西洋藤袴とも呼ばれます。アメリカ南東部、メキシコが原産で、キク科の多年草です。

ユーパトリウム(西洋藤袴)の紫の花

ユーパトリウムの花

ユーパトリウムの花

ユーパトリウムの花

散歩途中で、ユーパトリウム(西洋藤袴)の花が咲いていました。

写真のように、小さなアザミのような花が特徴で、アメリカ南東部やメキシコが原産のキク科コノクリニウム属の多年草です。

最初は、アゲラタム(キク科カッコウアザミ属)と思ったのですが、

葉の形や付き方から、ユーパトリウムと思われます。

名前のユーパトリウムは、紀元前に小アジアにあったポントス王国の王ミトリダテス6世の姓が Eupator であったことに由来します。

また、花が、フジバカマににているとして、セイヨウフジバカマ(西洋藤袴)とも呼ばれます

本ブログではフジバカマによくにた、サワフジバカマについて書いていますので、こちらもご覧ください。

サワフジバカマ
紅紫の花を咲かせ、白い雌しべが特徴のサワフジバカマ(沢藤袴)

サワフジバカマ(沢藤袴)は、花期が8~10月で、紅紫の花のさきから2本の白い雌しべが伸びた花が、花序になって咲きます。フジバカマとサワヒヨドリの交雑種と言われ、フジバカマとよくにています。フジバカマと ...

続きを見る

ユーパトリウムの花は、写真のように茎のさきに、花序になって小さな頭状花をたくさん咲かせます。

花序には咲いた花もありますが、まだツボミもたくさんついています。

花期は7~10月と長く、つぎつぎと花を咲かせているようです。

頭状花には舌状花がなく、筒状花だけの花で、直径は0.7~1cmほどの大きさです。

拡大したユーパトリウムの花

拡大したユーパトリウムの花

こちらは、近づいて見たユーパトリウムの花ですが、

35~70個ほどのの筒状花があつまっていて、花冠から雌しべの花柱が長く突き出しています。

こちたの花は紫ですが、青、白、ピンクなどもあるようです。

たくさん咲くユーパトリウム

たくさん咲くユーパトリウム

こちらでは、たくさんの茎が伸びていて、茎の先に花序をつけています。

長い期間、可愛い花をつけて楽しませてくれているようです。

花言葉は、「思いやり」「ためらい」

由来はよくわからないのですが、この花の優し気な姿や咲き方からつけられたのでしょうか。

ユーパトリウムの葉

ユーパトリウムの葉

ユーパトリウムの葉

ユーパトリウムの葉は、写真のようにみを帯びた三角形状で先端が尖っています

また、縁に荒い鋸歯があり、表面に皺がみられますが、茎に対生してつきます。

よくにたアゲラタムは、葉が丸みを帯び、葉は茎の下部で対生し上部で互生します。

両者は、微妙な違いなので、間違いそうですが、ここではユーパトリウムと判断しました。

秋に小さく、きれいな紫で咲くユーパトリウム、元気に咲いていて、楽しませてくれています。

本日も読んでいただきありがとうございました。(*^m^*) 

ユーパトリウムの基本情報・花言葉

ユーパトリウム(西洋藤袴)は、アメリカ南東部やメキシコが原産のキク科コノクリニウム属の多年草です。

名前は、紀元前に小アジアにあったポントス王国の王ミトリダテス6世の姓が Eupator であったことに由来します。

別名は、セイヨウフジバカマ(西洋藤袴)、ヨウシュフジバカマ(洋種藤袴)、アオバナフジバカマ(青花藤袴)、シュッコンアゲラタム(宿根アゲラタム)などがあります。

学名は、Conoclinium coelestinu

英名は、mist flower、blue mistflower

花期は7~10月で、茎のさきに散房または集散花序になってアザミのような小さな頭状花をたくさん咲かせます。

頭状花は直径0.7~1cmほどの大きさで、舌状花はなく筒状花だけになります。

一つの頭状花は、35~70個の筒状花で構成され、花冠から雌しべの花柱が長く突き出ます。

花のいろは、紫のほかに、青、白、ピンクなどがあります。

葉は対生し、卵形に近い三角形状で、縁に荒い鋸歯があり、表面に皺がみられます。

茎は分岐して伸び、草丈は50~100cmほどになります。

ユーパトリウムは、アゲラタムとよくにおり、混同されがちですが、葉の形の違いや、葉の付き方が違います。

ユーパトリウムは、葉が卵形の三角状で先が尖り、葉が対生でつきますが、

アゲラタムは葉が丸みを帯び、葉は茎の下部で対生しますが、上部で互生します。

ユーパトリウムの花言葉は、「思いやり」「ためらい」

参照サイト

ガーデニングの図鑑 ユーパトリウム(セイヨウフジバカマ)

雅子の庭 西洋藤袴(ユーパトリウム)とアゲラタムの違いは? 

京都園芸倶楽部のブログ ユーパトリウムとフジバカマ

Flower Library  ユーパトリウム

PR



~いま見ごろの花たち~

カテゴリー

PR

-多年草, 草本, 草花
-, , , ,