カナクギノキ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

落葉高木

カナクギノキ(鉄釘の木)の花

2021年4月9日

PR

カナクギノキ(鉄釘の木)は、中国、朝鮮半島や日本の箱根以西の本州、四国、九州に自生するクスノキ科クロモジ属の落葉高木で、雌雄異株です。4~5月に黄色い花を枝先に咲かせ、秋に赤い実をつけます。材は器具材、爪楊枝、薪などに使われます。

カナクギノキ(鉄釘の木)

カナクギノキの花

カナクギノキの花(4月7日)

カナクギノキの花(4月7日)

カナクギノキの花は、枝先に出る葉と同じ時期に、葉の両側に散形花序の花をたくさん咲かせます。

小さな花なので、遠目には目立ちませんが、近くで見るときれいな花です。

遠目には一面が黄色く見えます。o(^∇^)o 

近くで見たカナクギノキの花(4月7日)

近くで見たカナクギノキの花(4月7日)

花をよく見ると、花被片(萼と花弁)が6枚、楕円形で約3mm、雄しべが9個

雄花と雌花で違いがあるようです

カナクギノキの花(4月7日)

カナクギノキの花(4月7日)


樹の枝には、このような形で、たくさんの花の塊(散形花序)でついています。

葉が上向くのに対し、花は垂れ下がっているように見えます。

カナクギノキのたくさんの花々(4月7日)

カナクギノキのたくさんの花々(4月7日)

樹全体の姿は、このような形です。

花と葉が一緒についていて、黄緑に見え、春の息吹を感じます。

冬芽

カナクギノキの冬芽(1月31日)

カナクギノキの冬芽(1月31日)


いまの花や葉も、1月には写真のような冬芽でした。

おもしろい形をしていますが、真ん中の芽は頂芽(チョウガ)で葉になり、

両脇の丸い芽は腋芽(エキガ)で、花になります。

カナクギノキに冬芽(3月24日)

カナクギノキに冬芽(3月24日)


3月になると、頂芽も腋芽も大きく膨らんできて、いまにもはじけそうです。

この中に、4月に飛びだした葉や花を準備していたのですね。

カナクギノキの実(9月19日)

カナクギノキの実(9月19日)


昨年の9月に見たカナクギノキの実です。

直径6~7mmで、丸い形をしています。

カナクギノキの実(9月19日)

カナクギノキの実(9月19日)


花が樹全体にたくさん咲くように、実もたくさんついています。

以前のことですが、サルの集団がカナクギノキに登り、この実を食べているのを見たことがあります。

人が食べる実ではないのですが、サルや鳥にとってはごちそうなのかもしれません。

葉と幹

カナクギノキの葉

カナクギノキの葉


カナクギノキの葉は互生し、長さ6~15㎝ 幅2~4㎝ほどで、倒披針形と呼ばれる細長い形をしています。

何故なのよくわかりませんが、カナクギノキは、鹿の食害にあいません。

何故なのでしょうか?

カナクギノキの幹

カナクギノキの幹


カナクギノキの樹皮は、写真のように淡褐色ではがれています。

また、私が見る樹では、大きくなって枯れてしまったり、若い樹でも枝が折れているのを、しばしば見かけます。

育つ環境にもよるかもしれませんが、あまり強くなく、脆(モロ)い樹のようです。

カナクギノキ(鉄釘の木)の基本情報

カナクギノキ(鉄釘の木)は、中国、朝鮮半島や日本に分布し、日本では箱根以西の本州、四国、九州に自生するクスノキ科クロモジ属の落葉高木で、雌雄異株です。

名前は、赤くて緻密な樹皮を金属性の釘に擬えたという説や、幹の模様を鹿の子供になぞらえた「カノコギ(鹿の子木)」が変化とする説などがあるようです。

学名は、Lindera erythrocarpa Makino.。英名は、Kanakuginoki tree。

花期は4~5月で、若葉が出ると同時期に、枝の先に散形花序で、花被片(萼と花弁)が6枚、楕円形で約3mm、雄しべが9個の、黄色い花を多数咲かせます。

実は、直径6~7mmほどの球形で、9~10月頃に赤く熟します。

葉は互生し、長さ6〜15cm 幅は2〜4cmの倒披針形で、全縁です。

樹高は6~15m、直径は40cmほどになると言われます。樹皮は淡褐色で、太くなると小さな皮目が目立ち、老木では不規則にはがれます。

庭木にされることはあまりなく、材は民芸品や楊枝に使われるとのことです。

花言葉は、不明です。 (>N<)

おわりに

いま、カナクギノキの黄色い花が咲いています。

花の付き方は、クロモジ(黒文字)ダンコウバイ(壇香梅)とにていますが、

カナクギノキは高木であり、樹の形は大きく異なります。

庭木にあまり使われないのは、高木であることと、

樹が脆いことが関係しているのかもしれません。

いまは小さな花をたくさんつけていますが、

秋には赤い小さな実をたくさんつけるのも楽しみです。 (^_^)

参照サイト

庭木図鑑 植木ペディア カナクギノキ

松江の花図鑑 カナクギノキ(鉄釘の木)

鹿児島大学農学部付属演習林 カナクギノキ

関連投稿

クロモジ
クロモジ(黒文字)の黄色い花

クロモジの黄色い花も咲きました。同じクスノキ科のダンコウバイやアブラチャンによくにた、きれいな花です。いい香りがするので、爪楊枝に使われるクロモジは、幹が緑いろなのが特徴ですが、松飾などにも使われてい ...

続きを見る

ダンコウバイ
ダンコウバイ(壇香梅)とアブラチャン(油瀝青)の違い

ダンコウバイ(壇香梅)はクスノキ科の落葉低木で、同じクスノキ科のアブラチャンによく似ています。違いは、ダンコウバイは楕円形の葉が三裂し、花は花柄がなく枝につくのに対し、アブラチャンの葉は楕円形で葉先が ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-落葉高木
-, , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ