シャリンバイの花

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

5月に、シャリンバイ(車輪梅)にたくさんの白い花が咲いています

2021年5月18日

5月になり、冬に黒い実をつけていたシャリンバイ(車輪梅)に、白い花が咲いています。葉や枝のつき方が車輪のスポークのようだとしてシャリンバイと名づけられたとのこと。常緑低木で、いつも葉がきれいで、剪定にも強いので、生垣や庭木に植えられます。

5月に、シャリンバイ(車輪梅)にたくさんの白い花が咲いています

シャリンバイの白い花

シャリンバイの花

シャリンバイの花

枝の先に咲くシャリンバイの花です。

バラ科の花で、きれいな花だと思います。

葉に囲まれて上に伸びた茎から出た 小さな枝に咲き(円錐花序)、たくさんの花がついています。

花の大きさは1cmくらいで、5枚の白い花びら、写真ではわかりませんが、

雄しべは20個ほど、雌しべは3本とのことです。

たくさん咲くシャリンバイ

たくさん咲くシャリンバイ

 

円錐花序があちこちについているので、見ごたえがありますが、

花の数は相当なものでしょうね。

シャリンバイの実

シャリンバイの若葉

シャリンバイの若葉

黄緑色の新しい葉です。

周囲に見られる、濃い緑で、厚く、ごつごつした感じの古い葉と違って、

明るい色で、良く伸びてきれいです。

葉は軸に互生し、茎が伸びた先に、軸を囲むように葉がついていることがわかるかと思います。

シャリンバイの名は、このような葉の付き方が、車輪のようだとしてつけられたとのことです。

シャリンバイの葉

シャリンバイの葉

こちらは、古い葉ですが、濃い緑色をしていて厚みがあります。

こちらの葉の付き方のほうが、茎を中心に、周囲に葉がついている様子がよくわかり、

車輪を連想しやすいかもしれませんね。

また、葉の周囲には、軽く鋸歯がついています。

ただ、前の写真からもわかるように、鋸歯がないものも見られるようです。

シャリンバイの基本情報・花言葉

シャリンバイ(車輪梅)は、韓国、台湾や日本の東北地方南部以南の海岸近くに分布するとされる、バラ科シャリンバイ属の常緑低木です。

名前は、枝や葉が、車輪のように集まってつくことに由来します。

学名は、Rhaphiolepis indica var. umbellata。

花期は4~6月、たくさんの白い5枚の花びらの1cmくらいの花を、円錐花序でつけます。

実は1cmくらいで、10月ころに黒く熟し、表面に白い粉が見られます。

有毒ではありませんが、食べる部分が少なく食用にはならないようです。

葉は長さ4~8cm、幅2~4cmくらい、枝に互生し、長楕円形~倒卵形で、鋸歯はあったりなかったりするようです。

生垣や庭木に植えられるほか、奄美大島では、大島紬を染める染料にされ、木が強いため槌の柄に利用されてきました。

シャリンバイの花言葉は、「そよ風の心地よさ」、「愛の告白」、「純真」で、3月7日の誕生花です。

おわりに

シャリンバイ(車輪梅)の花がたくさん咲いていました。

秋に黒い実をつけていたので、花はどんなのかなと思っていたのですが、梅とつけられているように、バラ科のきれいな花でした。

実の付き方を見ると、花の咲き方もある程度想像できるかと思いますが、実と同様、たくさんの花が集まって咲いています。

生垣に植えて、花や葉を楽しむのもいいかもしれませんね。(^_^)

参照サイト・書籍

Wikipedia シャリンバイ

GreenSnap シャリンバイ

池田書店 「葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑」

関連投稿

国道24号線沿いの常緑広葉樹の並木

続きを見る

PR

カテゴリー

ギャラリー

PR

-常緑低木, 広葉樹, 樹木
-,