PR

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草本 野草

ハルジオン(春紫菀)、ヒメジョオン(姫女菀)との違い

2021年5月5日

判別がむつかしいハルジオンとヒメジョオンの違いについてまとめました。ハルジオンは、茎が中空で、葉が茎を抱いてつき、花期が4~6月になります。一方、ヒメジョオンは、茎の中か詰まっており、葉は茎を抱かず、花期が5~8月、などの点が違います。

ハルジオン(春紫菀)、ヒメジョオン(姫女菀)との違い

ハルジオンについて

ハルジオンの花・ツボミ

ハルジオンの花

道のそばで咲くハルジオン

この花はよく見かけ、きれいな花だと思っていましたが、

ハルジオン(春紫菀)という帰化植物でした。(^_^)

花期は5~6月で、花の径は2~3cmほ、花は頭状花序で、中心の黄色い部分の筒状花と、周囲の花びらのような舌状花で構成されています。

周囲の白い舌状花は、長さ8mm、幅1mmくらいで、200個ほどあるそうです。

ツボミがピンク色なのも目につきますね。そのツボミの付き方には、特徴があります。

ハルジオンのツボミ

ハルジオンのツボミ

上から見た写真ですが、ツボミは、みんな揃って下を向いているようです

ハルジオンの葉

ハルジオンの葉

ハルジオンの葉

ハルジオンは、根の近くに出す根性葉と、茎につく葉の2種類に分けられますが、茎につく葉は、茎を包むような形でつくのが特徴です。

また、ハルジオンは、草丈が30~80cmくらいになり、茎にはまばらに毛が生え、茎の中は空洞になっています。

ハルジオンとヒメジョオンの違い(まとめ)

ハルジオンとヒメジョオンは、よくにているため、よく混同されるようです。ハルジオンとヒメジョオンの詳細を書く前に、両者の違いを一覧表にしました。なお、ヒメジョオンについては、別の記事で書いたものを用いています。

ハルジオン ヒメジョオン
茎の中 空洞 詰まっている
花期 4~6月 5~10月
葉の付き方 茎を抱いてつく 茎を抱かない
ツボミの付き方 下向き 上向き気味
舌状花の幅と数 1mmほどで多い 1.5mmほどで少な目

ハルジオンの基本情報・花言葉

ハルジオン(春紫)は、北アメリカ原産で、日本全土に分布するキク科ムカ,シヨモギ属の多年草です。

日本へは、1920年代に観賞用に移入されたと言われますが、繁殖力がつよく、日本の侵略的外来種ワースト100に入れられています。

名前は、春に咲くシオン(紫)ににた花が咲くため、ハルジオンとつけられたとのことです。

地方によっては、茎を折ると貧乏になるとの言い伝えがあり、貧乏草と呼ばれることもあるようです。

学名は、Erigeron philadelphicus L.。英名は、Philadelphia fleabane。

花期は5~6月で、花の径は2~3cmほど。花の形は頭状花序で中心の黄色い部分の筒状花と、周囲の花びらのような白い舌状花で構成されており、長さ8mm、幅1mmくらいで、200個ほどとたくさんつきます。

ツボミは、揃って下を向いてつくことが多いようです。

また、ハルジオンは、根の近くに出す根性葉と、茎につく葉の2種類に分けられますが、茎につく葉は、茎を包むようにつきます。

草丈は30~80cmくらいになりますが、茎にはまばらに毛が生え、茎の中は空洞になっています。

ハルジオン(春紫)の花言葉は「追想の愛」で、12月12日の誕生花です

「追想の愛」は、ツボミが下向いている様子に由来すると言われているようです。

ヒメジョオンについて

ヒメジョオンは、ハルジオンと同じく北アメリカ原産のキク科ムカシヨモギ属の越年草で、日本全土で見られる帰化植物です。

ハルジオンとよくにた花を咲かせますが、花期やツボミの付き方、葉の付き方、茎の構造などの点で違いがあります。

花期は5~10月で、ハルジオンのような頭状花序がつきますが、舌状花は太く少な目につきます。また、ツボミは下向き気味につくのが特徴です。

葉は根性葉と茎につく葉がありますが、茎につく葉は細長く、茎を抱くことなくつく点で、ハルジオンと違います。

ハルジオンとの違いでもっともはっきりしていることは、ハルジオンの茎が中空なのに対して、ヒメジョオンの茎の中が詰まっていることです。

ヒメジョオンについては、別の記事に詳しく書いていますので、そちらもご覧ください。

ヒメジョオンの花々
ヒメジョオン(姫女菀)の白い花

ヒメジョオン(姫女菀)は、北アメリカ原産で、日本全土に分布するキク科ムカシヨモギ属の越年草です。日本へは、1865年に観賞用に移入されたと言われますが、明治時代には雑草化したようです。よくにたハルジオ ...

続きを見る

ヒメジョオンの基本情報・花言葉

ヒメジョオンは、北アメリカ原産で、日本全土に分布するキク科ムカシヨモギ属の越年草です。

日本へは、1865年に観賞用に移入されたと言われますが、明治時代には雑草化したようです。

繁殖力がつよく、日本の侵略的外来種ワースト100に入れられています。

ヒメジョオンの名前は、「姫」は「小さい」いことから、「女」は「中国産の野草」であることからつけられたとのことです。

学名は、Erigeron annuus。英名は、annual fleabane、eastern daisy fleabane。

花期は5~10月で、花は頭状花序で、中央の黄色い管状花と、周辺の花びらのような舌状花からなります。舌状花は、ハルジオンにくらべて、太めで数が少ないという違いがあります。

ヒメジョオンの花とツボミ

ヒメジョオンの花とツボミ

ツボミは、垂れ下がることなく、上向き気味につきます。

葉は、冬の時期は長い柄のついた丸みのある根出葉をつけますが、茎が伸びると根出葉は消え、茎から出る細長い披針形の葉が残り、鋸歯があります。また、葉は茎を抱かずにつきます。

草丈は50~150cmで、茎にはまばらに毛が生え、茎の中は詰まっています。

花の後にできる種は、1個体あたり47,000以上で、35年の長い寿命を持つと言われます。

葉は、根本近くに、長い柄のついた丸みを帯びた根出葉を付け、茎が高く伸びた後は、根出葉は消滅し、茎についた細長い葉だけになります。茎と葉には、まばらに毛が生えます。

ヒメジョオン(姫女)の花言葉は、「素朴で清楚」で、12月18日の誕生花です

おわりに

空き地などでよく見かける花なので、親しみを持っていたのですが、名前は知りませんでした。

調べて見ると、当初は鑑賞用に持ってこられてようですが、他の花に押されて、商用化にされず、野草化したようす。

野でもたくましく、元気に咲いている花です。 (^_^)


参照サイト

Wikipedia ハルジオン ヒメジョオン

松江の花図鑑 ハルジオン

Life is beautiful  ハルジオンとヒメジョオンの違い

花言葉-由来 ハルジオン ヒメジョオン

PR

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

PR

PR ー断捨離はこちらで!ー

楽天ROOM

私のroom

-草本, 野草
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ