ヒメジョオンの花々

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ヒメジョオン(姫女菀)の白い花

2021年10月15日

ヒメジョオン(姫女菀)は、北アメリカ原産で、日本全土に分布するキク科ムカシヨモギ属の越年草です。日本へは、1865年に観賞用に移入されたと言われますが、明治時代には雑草化したようです。よくにたハルジオン(春紫菀)との相違などについて書きました。

ヒメジョオン(姫女菀)の白い花

ヒメジョオンの花

ヒメジョオンの花

ヒメジョオンの花

5月に、ハルジオン(春紫菀)とヒメジョオン(姫女菀)の違いについて記事にしました。

ハルジオン(春紫菀)、ヒメジョオン(姫女菀)との違い

判別がむつかしいハルジオンとヒメジョオンの違いについてまとめました。ハルジオンは、茎が中空で、葉が茎を抱いてつき、花期が4~6月になります。一方、ヒメジョオンは、茎の中か詰まっており、葉は茎を抱かず、 ...

続きを見る

この花は、普通によく見かける花ですが、そっくりなので、ややこしく、いろんなHPでも取り上げられています。

その時は、ヒメジョオンの実物を確認できないまま書いたのですが、ヒメジョオンが咲いていたので、改めて記事にしました。

この記事の写真が、今回撮ったヒメジョオンの花です。

頭状花序で、中心部の黄色い筒状花と周囲の舌状花からなり、きれいな花です。きれいなのですが、増えすぎたためか、日本の侵略的外来種ワースト100に分類され、悪者扱いになっているのは気の毒な気がします。

この花がヒメジョオンだと気がついたきっかけは、10月に咲いているということでした。ハルジオンは花期が4~6月とされていますが、ヒメジョオンは5~10月とのことなので、ヒメジョオンに違いないと思いました。7~8月ころに見たのだったら、ハルジオンの可能性があるかもしれませんが、10月というのはないだろうということです。

それで、もう少し様子をみてみました。

ヒメジョオンの花とツボミ

ヒメジョオンの花とツボミ

こちらは花とツボミですが、花の舌状花の幅と数が違うとされますが、両者を並べて比較すると違いがわかりますが、単独で見た場合は識別の参考にはなりにくいかもしれません。

ツボミについても、ヒメジョオンは上向きについていると言われます。つぎの写真は横から撮ったものですが、たしかにハルジオンのよう下向きにはついていないようですが、不安は残ります。

ヒメジョオンのツボミ

ヒメジョオンのツボミ

ヒメジョオンの葉・茎

ヒメジョオンの葉と茎

ヒメジョオンの葉と茎

ヒメジョオンの葉は、このように細長い披針形で、鋸歯があります。

また、葉柄がなく茎を包むことなくつきます。ハルジオンは茎を包むようにつくので、この点が違います。

写真のヒメジョオンは草丈が1mくらいですが、茎にはまばらに毛が生えています。

もう一つ、ヒメジョオンは、茎の中が詰まっているはずなので確認しました。

つぎの写真のように、断面の中は白いものが詰まっていて、ハルジオンのような中空ではないことが確認できました。

いろいろ書きましたが、たしかにヒメジョオンのようです。 (^◎^)

ヒメジョオンの茎の断面

ヒメジョオンの茎の断面

ヒメジョオンの基本情報・花言葉

ヒメジョオンは、北アメリカ原産で、日本全土に分布するキク科ムカシヨモギ属の越年草です。

日本へは、1865年に観賞用に移入されたと言われますが、明治時代には雑草化したようです。

繁殖力がつよく、日本の侵略的外来種ワースト100に入れられています。

ヒメジョオンの名前は、「姫」は「小さい」いことに、「女」は「中国産の野草」であることからつけられたとのことです。

学名は、Erigeron annuus。

英名は、annual fleabane、eastern daisy fleabane。

花期は5~10月で、花は頭状花序で、中央の黄色い管状花と、周辺の花びらのような舌状花からなります。舌状花は、ハルジオンにくらべて、太めで数が少ないという違いがあります。

ツボミは、垂れ下がることなく、上向き気味につきます。

葉は、冬の時期は長い柄のついた丸みのある根出葉をつけますが、茎が伸びると根出葉は消え、茎から出る細長い披針形の葉が残り、縁に鋸歯があります。また、葉は茎を抱かずにつきます。

草丈は50~150cmで、茎にはまばらに毛が生え、茎の中は詰まっています。

花の後にできる種は、1個体あたり47,000以上で、35年の長い寿命を持つと言われます。

葉は、根本近くに、長い柄のついた丸みを帯びた根出葉を付け、茎が高く伸びた後は、根出葉は消滅し、茎についた細長い葉だけになります。茎と葉には、まばらに毛が生えます。

ヒメジョオン(姫女)の花言葉は、「素朴で清楚」で、12月18日の誕生花です

おわりに

ヒメジョオンの花を今回、写真にとることができました。

どちらでもいいようなものですが、気になると、確かめたくもなります。

ハルジオンとヒメジョオンは、いろいろ相違点は書かれていますが、葉の付き方と茎の中が中空かどうか、

を確かめるのがたしかのようです。

秋も進んできて、標高の高いところの紅葉が気になるころになってきました。

今年は、台風が来なかったので葉はあまり傷ついていないかと思いますが、どうでしょうか。

参照サイト

Wikipedia ヒメジョオン

Life is beautiful  ハルジオンとヒメジョオンの違い

花言葉-由来 ヒメジョオン

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

-草本, 野草
-, ,