ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草木 蔓性植物

マルバルコウ(丸葉縷紅)のオレンジの花

PR

マルバルコウ(丸葉縷紅)は、北アメリカ原産で、日本では中部地方以南でよく見られるヒルガオ科サツマイモ属の一年草です。江戸時代に、日本に観賞用に渡来し、いまは野生化していると言われます。8~10月の間、オレンジ色でロート状の花を咲かせます。

マルバルコウ(丸葉縷紅)のオレンジの花

マルバルコウの花とツル

マルバルコウの花とツル

マルバルコウの花とツル

近所の畑の近くにマルバルコウの花が咲いていました。

北アメリカ原産で、江戸時代に観賞用として日本に来て野生化が進んでいるようです。

花は、アサガオににていますが、2cmくらいの長さにロート状にのび、直径は1.5cmくらいの小さな花です。

小さい花ですが、ツル性なので長くのびて、あちこちにオレンジの花を咲かせるので、よく目立ちます。

ツルから出た葉の付け根から茎をだし、その先に、数個の花を次々に咲かせるようです。

名前のマルバルコウは、同じヒルガオ科サツマイモ属のルコウソウ(縷紅)に花がにているが、葉が丸いことに由来するようです。

ヒルガオ科はわかる気がしますが、サツマイモ属というのは少し違和感があるように思いますが、ツル性で地面を這うように伸びるのが共通するようです。(^⊆^)

ツルは、少し黒っぽくて毛はなく、蔓が伸びる方向に向かって、右方向に物に巻き付きながらのびています。長くなると3mくらいまで伸びるようです。

近くから見たマルバルコウ

近くから見たマルバルコウ

花びらの中心部はしろっぽくなっていて、長くのびた蕊(シベ)も白になっているのも、この花をきれいに見せているのかもしれません。

この花は、咲いて短時間でしぼんでしまうようで、咲いた花の周りには咲き終わった花がいくつも見られます。

でも、花期は長く、10月ころまでの長い期間咲き続けて、楽しませてくれるようです。

花が終わったあとには、アサガオのような種をつけ、つぎの年にまた発芽します。

マルバルコウの葉

マルバルコウの花と葉

マルバルコウの花と葉

葉は、ツルに間隔を置いて1枚ずつ着きますが、写真のように卵形というか、ハートの形で先が尖っています。

葉の大きさは、長さ3〜7cm 幅1.5〜5cmで、縁に鋸歯は見られません。

緑の中に咲くオレンジの花もいいですね。

マルバルコウ(丸葉縷紅)の基本情報・花言葉

マルバルコウ(丸葉縷紅)は、北アメリカ原産で、日本では中部地方以南でよく見られるヒルガオ科サツマイモ属の一年草です。

ルコウソウの花と葉

ルコウソウの花と葉

江戸時代(1848~1854年頃)に日本に観賞用に渡来し、野生化していると言われます。

マルバルコウ(丸葉縷紅)の名前は、同じヒルガオ科サツマイモ属で、葉が羽状に分かれたルコウソウ(縷紅草)ににた花をしており、葉が丸いことに由来します。

マルバルコウソウ、ルコウアサガオ、ツタノハルコウなどとも呼ばれるようです。

学名は、Ipomoea coccinea。英名は、Red Morning Glory、Redstar。

花期は8~10月、2cmほどの長い筒状(ロート状)で、直径は1.5〜1.8cmで5角形状、オレンジ色をしています。

葉の付け根からでた花柄の先に、3~8個の花を咲かせます。

実は球形の蒴果で、直径5~8mm。

葉には葉柄があり、長さ3〜7cm 幅1.5〜5cmの卵形で先が尖ります。

ツルは、伸びる方向に向かって右巻きに巻き付き、3mほどに伸びます。

マルバルコウの花言葉は「私は忙しい」、「紙一重」で、8月11日、9月13日、10月21日の誕生花です

「私は忙しい」は、新しい花を次々と咲かせながら、種をつけていく様子からつけられたと言われます。

参照サイト

Wikipedia マルバルコウ   ルコウソウ

松江の花図鑑 マルバルコウ

国立環境研究所 侵入生物データベース マルバルコウ

弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑に365日」 マルバルコウ

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-草木, 蔓性植物
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ