ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ドウダンツツジの冬芽と果実

2022年1月8日

ドウダンツツジの冬芽と開裂した果実

      ドウダンツツジの冬芽と果実についてかきました。ドウダンツツジは、春にスズランのような可愛い花を咲かせ、秋に真っ赤に紅葉する日本原産の落葉低木で、庭木などによく植えられます。冬に葉を落した樹には、冬芽や開裂した果実が残り、春の準備をしています。

ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星)の冬芽と果実

ドウダンツツジの冬芽

ドウダンツツジの冬芽

ドウダンツツジの冬芽(2022年1月4日)

ドウダンツツジの冬芽(トウガ)を拡大しました。

大きさは、長さは8mm 太さは4mmくらいで、濃いピンクというんでしょうか、自然の美しさを感じます。

冬芽には、葉が出る葉芽や花芽が含まれますが、樹種によって、葉芽だけや花芽だけのものなど、違いがあるようです。ドウダンツツジは、葉芽と花芽の両方が一緒に入っており、混芽と呼ばれる種類です。ドウダンツツジは葉が先に出て、その後1週間ほどで花が咲き始めますが、中ではどのような準備しているんでしょうね。

なお、外側を覆っている鱗状のものは、芽鱗(ガリン)と呼ばれる葉で、寒さ や乾燥から芽を守る役割をしているとのことです。

以上、冬芽を拡大して見てみましたが、冬芽は葉を落した樹全体にたくさんついています。

冬のドウダンツツジ

冬のドウダンツツジ(2022年1月4日)

こちらが、先日撮った冬のドウダンツツジです。すっかり葉を落とし、たくさんの枝だけが目立ちます。

そして、枝の先には、冬芽(トウガ)がたくさんついています。よく見ると、ところどころに、果実の殻もついています。

ドウダンツツジの開花は4~5月ごろなので、そのころまでは我慢強く、この姿で過ごすようですね。(^_^)

ここで、ドウダンツツジの名前の由来や、花や紅葉などについてふれておきます。

Wikipediaによると、ドウダンツツジは、枝分かれしている様子が、夜間の明かりに用いた灯台(結び灯台)の脚部とにているためトウダイツツジ(灯台躑躅)と呼ばれていたものが、変じてドウダンツツジと呼ばれるようになったとのことです。

また、満天星は中国での表記で、道教に伝説によるといわれ、たくさん咲く花の様子を表しているようです。

ドウダンツツジは、春にスズランのような白く可愛い花を咲かせ、秋には真っ赤な紅葉を見せてくれますが、その様子についてはつぎの記事に書いていますので、ご覧いただければ幸いです。

ドウダンツツジの果実

ドウダンツツジについた果実(2021年11月17日)

ドウダンツツジの果実(2021年11月17日)

気が付かなかったのですが、ドウダンツツジの紅葉を撮った11月の写真に、細長い果実が写っていました。

薄茶色で、細長く、先が尖っていますが、紅葉ばかり見ていたので、果実には気がつきませんでした。でも、花が終わったあとに、しっかりと実らせていたようです。この果実の形から、フデノキと呼ばれることもあるそうです。

ただ、果実は上向きについています。花は垂れ下がって咲いているのですが、どうしてなでしょうか。不思議ですね。調べましたが、よくわかりません。今年は、よく観察してたいと思います。(^ ^;)

ドウダンツツジの開裂した果実

ドウダンツツジの開裂した果実

11月には、きれいな形の果実だったのですが、1月に気がついたときにはこのように先端が割れ、中の種は飛んでしまっているようです。

写真ではよくわかりませんが、5つに割れています。ドウダンツツジが発芽しているのは見たことがなにのですが、果実をつけ種を放出しているようですね。

以上です。本日も読んでいただきありがとうございました。 (^◎^) 

ドウダンツツジの基本情報・花言葉

ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星)は、本州、四国、九州に分布するツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木です。

ただ、自生しているものは少なく栽培されているものがほとんどのようです。

ドウダンツツジの名前は、ツツジ科の植物であり、枝分れしている様子が、昔宮中で使われていた結び灯台ににていることから「トウダイ」の名が使われ、「トウダイツツジ」とされていたものが、訛ったためとされます。

また、「満天星」は中国語名で、たくさんついた花の様子を、中国では「満天の星」と表現したようです。

学名は、Enkianthus perulatus。英名は、apanese enkianthus。

花期は4~5月で、葉が出てから1週間くらい後から咲き始めます。

葉の脇から、散形花序で数個の花柄を出し、5mmほどの壺形~鐘形の白くて可愛い花を咲かせます。

葉は枝の先に輪生状に互生し、菱形もしくは倒卵形で、葉柄が3~12mm、長さは2~4cmで、細かな鋸歯がつきます。

そして、10月中頃から12月中頃にかけて、赤く鮮やかに紅葉します。

樹高は1~3mくらいになりますが、刈込に強く、庭木や生垣などによく植えられます。

ドウダンツツジの花言葉は「上品」、「節制」で、4月14日の誕生花です。

参照サイト

なるぶろ ドウダンツツジ(満天星)とは?

楽餓鬼 ドウダンツツジの冬芽も美しい

日本植物生理学会 みんなのひろば 冬芽の役割

はるなつあきふゆ夕菅の庭 ドウダンツツジの果実



~いま見ごろの花たち~

-広葉樹, 樹木, 落葉低木
-, , ,