イワガラミの花

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

イワガラミ(岩絡み)の白い花、ツルアジサイ(蔓紫陽花)との違い

2021年5月15日

山の大きな岩の上で、イワガラミ(岩絡み)がガクアジサイににた白い花を咲かせ、青々とした葉を茂らせています。名前は、岩に気根を下ろして絡むように育つことに由来します。同じアジサイ科でつる性落葉植物で、よくにたツルアジサイとの違いについても書きました。

イワガラミ(岩絡み)の白い花、ツルアジサイ(蔓紫陽花)との違い

イワガラミの白い花

 

岩の上に生えるイワガラミ

岩の上に生えるイワガラミ

苔やマメズタなどがついた大きな岩に、イワガラミ(岩絡み)が生えています。

毎年、ガクアジサイ(額紫陽花)ににた白い花が咲くのをみていたのですが、

蔓(ツル)にアジサイの花がさいているので、何となく、ツルアジサイ(蔓紫陽花)かと思っていましたが、

微妙に違っていてイワガラミのようです

大きな岩の上は、たくさんの葉で覆われていて、

イワガラミの花と葉

イワガラミの白い花と葉

その中のあちこちに、ガクアジサイの花に似た白い花が咲いています。

ガクアジサイの花を花火にたとえられるのを聞いたことがありますが、言われてみると、あちこちに花火が上がっているのを連想します。

花を横からみると、

イワガラミの花

横から見たイワガラミの花

上向いて伸びた茎の先に、花柄がいくつも出て、10~20cmの大きさの散房花序の形でついています。

個々の花は、1.5mmほどの両性花ですが、おびただしい数をつけており、花序の先には、卵形の、白い1枚の装飾花がついています。

両性花を拡大したのが、つぎの写真です。

イワガラミの両性花

イワガラミの両性花

花には、長く伸びた先端に胞子嚢をつけた10個の雄しべと、中心部には1個の5裂した雌しべが見られます。咲いた花の多くには花びらが残っていませんが、中には雄しべの外側についているものも見られます。また、5枚の花びらに囲まれた小さなツボミもついてるようです。

ちなみに、花が咲く前の両性花のツボミは 、つぎのような姿でした。

イワガラミの緑いろのツボミ

イワガラミの緑いろのツボミ

5本の筋が入った、緑いろの小さなツボミがたくさんついています。このツボミから、長い雄しべが飛び出したように花を咲かせることになります。

イワガラミの葉

イワガラミの葉

イワガラミの葉

岩を覆っているイワガラミの葉は、長さ5~15cm 幅5~10cmの卵形で、先が尖っており、縁には大き目の鋸歯がついています。

蔓が立ち上がっているのを横からみると、

イワガラミの葉

イワガラミの葉

このように、茎が元気に立ち上がり、葉柄をつけた葉が対生しています。

イワガラミの若葉は、昔は救荒用に利用されたとも言われます。

イワガラミの茎・根

岩を這うイワガラミの茎

岩を這うイワガラミの茎

イワガラミが、岩についている様子を見てみました。

写真のように、たくさんのツルがあちこちに這っていますが、しっかりと、岩にくっついているようです。

もう少し近くから見ると、

イワガラミの気根

イワガラミの気根

ツルから根が出ているのがわかります。

地上の茎などから出た根は気根と呼ばれますが、イワガラミも気根が出て岩に根を下ろしていることがわかります。

イワガラミとツルアジサイの違い

ツルアジサイの花と葉

ツルアジサイの花と葉

こちらが、ツルアジサイの花と葉です。

写真のように、ツルアジサイは、イワガラミにそっくりですが、

  • 装飾花が3~4枚
  • 葉の鋸歯が、細かい

という特徴があります。

まとめると、つぎの表のようになります。なお、装飾花数とは、一か所につく装飾花の数を意味します。

イワガラミとツルアジサイの違い
イワガラミ ツルアジサイ
装飾花数 1枚 3~4枚
葉の鋸歯 荒い 細かい

イワガラミの基本情報・花言葉

イワガラミ(岩絡み)は、北海道から九州に分布する、アジサイ科イワガラミ属のツル性落葉植物です。

名前は、幹や枝から出た気根が、樹や岩に根をおろして絡むように育つことに由来するそうです。

学名は、Schizophragma hydrangeoides

英名は、 Japanese hydrangea vine

樹高は10~15m、花期は5~7月で、中央部にクリーム色の両性花の花序をつけ、その周囲に花びらのように見える一枚の萼片からなる装飾花をつけます。

、先が尖っており、縁には大き目の鋸歯がついています。

葉には長い葉柄があって枝に対生し、長さ5~15cm 幅5~10cmの卵形で、葉の先端は尖り、鋸歯があります。

若い葉は、昔は救荒用に利用されたと言われます。

イワガラミの花言葉は、「忠実」「平凡」

おわりに

以前から、この花が、ガクアジサイににていると思って見ていたのですが、イワガラミであることがわかりました。

最初は、名前を聞いたことがあったツルアジサイかと思ったのですが、よく調べてみると、イワガラミのようです。

岩の上や朽ちた木などに根を張ってたくましく育っているのを見かけますが、

ツルが伸びた先に、ガクアジサイのような花を咲かせるは意外性があり、おもしろいと思います。

緑のカーテン用などとして、販売もされているようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イワガラミ スノーセンセーション 4.5号苗(i07)
価格:4730円(税込、送料別) (2021/5/15時点)

楽天で購入

 

参照サイト

Wikipedia イワガラミ  ツルアジサイ

水と森の郷あきた ツルアジサイ、イワガラミ

GKZ植物図鑑 イワガラミ

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

-樹木, 落葉つる性植物
-,