PR

トチノキ

落葉高木

トチノキ(栃の木)の幼木の冬芽

PR

トチノキの茶色い冬芽は、表面がネバついていて、虫の侵入防止や防寒をしていると言われます。他の樹には見られないことのようですが、幼木の、冬芽と芽生えの様子を見てみました。

トチノキの冬芽

トチノキの冬芽たち
トチノキの冬芽たち

若いトチノキは、まだ枝がなく、

冬には葉を落とて、まっすぐ伸びた1本の樹になっています。

そして、4月ころに芽生える(萌芽)するため、

冬芽(トウガ)を準備しています。

トチノキの冬芽は、触るとねばねばとしていて、

虫の侵入を防ぎ、防寒対策をしていると言われ、

ほかの植物では見られないようです。

冬芽は、樹の先端のもの(頂芽:チョウガ)が大きく、

その下に間隔をおいて、

横方向に葉を出すため芽(側芽:ソクガ)が、

対生(タイセイ)で付いていることが、

わかります。

頂芽が、まっすぐ上に伸び、

側芽は、横に枝のよう広がります。

また、上下に隣り合った側芽は、90℃の角度でついています。

この角度が、葉の付き方に現れることになります。

トチノキの葉痕と冬芽
トチノキの葉痕と冬芽

もう一点、

冬芽の下に、三角形の茶色い部分がありますが、

これは、前年の葉が落ちたあとの葉痕(ヨウコン)

です。

葉痕の中には、維管束の痕が見えており、人や動物の顔ににていると言われたりします。  (^_^)

幹についているブツブツは、

皮目(ヒモク)と呼ばれる空気を流通させる穴のようです。

トチノキの芽吹き

トチノキの芽吹き
トチノキの芽吹き(4月)

こちらは、昨年の4月に撮った写真で、萌芽しだしたところです。

いきいきと、力強く芽が伸びています。

待ちかねて爆発したような感じ受けます。

大きく伸びた頂芽
大きく伸びた頂芽

その後、すぐに葉を広げ出しました。

鳥が羽を広げたようで、面白い形だと思います。

この写真では、葉は萎んだままですが、すぐに広がります。

トチノキの葉

葉を広げたトチノキ
葉を広げたトチノキ

こちらは、以前に撮った別の樹ですが、

葉を広げて、色も緑に変わったところです。

上下の葉が重ならないように、規則的に葉を広げています。

トチノキは、長い葉柄の先に3~7枚の葉が付く、掌状複葉ですが、葉脈も見えて、きれいですね。

近づいて葉の出方をみると、

トチノキの葉の付き方
トチノキの葉の付き方

側芽から出た葉が、90℃ずつの角度で

ついていることが確認できます。

真上から見たのが、下の写真です。

真上から見た葉柄
真上から見た葉柄

ほとんどずれることなく、

葉が出ていることがわかります。

測ったわけでもないはずですが、正確ですね。

この形は、側芽が、90℃の角度でついていたのは、このために準備されていたということになりますね。

横から見たトチノキ
横から見たトチノキ(5月)

こちらは、横から撮ったものですが、

葉は、上下の間隔を保って、少し上向いてついています。

樹が若い間はこのように枝がなく、幹から直接葉を出し、

ついた葉をすべて落としますが、

樹が育ってくると枝がつき、

大きく育つんですね。

トチノキについて

トチノキは、北海道の札幌市以南に自生する、ムクロジ科トチノキ属の落葉広葉樹で、樹高25m、直径1mほどに成長する高木です。

沢沿いの、肥沃で水分の多い土地によく自生しますが、公園樹や街路樹としても、よく植えられています、

材は、家具、建築、玩具などに使われますが、実は渋抜きをして栃餅などにして食用されます。

おわりに

トチノキの幼木の冬芽と芽生えの様子を撮りました。

冬の間は、萌芽の準備をしながら身を守り、春になると待ち構えたように、力強く芽生える様子が見られました。

このような正確な営みを記憶し、毎年繰り返して成長する姿は、不思議で、驚かされます。

                  (*´ー`) 

参照サイト

 Wikipedia トチノキ

 あいかわ公園自然ガイド

関連投稿

 おもしろい!トチノキの芽吹き

 あちこちのトチノキに花が咲いています

      

ランキングの応援をお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-落葉高木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ