木の実

マテバシイのドングリ

常緑高木 樹木

大きくなってきたマテバシイ(馬刀葉椎、全手葉椎)のドングリ

2021/7/21    ,

マテバシイ(馬刀葉椎、全手葉椎)は、本州から沖縄に分布する常緑高木ですが、本来の自生地は九州から南西諸島と言われます。5月ころに花が咲き、いまは、小さなドングリがついています。このドングリは去年の花か ...

トチノキ

落葉高木

トチノキ(栃、橡)の幼木、冬芽と葉の付き方

2021/7/16    , ,

トチノキの茶色い冬芽は、表面がネバついていて、虫の侵入防止や防寒をしていると言われます。他の樹には見られないことのようですが、幼木の、冬芽と芽生えの様子を見てみました。 トチノキ(栃、橡)の幼木、冬芽 ...

ブナの実(10月2日)

落葉高木

山の動物の貴重な食料、ブナ(山毛欅、橅)の実が落ち始めました

2021/6/6    

10月になり、山のブナ(山毛欅、橅)の実が落ち始めました。材が人の役に立たないと、「木」で「無い」と書いてブナと呼んだそうですが、森の動物にとっては貴重な食料です。秋に実ったブナの変化の様子と、春の新 ...

クリ

落葉高木

毎年猿のエサになっていた栗の実を、今年は拾うことができました!

2021/6/5    ,

親が植えた栗の木に、実がなり拾うことができました。例年猿に食べられるのが通例ですが、今年は捕獲されたので、食べられずに済みました。栗は痛いトゲがついていますが、猿は苦も無く食べるようです。田舎で、猿に ...

トチノ実

落葉高木

9月になって落ち始めたトチ(橡、栃)の実について

トチ(橡、栃)の実が落ち始めました。トチの実は、3枚の厚い皮で覆われていていますが、簡単に割って実を取り出せます。この実は栗のような色で、丸みを帯びた硬い皮で覆われています。トチを利用するには、中の実 ...

ミズナラ

落葉高木

ミズナラ(水楢)、コナラ(小楢)との違い

ミズナラ(水楢)は水分を多く含むと言われ、標高の高い所で育ちます。コナラ(小楢)と比較して、葉の葉柄が短い、ドングリが大きい、ドングリの帽子を深くかぶっている、などの違いがあります。そして、高級家具や ...

ナンキンハゼの実

落葉高木

ナンキンハゼの実が綺麗!

ナンキンハゼの白い実が目につく大木を見かけました。 ナンキンハゼの樹 ナンキンハゼの樹 時々通る公園のナンキンハゼの樹。中国原産の雌雄同株に落葉高木。春に出てくる葉は綺麗で目をひき、秋には次の写真のよ ...

© 2021 山に出かけてecoライフ