マテバシイのドングリ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

常緑高木 樹木

大きくなってきたマテバシイ(馬刀葉椎、全手葉椎)のドングリ

PR

マテバシイ(馬刀葉椎、全手葉椎)は、本州から沖縄に分布する常緑高木ですが、本来の自生地は九州から南西諸島と言われます。5月ころに花が咲き、いまは、小さなドングリがついています。このドングリは去年の花からできたもので、10月頃に熟します。

大きくなってきたマテバシイ(馬刀葉椎、全手葉椎)のドングリ

マテバシイのドングリ

マテバシイのドングリ

マテバシイのドングリ(6月30日)

奈良市内の公園のマテバシイのドングリが大きくなってきました。

薪や炭にするために山に植えられてきたようですが、街路樹や公園などでもよく見かけます。

今年咲いた花序が茶色くなって残っていますが、昨年咲いた雌花序に、ドングリがついています。

マテバシイは、花が咲いた翌年にドングリがつくそうなのです。

アラガシなどのカシの仲間は、あく抜きをしないと食べられませんが、

マテバシイは、タンニンを含まないので、スダジイなどと同じく、あく抜きをしなくても食べられます

まだ、小さなドングリですが、10月ころには熟して茶色くなります。

長さが2~3cmと大きいので、こどものころに、ヤジロベイやコマにして遊んだ人も多いかもしれません。

マテバシイの花

マテバシイの花

マテバシイの花(5月25日)

5月に咲いていた、マテバシイの花です。

新しく出た枝の葉腋に、10cmほどの雄花序と雌花序を、穂状花序(スイジョウカジョ)でたくさんつけています。

マテバシイの花

近づいて見たマテバシイの花(5月25日)

たくさんの穂状花序は、以前記事にしたクリの花によくにています。

5月中旬にはまだツボミだったのですが、1週間ほどで一気に開花したようです。

マテバシイのツボミ

マテバシイのツボミ(5月17日)

地味な花で、目立ちませんが、ドングリを作るための営みをずっと続けているようです。

マテバシイの樹

マテバシイの樹

マテバシイの樹

写真の樹の高さは、5mくらいでしょうか。たくさんの葉をしげらせて元気に育っているようです。

幹の太さは、25cmくらいで、灰黒色をしています。

古い樹になると、縦方向に筋が入るといわれますが、この樹では、はっきりとしたものは見られないようです。

マテバシイの幹

マテバシイの幹

マテバシイの基本情報・花言葉

マテバシイ(馬刀葉椎、全手葉椎)は、本州から沖縄に分布する雌雄同株の常緑高木ですが、本来の自生地は九州から南西諸島と言われます。(薪や炭に使用するために、広く植えられたと考えられているようです。)

名前は、葉がマテガイににたシイノキであるとする説や、しばらく待つ(マツ)とシイの実のように美味しくなるとする説があるようです。

別名としては、マテバガシ、マテガシ、マタジイ、サツマジイなど、地方によっていろんな呼び方がされているようです。

花期は6月ころで、新しく出た枝の葉腋に10cmほどの長さの雄花序と雌花序を穂状につけます。

実は、長さ2~3cmの堅果(ドングリ)で、鱗模様のパンツ、キャップ、帽子などと呼ばれる殻斗(カクト)をつけますが、花が咲いた翌年の秋10月頃に熟します。

実にはタンニンが含まれないため渋みがなく、そのままでも食べることができます

葉は互生し、長さ9~26cmくらいの倒卵披針形状で、全縁で光沢がありますが、枝先に集まってつくことが多いようです。

樹高は15mくらい、樹皮は灰黒色で、縦方向の筋が入るようになります。

マテバシイの花言葉は、「長寿」。

おわりに

街路樹などでもよく見かけるマテバシイにドングリがついています。

興味はドングリになりますが、ツボミがつき花が咲く様子を見るのも、

楽しいものだと思います。

10月ころに、茶色く熟し落ちるドングリも、もちろんいいですね。(#^.^#)

参照サイト

Wikipedia マテバシイ

庭木図鑑 樹木ペディア

暮らしーの マテバシイ

関連投稿

ドングリのなる木
育ってきたドングリがなる樹々

5年前に、山に植えた、ドングリがなる樹々が成長中です。少しばかりある山林を人工林ではない、いろんな種類の樹を植えています。その一角に、ドングリのなる樹を植えたのですが、何とか育ってきました。鹿対策が必 ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-常緑高木, 樹木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ