PR

ドングリのなる木

樹木

育ってきたドングリがなる樹々

2020年2月25日

PR

5年前に、山に植えた、ドングリがなる樹々が成長中です。少しばかりある山林を人工林ではない、いろんな種類の樹を植えています。その一角に、ドングリのなる樹を植えたのですが、何とか育ってきました。鹿対策が必要なので何かと大変な育林です。

        <目次>

ドングリがなる樹々

ドングリがなる樹々
ドングリがなる樹々

5年前にクヌギコナラ白樫などのドングリが実る木を各20本、山に植えました。

写真の手前の枯れ葉がついている樹は、クヌギです。

よく成長したものは、高さ7m、太さ5cm程度になっています。

3種類のうち、クヌギの成長が一番早く、コナラと白樫は同じくらいで、早いもので2m程度です。成長速度は環境条件にも依存するのかと思いますが、差がでました。

写真の中に白いものが見えますが、これは樹木を一本毎に保護する筒状のネット(商品名「幼齢木ネット」)で、鹿から樹を守るためのものです。

この土地の周囲は、鉄柵を設置されていますが、30年以上前に作られたもので、部分的に破損したところを修理していることもあり、たまに鹿の侵入がありるため、ネットも使っています。

冬に鹿が侵入すると、常緑樹を中心に被害が多くなる傾向にあるようなので、樫類を中心に被せています。樹種によって、また樹高が2m程度になると必要なくなってきますが、そうでない場合は、欠かせないものになっています。

このネットは、平成26年から28年まで、「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」を受けた時に購入したものです。

この交付金によって、人工林の間伐を行うとともに、この土地に林産物、果樹や多種類の雑木を植樹しました。

ここには、上の3種類以外に、

  • 落葉樹:栗、カシワ、アベマキ、ミズナラ、ブナ、イヌブナ、ナラガシワ、
  • 常緑樹:マテバシイ、ツブラジイ、スダジイ、ウバメガシ、ウラジロガシ、アカガシ、イチイガシ、ツクバネガシ

などを、2~3本づつ植えています。

このように変わったことを初めたのですが、話にきいたり、面白そうなで親しみがある樹種を育ててみたい、

そんな気持ちからのことです。うまく育てられればいいのですが、また場所が狭いのでどうなることか・・・

以下は、その頃読んだ本です。昔からドングリと人との関わりは大きかったんだと思います。

 

次の写真は、遠くから撮ったものです。小さな白い細長い点を見ることができるかと思います。植えているうちにこんなに多くなってしまいました。

かなり密に植えていますが、一本でも多く、大きく成長してほしいと思っています。

 

植林地の遠景
植林地の遠景

 

関連投稿

ウバメガシの花
ウバメガシに花が咲きました!

我が家のウバメガシに、2cmくらいに連なったたくさんの小さな花が咲きました。高さは5m近く、幹の太さは20cmくらいで、全体を丸く剪定しています。備長炭の材料にされるウバメガシですが、毎年花を咲かせ、 ...

続きを見る

ミズナラ
ミズナラ(水楢)、コナラ(小楢)との違い

ミズナラ(水楢)は標高の高い所で育ち、大きなドングリをつけます。原木シイタケ栽培用の榾木や木炭に使われ、木材は特有の木目があり強いため、高級家具や建築用材に利用されてきました。近縁種のコナラ(小楢)と ...

続きを見る

ナメコ
ナメコが生えていました

菌を植えていた栗の木にナメコ(滑子)が生えていたので、採ってきました。今日は、ナメコ汁です。         <目次> ナメコの収獲なぜナメコ?私のナメコ育ておわりに参照サイト関連サイト ナメコの収獲 ...

続きを見る

 

<私が使っている、名前を知らない樹木を調べるための本のご紹介>

・手軽に携行でき、400種を掲載しています。身の回りの見かける樹を調べるのに最適です。

菱山忠三郎著 「身近な樹木」

・豊富な写真を使って樹の特徴が詳しく書かれており、じっ くり調べるのに有効です。

 高橋秀男校閲「葉っぱ・花・樹皮でわかる 樹木図鑑」

 

 

・携行に適した小型で、1100種類の樹木を掲載しており、頼りになる一冊です。

 林将之著「樹木の葉」

 

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-樹木
-, , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ