ウチワサボテン

PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ウチワサボテン(団扇仙人掌)に咲く黄色い花

ウチワサボテン(団扇仙人掌)に、きれいな黄色い花が咲いています。花の直径5cmほどで、先端が尖った花びらをたくさんつけ、中心部に1個の雌しべとたくさんの雄しべをつけています。名前のように、茎は扁平なウチワ状で、表面にトゲがついています。

ウチワサボテン(団扇仙人掌)に咲く黄色い花

ウチワサボテンの花

ウチワサボテンの花

ウチワサボテンの花

近くの空き地で、ウチワサボテン(団扇仙人掌)の花が咲いていました。

以前から、サボテンがあることは知っていたのですが、花は見たことがないように思います。

どなたかが育てていたものが、ここに植えられてそのまま育っているようですが、全体がきれいな黄色で、見栄えのする花だと思います。

花の直径は5cmぐらいでしょうか、先端が尖ったたくさんの花びらをつけ、中心に1個の雌しべとたくさんの雄しべが付いています。

ウチワサボテンは、茎の形がウチワ(団扇)のような形をしたサボテンなので、そのままこの名前がつけられたようです。また、サボテンの名前は、ポルトガル語の石鹸を意味するsabaoに由来するとのことです。(語源由来辞典 サボテンより)

アメリカ、メキシコ、中米などが原産のサボテンの一種で、16世紀ごろに日本に入ってきたと言われます

別名は、バニーカクタス。大きな茎に小さな茎が2個つくと、兎の顔のような形に見えることに由来します。(葉のように見えるのは茎なのだそうです。) 蛇足ですが、バニーはウサギ、カクタスはサボテンですね。

ここのサボテンは、後で述べるように、冬は萎れて横たわっていたのですが、暖かくなるにつれて、緑を回復し上向いて立ちあがってきて、いまは元気に花を咲かせています。

ウチワサボテンの葉

ウチワサボテンの茎

茎の上に茎がついているのが見られますが、表面にぽつぽつとつているのがトゲです。小さなトゲですが、刺さるとちくちくとします。

花の周囲には、たくさんのツボミがついていて、これからも、まだまだ咲きそうです。

ウチワサボテンの花言葉は、「熱情」「熱愛」「燃える心」「偉大」「暖かい心」で、7月2日、7月29日の誕生花です。

きれいな花や、生命力がつよいのでつけられたもののようですが、いい花言葉だと思います。

以前紹介した、クジャクサボテンは、花の数は1個、咲く期間は2~3個なので、かなり様子が違います。クジャクサボテンについてはこちらをご覧ください。

クジャクサボテン
クジャクサボテン(孔雀サボテン)の白い花が咲きました

クジャクサボテン(孔雀サボテン)に、大きく白い花が咲きました。たくさんの細長い花びらをつける直径が15cmほどの華やかな花で、夕方に咲き始め、2~3日咲き続けます。草丈が1mほどになり、葉にトゲがつか ...

続きを見る

花が終わった後には実をつけ、食べることもできるようです。実だけでなく、茎も古くから食べられてきたようです。(Green Snap より)

ウチワサボテンの花や葉

大きく育つウチワサボテン

茎の先には、花がしおれたものや、白いものが見られますが、こちらは前年の実が落ちた後でしょうか。今年は、よく見てみたいと思います。

このように、いまは元気に花を咲かせているウチワサボテンですが、冬はまったく違った姿でした。

冬のウチワサボテン

冬のウチワサボテン(2月8日)

茎全体が横に倒れて、ぐったりしているように見えます。

このまま枯れてしまうかと思うような姿ですが、暖かくなるにしたがって緑を回復し、立ち上がってきて、いまは花をたくさん咲かせています。

寒い冬もなんとか乗り越えているようですが、もう少し暖かいところの方が良さそうですね。

今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。(^_^)

ウチワサボテンの基本情報・花言葉

ウチワサボテン(団扇仙人掌)は、アメリカ、メキシコ、中米などが原産のサボテン科のオプティアン属の多肉植物で、16世紀後半にポルトガルから伝来した言われます。

名前は、ウチワ(団扇)のような形をしたサボテンであるとして名づけられました。サボテンについては、「語源由来辞典 サボテン」を参照ください。

別名は、バニーカクタス。大きな茎に小さな茎が2つつくと、兎の顔のような形になることに由来します。

学名は、Opuntia

花期は品種によって違いますが、5~9月が多いようです。花びらは光沢があり、きれいですが、黄色、赤、ピンク、白など、各種の色があります。

茎は扁平なウチワ状で、表面にトゲがつきます。

厚い茎に水と養分をためており、乾燥した砂漠や雨が少ない土地などにも耐える植物と言われます。

ウチワサボテンの花言葉は、「熱情」「熱愛」「燃える心」「偉大」「暖かい心」で、7月2日、7月29日の誕生花です。

参照サイト

Wikipedia ウチワサボテン亜科

Green Snap ウチワサボテンの花言葉

LOVEGREEN  ウチワサボテンの育て方

弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑に365日」 ウチワサボテン

PR



カテゴリー

~いま見ごろの花たち~

PR

-多肉植物, 草本
-, ,