PR     

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ナツグミは4月ごろに白い花が咲き、秋に実が赤く熟します

2021年5月29日

近所のグミの実が、赤くなってきました。ナツグミは、実が枝から垂れ下がり、5~6月に熟します。近縁種のアキグミは、花柄が短いので実が垂れ下がらず、9~11月に熟します。同じグミ仲間の違い、興味いですね。真赤な実ですが、すこし酸っぱい味がします。

ナツグミは4月ごろに白い花が咲き、秋に実が赤く熟します

ナツグミの赤い実

たくさん生ったグミの実

たくさんのグミの実(5月28日)

子供のころよく樹に登って食べたグミの実が、すこしづつ実が赤くなってきました。

長さは1.5cmくらい太さ1cmくらいでしょうか、中に1cmほどの細長い種が入っています。

まだ、青いのが多いのですが、夏が近いことを実感します。

グミの実は、枝から垂れ下がってついています。

近くで見たグミの実(5月28日)

近くで見たグミの実(5月28日)

久しぶりに1個いただきました。懐かしいすっぱさでした。

皮も柔らかく、そのまま食べることができます

 

ナツグミの白い花

グミの花

グミの花(4月6日)

4月初めに咲いていました。

淡い黄色で、1cmくらいの小さな花が、樹全体にみごとなほどたくさん咲いていました。

 

きれいと言うほどではないかもしれませんが、花びらが4枚の可愛い花です。

たくさんの花々

たくさん咲いた花(4月6日)

花びらに見えるのは、実はとのことです。

萼といっても、きれいですね。

この花には、1.5cmくらいの長い花柄がついていて、垂れ下がっているのが特徴です。

ナツグミの葉

ナツグミの葉

ナツグミの葉

ボケてしまいましたが、ナツグミの葉です。

葉の長さは3~9cmで広卵形、葉柄は5~10mmで、枝に互生しています。

ナツグミの基本情報・花言葉

ナツグミは、北海道南部から関東南部~中部、四国の山地に分布するとされる、グミ科グミ属の落葉低木です。

庭木などとして家の近くに植えられていることが多いようです。

学名は、Elaeagnus multiflora。

英名は、cherry silverberry

花は淡黄色で、花期は4~5月、5~6月に赤い実をつけます。

花は8mmほどの萼筒の先に4枚の萼片がついたもので、

10mmほどの花柄がついていて、枝から垂れ下がって咲きます。

近縁種のアキグミは

  • 花柄が短いので垂れ下がることがない
  • 実が9~11月ころに熟す

点が違います。

葉の長さは3~9cmで広卵形、葉柄は5~10mmで、枝に互生しています。

実は、真っ赤に熟しますが、酸っぱい味がし、食べることができます。

グミの花言葉は、「用心深い」、「野性美」、「心の純潔」で、6月1日の誕生花です

おわりに

近所のお宅のグミの実をとらせていただきました。

真赤になった実は、夏が近いづいていることを思わせてくれます。

流通していないので、一般的ではないと思いますが、

きれいなので、鑑賞用としても、価値があると思います。

参照サイト

Wikipedia ナツグミ

松江の花図鑑 ナツグミ

greensnap グミ

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

-広葉樹, 樹木, 落葉低木
-, ,