ヤナギハナガサの花

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草木 野草

ヤナギハナガサ(柳花笠、別名:三尺バーベナ)の紫の花

2021年5月27日

PR

ヤナギハナガサ(柳花笠)は、人の背丈ほどに高くなり、枝先に花笠のような形の紫いろの花序をつけます。茎は角ばって毛があり、3方向に枝分かれした先に花が咲きます。葉は細長くて鋸歯があり、茎に対性でつきます。花言葉は、「幸運に」、「生命力の強い」。

ヤナギハナガサ(柳花笠)、別名三尺バーベナの紫の花

ヤナギハナガサ(柳花笠)の花

ヤナギハナガサの花

ヤナギハナガサの花

車道そいの空き地に、ヤナギハナガサがたくさん生えていました。

この花も、このブログで取り上げたマツヨイグサユウゲショウと同じ南アメリカ原産のようです。

花は、5cmくらいの紫いろの花序で、きれいにさいていました。

個々の花は、長さ1cmほどの筒状の先が5つに分かれて花びらになっていて、

直径は5mmぐらいです。

第一印象は、販売されているようなきれいな花だと思いました。

コロナで出かける機会が少なくなっている今、

近くで咲きている草花を観察してみるのもいいかもしれません。

ヤナギハナガサの花々

ヤナギハナガサの花々

葉がヤナギのように細長く、踊りに使われる花笠ににているとして、ヤナギハナガサと名づけられたとのことです。

別名の三尺バーベナは、同じクマツヅラ科クマツヅラ属のバーベナの中で、3尺つまり90cmほどの草丈があることが由来とのことです。一般には、この名前のほうが知られているようです。

 

ただ、私が見たヤナギハナガサは、草丈が160cm以上もあり、

その先にいくつもの花笠が咲いています。なかなかきれいですね。

ヤナギハナガサの茎と葉

たくさんのヤナギハナガサ

たくさん生えたヤナギハナガサ

ヤナギハナガサの茎は、それほど太くないのですが、高く伸びて途中で3つに枝分かれし、その先に花がついています。

茎は、角ばっていて中空になっており、表面に毛が生えています。

背が高いので、風が吹くと大きく左右に揺れます。

茎についた葉をみてみると、

ヤナギハナガサの茎と葉

ヤナギハナガサの茎と葉

たしかに、ヤナギのように細長いことがわかります。

そして、葉柄はなく、縁に鋸歯が見られ、茎に対生(タイセイ)でついていることがわかります。

切り花にすると見栄えがしていいかもしてませんね。

ヤナギハナガサ(柳花笠)の基本情報・花言葉

ヤナギハナガサ(柳花笠)は、南アメリカ原産で、日本全土に生えているといわれる、クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草です。

当初は、園芸品種として伝来しましたが、野生化し、空き地などで見られるとのことです。

葉がヤナギのように細長く、花が花笠を連想させるとしてヤナギハナガサ(柳花笠)と名づけられた言われます。

別名の三尺バーベナは、同じクマツヅラ科クマツヅラ属のバーベナの中で背が高く90cmくらいあることから名づけられたとのことです。

花の名前としては、三尺バーベナのほうが一般的のようです。

学名は、Verbena bonariens。英名は、purpletop vervain、tall vervain。

花は、茎の上に5cmほどの集散花序となって、6mmほどの紫いろの花をたくさんつけます。

草丈は150cm以上に高くなり、茎は角ばっていて中空で、毛が生えています。

茎は途中で3つに枝分かれし、その先に花が咲きます。

葉は、葉柄がなく、細長く広線形で、葉縁に鋸歯がついています。

ヤナギハナガサの花言葉は「幸運に」、「生命力の強い」、5月25日の誕生花です

参照サイト

Wikipedia ヤナギハナガサ

暮らしーの ヤナギハナガサ

関連投稿

<南アメリカ原産の植物>

マツヨイグサ
マツヨイグサ(待宵草)の黄色い花

マツヨイグサ(待宵草)の黄色い花が咲いています。南アメリカ原産で、江戸時代末に渡来したアカバナ科の多年草で、花期は5~8月。宵を待つように咲くので、マツヨイグサ。花は、4cm前後の大きさで、朝にはしぼ ...

続きを見る

ユウゲショウの花
ユウゲショウ(夕化粧)のピンクの花がきれいです

夕方、開花してピンクのきれいな花を咲かせる様子を、化粧ととらえて、夕化粧と名づけられたと言われますが、ピンクできれいな花だと思います。南米から帰化して雑草化したとのことで、ときどき見かけます。花言葉は ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-草木, 野草
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ