PR

クサノオウの実

野草

クサノオウ( 瘡王 )の黄色い花が咲いています

2021年4月13日

PR

クサノオウ(瘡王)は、春に黄色くきれいな花を咲かせる多年生植物です。北海道から九州の日当たりのいい場所で、普通に見られる花ですが、有毒植物なので注意が必要です。有毒なのですが、昔は皮膚病などに効くとされ、生薬として使われてきたようです。

クサノオウ

クサノオウの花

クサノオウの花
クサノオウの花

先日、近くの野で、黄色できれいな、この花を見つけました。

花弁が4枚の黄色い花で、特徴のある葉の様子から、クサノオウであることがわかりました。

花はの径は2cmくらいで、たくさんの雄しべがついていて、その中心に本体が緑で先がしろい雌しべがついています。

クサノオウの花期は、4~7月と言われます。

花のそばには、いくつもツボミがついていているので、まだ咲き続けるようです。

 

横から見たクサノオウの花
横から見たクサノオウの花

 

クサノオウの実

クサノオウの実
クサノオウの実

クサノオウの花の周りに、先が曲がったものが、いくつも上を向いています。

これが実のようです。実は細長い鞘状で、2~3cmほどになります。

鞘は熟すと、中の種をはじき飛ばし、散布します。

つぎの写真でも、正面の花の上に実がついています。

上向いてつくクサノオウの実
上向いてつくクサノオウの実

 

クサノオウの葉

クサノオウの茎と葉
クサノオウの茎と葉

クサノオウの全体の姿はこのようになりますが、

背丈は、50~80cmになると言われ、茎や葉を切ると、黄色い乳液が出ます

また、クサノオウには、アルカロイド系の有毒物質を含んでいるので注意が必要です。(>_<)

 

クサノオウの葉
クサノオウの葉

葉は、深い切れ込みがあり、一~2回羽状複葉で茎についています。

この葉の形も特徴がありますね。

 

クサノオウの基本情報・花言葉

クサノオウは、ユーラシア大陸と周辺に分布し、日本では全土で見られるケシ科クサノオウ属の越年草です。

全身にアルカロイド系の有毒物を含んでいるので、注意が必要です。

名前の由来は諸説あり、はっきりしていませんが、下のような説があるそうです。(Wikipedia クサノオウ

  • 植物体を傷つけると黄色の乳液を流すので草の黄
  • 皮膚疾患に有効な薬草という意味で瘡(くさ)の王
  • 皮膚疾患以外にも鎮痛剤として内臓病に用いられたことから、薬草の王様という意味で草の王

また、クサノオウは皮膚病などに効くとされ、白屈菜(ハックツサイ)と呼ばれる漢方薬として利用されてきたようです。

 

クサノオウの花言葉は、「思い出」。

 

おわりに

野原や空き地には、いろんな植物が育っていて、

出かけてよく見ると、いろんな種類の野草があって、見飽きません。

ただ、中にはクサノオウのように有毒な植物もあるので、注意が必要ですね。

昔の人は、いろんな植物を試して毒性の有無や、薬用としての有効性などを調べて使っていたようですね。

知らない植物を一つずつ調べるのも、大変ですが面白いことでもあると思います。(^_^)

 

参照サイト

Wikipedia クサノオウ

BBONTANICA クサノオウ

花言葉 花の持つ言葉 クサノオウ

 

関連投稿

オウバイ
黄色い花々が綺麗です!

今、あちこちで、きれいな黄色い花々がたくさん咲いています。         <目次> ミモザアカシア黄梅菜の花関連投稿 ミモザアカシア 黄色いミモザ アカシアの花 我が家のミモザ アカシア、黄梅と、近 ...

続きを見る

 

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-野草
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ