セイヨウジュウニヒトエ

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草本 草花

セイヨウジュウニヒトエ、ジュウニヒトエ、キランソウの違い

2021年4月15日

セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)は、ヨーロッパ原産の園芸種で、シソ科キランソウ属の多年草で、別名はアジュガです。ここでは、よくにた花を咲かせる、同じシソ科で日本原産のジュウニヒトエ(十二単)やキランソウ(金瘡小草)と比較しました。

セイヨウジュウニヒトエ、ジュウニヒトエ、キランソウ

セイヨウジュウニヒトエ、ジュウニヒトエ、キランソウの違い

セイヨウジュウニヒトエ、ジュウニヒトエ、キランソウは、シソ科の草花で、よくにた唇形花を咲かせます。それぞれの違いを下の表にまとめましたが、花の色、茎や葉などの毛の付き方、匍匐性の有無、草丈などが見分けのポイントになるだろうと思います。

セイヨウジュウニヒトエ、ジュウニヒトエ、キランソウの違い
セイヨウジュウニヒトエ ジュウニヒトエ キランソウ
花期 4~6月 4~5月 3~5月
花の色 青、紫、桃、白 紫白色 濃紫色
花序の付き方 穂状花序 総状花序 穂状花序
茎や葉などの毛 毛がほとんどない 全体に毛がある 全体に毛がある
ロゼット状 対生 ロゼット状の根葉性
匍匐性の有無 匍匐性 匍匐しない 匍匐性
草丈 15cm 10~25cm 5~10cm

 

以下、それぞれの草花を詳しく述べます。

セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単、別名:アジュガ)

セイヨウジュウニヒトエの花

野原で咲くセイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣、アジュガ)

野原で咲くセイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単、アジュガ)

近くの野原で咲いていた、セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単)です。

アジュガと言うほうが一般的のゆですが、ヨーロッパ原産の多年性の栽培品種です。写真の花は、きれいな紫色ですが、花のいろは、他には、青、桃、白などがあります。

つぎの項で書いた、日本原産のジュウニヒトエ(十二単)ににていることから、セイヨウジュウニヒトエとつけられたとのことです。

ジュウニヒトエは、公家の女性の装束である十二単のことですが、たくさんの花が連なって咲く様子からつけられたとのことです。

草の中のセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)

草の中のセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)

ここのセイヨウジュウニヒトエは、植えられたもののようですが、近くの雑草の中でも生えていました。

根元から延びた草丈15cmくらいの茎に、穂状花序(スイジョウカジョ)で、たくさんの花をつけています。

近くで見たセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)

近くで見たセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)

シソ科特有の花で、上唇が2裂、下唇は3裂した唇形花(シンケイカ)となっています。

この記事で取り上げる花は、みんな、シソ科のキランソウ属なので、花の形はよく似ています。

人形のような形をしているところが面白いと思います。

セイヨウジュウニヒトエの基本情報・花言葉

ヨーロッパ原産で、シソ科キランソウ属の多年草で、園芸種です。

別名は、アジュガ、ツルジュウニヒトエ (蔓十二単) 、ヨウシュジュウニヒトエ (洋種十二単) 、セイヨウキランソウ (西洋金瘡小草)。

セイヨウジュウニヒトエは、匍匐性で、ランナーを伸ばして増えるので、ツルジュウニヒトエとも呼ばれます。(ジュウニヒトエは匍匐性では、ありません。)

学名は、Ajuga reptans。英名は、Blue bugle, Bugleweed, Common bugle。

花期は4~6月、花の色は青、紫、桃、白などがあり、草丈は15cmくらいになります。

匍匐茎(地上を這って伸びる茎)で、広がって増えます。

セイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)の花言葉は、「強い友情」「心休まる家庭」で、4月26日の誕生花です

ジュウニヒトエ(十二単)

ジュウニヒトエの花

ジュウニヒトエの花と葉

ジュウニヒトエの花と葉

セイヨウジュウニヒトエの名前のもとになった、日本原産のジュウニヒトエの花です。

セイヨウジュウニヒトエとよく似ていますが、花の色が白っぽい点と、花の付き方が、総状花序(ソウジョウカジョ)で、微妙に違いますが、同じように沢山の花をつけています。

ジュウニヒトエの花

ジュウニヒトエの花

花そのものは、上唇が2裂、下唇は3裂した唇形花(シンケイカ)で、他の花と同じ形をしています。

ジュウニヒトエ(十二単)の基本情報・花言葉

日本原産で、本州、四国に自生するといわれるシソ科キランソウ属の多年草です。

学名は、Ajuga nipponensis。

茎は数本立ち、草丈は10~25cm、緩い鋸歯がある葉が対生してつきます。

花期は4~5月で、白っぽい花を咲かせます。

ジュウニヒトエの花言葉は、「強い結びつき」で、4月26日の誕生花です

キランソウ(金瘡小草)

キランソウの花

地面に這うようなキランソウ

地面に這うようなキランソウ

キランソウ(金瘡小草)も同じような花をつけますが、こちらは、茎が伸びない根出葉になっている点が、いままでの花と違います。

ただし、花の形は、他と同じように、上唇が2裂、下唇は3裂した唇形花(シンケイカ)です。

昔から、薬効があるとされていた野草です。詳しくは、「キランソウ(金瘡小草)の紫の花」をご覧ください。

キランソウの花

キランソウの花

キランソウの基本情報・花言葉

漢字で「金瘡小草」と書かれますが、「金瘡(キンソウ)」は、切り傷の治療法などの意味があるようです。

なので、キランソウの薬効にちなんでいるように思われます。

別名の、ジゴクノカマノフタ、イシャイラズなども、薬効があることからつけられたものです。

学名は、Ajuga decumbens。

花期は3~5月で、茎の先端近くの葉の付け根に濃紫色の小花を数個つけます。花の直径は5 ~ 10mmの唇形花です。

詳しくは、「キランソウ(金瘡小草)の花も咲いています」。

キランソウの花言葉は「追憶の日々」、「あなたを待っています」で、5月24日の誕生花です

おわりに

同じ仲間で、よくにた花をつける花3種類について、くらべてみました。

ジュウニヒトエは、実物を見ていないのですが、

花自体は似ていますが、茎のありようや花の付き方が微妙に違っています。

植物の多様性を改めて感じました。 *\(^W^)/*

参照サイト

Wikipedia キランソウ属 キランソウ

EVERGREEN  セイヨウジュウニヒトエ ジュウニヒトエ

花言葉-由来 アジュガ

灯台もと暮らし 十二単

花言葉事典 キランソウ

関連投稿

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-草本, 草花
-, ,

© 2022 山に出かけてecoライフ