PR

セイヨウジュウニヒトエ

草花

セイヨウジュウニヒトエ(別名:アジュガ)と仲間の花

2021年4月15日

PR

近くの野原で、セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣)の花が咲いていました。見覚えのある花だと思って調べてみると、キランソウ(金瘡小草)ににていることがわかりました。また、ジュウニヒトエ(十二単)と呼ばれる花もあり、同じキランソウ属の仲間でした。

セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣、別名:アジュガ)

野原で咲くセイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣、アジュガ)
野原で咲くセイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣、アジュガ)

近くの野原で咲いていた、セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣)です。

アジュガと言うほうが一般的なのかもしれませんが、

ヨーロッパ原産の多年性の栽培種で、きれいな紫色をしています。

つぎの項で書いた、日本原産のジュウニヒトエ(十二単衣)ににていることから、

セイヨウジュウニヒトエとつけられたとのことです。

ジュウニヒトエは、もちろん公家の女性の装束である十二単衣です。

 

草の中のセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)
草の中のセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)

ここのセイヨウジュウニヒトエは、植えられたものなんでしょうか、

雑草の中で、近くにも生えていました。

根元から延びた15cmくらいの茎に、穂状花序(スイジョウカジョ)で、たくさんの花をつけています。

 

近くで見たセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)
近くで見たセイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)

この花は、シソ科で、上唇が2裂、下唇は3裂した唇形花(シンケイカ)となっています。

この記事で取り上げる花は、みんな、シソ科のキランソウ属なので、花の形はよく似ています

人形のような形をしているところも面白いですね。

 

ジュウニヒトエ(十二単衣)

ジュウニヒトエの花と葉
ジュウニヒトエの花と葉

セイヨウジュウニヒトエの名前のもとになった、日本原産のジュウニヒトエの花です。

セイヨウジュウニヒトエとよく似ていますが、花の色が白っぽい点と、

花の付き方が、総状花序(ソウジョウカジョ)で、微妙に違うようですが、

同じように沢山の花をつけています

ジュウニヒトエの花
ジュウニヒトエの花

花そのものは、上唇が2裂、下唇は3裂した唇形花(シンケイカ)で、同じような形をしています。

 

キランソウ(金瘡小草)

地面に這うようなキランソウ
地面に這うようなキランソウ

キランソウ(金瘡小草)も同じような花をつけますが、

こちらは、茎が伸びない根出葉になっている点が、前の花と違いますが、

ついている花の形は、同じように、上唇が2裂、下唇は3裂した唇形花(シンケイカ)ですね。

昔から、薬効があるとされていた野草とのことです。

詳しくは、「キランソウ(金瘡小草)の花も咲いています」をご覧ください。

 

キランソウの花
キランソウの花

 

基本情報・花言葉

セイヨウジュウニヒトエ(西洋十二単衣、アジュガ)

ヨーロッパ原産で、シソ科キランソウ属の多年草で、園芸種です。

別名は、アジュガ、ツルジュウニヒトエ (蔓十二単衣) 、ヨウシュジュウニヒトエ (洋種十二単衣) 、セイヨウキランソウ (西洋金瘡小草)。

花期は4~6月、花の色は青、紫、桃、白、草丈は15cmくらい。

匍匐茎(地上を這って伸びる茎)で、広がって増えます。

 

セイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)の花言葉は、「強い友情」「心休まる家庭」。

 

ジュウニヒトエ(十二単衣)

日本原産で、本州、四国に自生するといわれるシソ科キランソウ属の多年草です。

茎は数本立ち、草丈は10~25cm、緩い鋸歯がある葉が対生してつくとのこと。

花期は4~5月で、白っぽい花を咲かせます。

 

ジュウニヒトエの花言葉は、「強い結びつき」。

 

キランソウ(金瘡小草)

漢字で「金瘡小草」と書かれますが、「金瘡(キンソウ)」は、

切り傷の治療法などの意味があるようです。

なので、キランソウの薬効にちなんでいるように思われますが、どうなんでしょう。

別名の、ジゴクノカマノフタ、イシャイラズなども、薬効があることからつけられたそうです。

詳しくは、「キランソウ(金瘡小草)の花も咲いています」。

 

キランソウの花言葉は、「追憶の日々」、「あなたを待っています」。

 

おわりに

同じ仲間で、よくにた花をつける花3種類について、くらべてみました。

ジュウニヒトエは、実物を見ていないのですが、

花自体は似ていますが、茎のありようや花の付き方が微妙に違っています。

植物の多様性を改めて感じました。 *\(^W^)/*

 

参照サイト

Wikipedia キランソウ属 キランソウ

EVERGREEN  セイヨウジュウニヒトエ ジュウニヒトエ 

花言葉-由来 アジュガ 

灯台もと暮らし 十二単

花言葉事典 キランソウ

 

関連投稿

キランソウ
キランソウ(金瘡小草)の花も咲いています

畑の近くの石垣のキランソウ(金瘡小草)、別名ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)に、紫いろの小さな花が咲き出しました。普通によく見かける野草ですが、民間薬として使われてきたため、地方によってはイシャシラ ...

続きを見る

 

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ