PR

ツツジ

庭木

10月にモチツツジ(黐躑躅)が咲いています

2020年10月21日

PR

5月に咲いたモチツツジ(躑躅)が、10月にまた咲きました。

        <目次>

モチツツジ

10月のモチツツジ
10月のモチツツジ

このツツジは、我が家の庭に植えられています。

難しい感じですが、「黐躑躅」でモチツツジと読むそうです。見たことのない漢字ですね。

咲いたと言っても、5月に較べると花の数も少なく、葉も虫に食べられていて、勢いが無くなってきているように見えます。

でも、庭には良く似たツツジが植わっていますが、咲くのはこの樹だけのようです。     (^-^ ) 

5月のモチツツジ
5月のモチツツジ

こちらが、5月に咲いたモチツツジです。花も葉も元気です。

やはり、春は少なくなっていた葉から、元気に新緑が出てきて、勢いがあるようです。

     

10月のモチツツジ
10月のモチツツジの花

いま咲いているモチツツジに近づいてをみた写真です。

5枚の花弁があり、上の花弁に濃い赤の模様がついています。雄しべは5本、雌しべが1本でその先に丸い柱頭がついています。

10月のモチツツジの花
10月のモチツツジの花

葉の長さは2~6cm程ですが、虫に食べられてボロボロになっています。春から夏は、虫も活発になるので、食べられたようですね。

また、葉は、互い違いにつく互生です。

モチツツジの葉
モチツツジの葉

葉の表面には、小さな毛がついていますが、裏面には無いようです。また、鋸歯はついていません。

冬になると葉は多くは落ちますが、全部は落ちない半落葉性のようです。

1月のモチツツジ
1月のモチツツジ

こちらは、今年の一月末のモチツツジです。

葉は、ほとんど落ちてしまっていますが、少し残っていることがわかります。

実は、このツツジの名前が、良く分からなかったのですが、調べたところモチツツジだろうとの結論になりました。

                  (・_・?)

そう判断したのは、次のような特徴のためです。

  1. 花の付け根の部分(花柄)が、ネバネバしている
  2. 葉が半落葉
  3. 葉のつき方が互生
  4. 10月に咲いている

1番目の花柄の付け根が、ネバネバしていることが、モチツツジと名づけられた由来とのことです。

確かに、手で触るとネバつきます。虫を捕まえるためとの説があるようです。      

よく似た花に、シカヨウツツジ(志佳陽躑躅)という品種があるようですが、台湾の固有種で3~4月に開花し、常緑低木と言うことなので、違うようです。

普通のツツジのように5月ころに咲きますが、このツツジは12月ころにも咲くのを、毎年のように見ていました。

例年、10月に咲いていたかどうかは、定かではないのですが、寒い時期に咲くのは確かです。今年の2月にも咲いていました

寒い時期に咲く、二度咲のツツジとして、「元の助」や「ロージー」という品種があり、春と秋に咲くそうです。

ツツジにもいろんな種類があるんですね。  (^-^)

ちなみに、Wikipediaによるとモチツツジは、ツツジ科ツツジ属の落葉(半落葉)低木で、静岡県・山梨県~岡山県と四国に分布するとのことです。

モチツツジの花言葉は、「節制」。

   

おわりに

庭で5月ころと、10月ころから寒い時期に咲くモチツツジについて書きました。以前から、ツツジがなぜ今頃咲くのかと思っていたのですが、モチツツジには、その性質があることがわかりました。ツツジには、この他にも年に2度咲くものがあることも、今回知りました。

参照サイト

  Wikipedia モチツツジ

  花の仲間調べ 志佳陽躑躅(シカヨウツツジ)

関連投稿

庭木に花が咲きました!

ピンク・赤・白などのツツジが咲いています

モチツツジ(黐躑躅)がまた咲き始めました

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-庭木
-

© 2021 山に出かけてecoライフ