チカラシバ

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

多年草 草本 野草

ブラシのようなチカラシバ(力芝)の花

2020年10月19日

PR

9月中頃から、チカラシバ(力芝)が花をつけています。長く伸びた茎に、ブラシのような形の花を咲かせるチカラシバですが、強く根が張り、葉も硬いため、厄介な雑草です。秋には、種をつけた小さな穂についた毛が、動物なのどにひっついて種を散布します。

チカラシバ(力芝)の花と葉

チカラシバの株

チカラシバの株

チカラシバ(力芝)は、畑の周辺の道などにもよく生えており、いつも雑草として刈っている植物です。

よく瓶の洗浄に使うブラシのようだと言われるようですが、見た目は、みるからにブラシのようですね。背丈は70mくらいでしょうか、ブラシの長さは10~20cmほど、直径が4cm程度になります。

根をよく張るので、力を入れて抜こうとしても抜けないので、チカラシバ(力芝)と名づけられたそうです。別名は、ミチシバ(道芝)。 (°◇°;)

日本原産の被子植物で、イネ科チカラシバ属の多年草です。北海道南西部以南の日本に分布しているようです。

4月ころ発芽して、9月~10月ころまで花が咲き、11~12月に実をつけるとのことです。

チカラシバの葉

チカラシバの葉

写真は、チカラシバの葉を撮ったものですが、地下茎はあまり伸びずに株をつくるため、たくさんの茎を出してその先に花穂をつけます。

12月ころには種をつけ、種にはトゲ状の毛がついており、動物などにひっついて運ばれることがあるようです。(北川尚史監修、トンボ出版、「ひっつきむしの図鑑」)

葉は、細長く、根元からまっすぐ伸びています。葉の裏面には、根元方向に引っかかる、小さなギザギザがついています。

伸び始めの花穂

伸び始めの花穂

また、チカラシバの花(花穂)は、葉の付け根から伸びています。このような伸び始めた状態から、上に伸び、広がってブラシ状の花穂をつけるんですね。  (^-^ )

チカラシバの花穂

チカラシバの花穂

チカラシバを上から見たところです。互いにくっつくことなく、間隔を保つように伸びています。

チカラシバは、万葉集に「芝草」という名で歌われているとの説もあるようで、古くから日本に生えていた植物のようです。

古代の人たちも身近に触れ合っていたかもしれないと思うと、少し見方がかわるようにも思います。

チカラシバは、普通は単なる雑草とされていますが、ドライフラワーや茶花にも利用されるとも聞きますが、面白いと思いますね。 (^-^)

 

チカラシバの基本情報・花言葉

チカラシバ(力芝)は、中国、朝鮮半島、フィリピン、マレー半島、インドや日本の北海道の南西部から九州、沖縄に分布する、被子植物でイネ科の多年草です。

チカラシバの名前は、よく根を張るため、力をいれて引っ張ってもなかなか抜けないことや、茎を引っ張ってもちぎれないことなどから、名づけられたとのことです。別名は、ミチシバ。

花期は8~11月で、穂状に暗紫色の花をつけます。11~12月に結実し、種は小さな穂につき、穂の柄についたトゲ状の毛が動物などに引っかかって、種子散布します。いわゆる、ひっつき虫です。

地下茎が短いために、周囲から茎を出して育つため大きな株を作ります。また、茎は直立し、草丈は30~80cm、葉は堅く、長さ30〜70cmくらい、幅4〜7mmほどになります。

にた野草にエノコログサがありますが、全体に小さく、穂先が垂れ下がるので、違いは容易です。

チカラシバの花言葉は「信念」、「気の強い」、「尊敬」で、9月2日の誕生花です

おわりに

道端や空き地などで、よく見かけるチカラシバ(力芝)について、調べてみました。普段、根を張ると引き抜くのが厄介な雑草ですが、ヨーロッパでは園芸品種が開発され栽培されているとのことであり、見方によって面白いのかもしれません。

参照サイト・書籍

Wikipedia チカラシバ

mirisiru.jp チカラシバ

素人自然科学者の自然観察日記

 

関連投稿

ススキ
秋の七種(ナナクサ)、オバナ(尾花)

オバナ(尾花)とはススキ(芒、薄)のこと。ススキの穂が動物の尾を連想することに由来すると言われます。以下、ススキと呼びます。        <目次> 山のススキ(芒、薄)魔除けとしてのススキおわりに参 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-多年草, 草本, 野草
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ