ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

植物に寄生して生きるネナシカズラ(根無葛)の生態や白い花について

2020年9月29日

ネナシカズラ

ネナシカズラは、自分では光合成をせず、他の植物に巻き付いて根を入れ、養分を盗って生きている寄生植物です。日本全土に分布するヒルガオ科のつる性の一年草です。ここでは、ネナシカズラの生態や花とともに、近縁種との違いについて書きました。

植物に寄生して生きるネナシカズラ(根無葛)の生態や白い花について

ネナシカズラ(根無葛)の生態

樹に巻き付くネナシカズラ

樹に巻き付くネナシカズラ

ネナシカズラって聞いたことありますか?

ネナシカズラは、ヒルガオ科ネナシカズラ属です。一年生のつる性の寄生植物で、東アジアや日本の北海道から沖縄まで全国に分布しています。

寄生植物とは、他の食物に寄生して栄養分を吸収して生きる植物で、寄生根という根を出して他の植物に入り込み、養分を吸収して生きる植物です。 (>◇<)

写真は、家の近くのクワノキに巻き付いているネナシカズラです。茎が長く伸びて、しっかりと樹に巻き付いていますが、この部分から栄養をとっているようです。茎に毛はなく、点々と紫褐色の斑点がついています。

Wikipediaによると、種子は普通の植物と同じ様に発芽し、初めは根がありますが、数日以内に他の植物に寄生しないと枯れてしまうそうです。

そして、寄主にたどり着くと寄生根を出して、寄主に入り込み、養分を吸収するとのことです。

その後、元の根は無くなってしまい、寄生根だけで生きていくようになります

通常、葉がなく、自分で光合成をせずに寄主の栄養だけでいきているようです。

おそろしいですね。ヽ('ー`)ノ

ネナシカズラ(根無葛)の白い花

ネナシグサの花

ネナシカズラの花

ネナシカズラの花期は、8~10月です。写真のように鐘状の花が、花序になってたくさんついています。

このため、実もたくさんつき、多くの種を落とします。

そして、翌年に周辺で発芽しているのをよく見かけます。

拡大したネナシグサの花

拡大したネナカズラの花

写真のように、花は白くて鐘形で長さ3〜3.5mm、先が5裂しています。花柱は1個で、雄しべは5個ついています。

詳しい写真は、「松江の花図鑑」に掲載されています。

ネナシカズラの仲間にマメダオシが、ハマネナシカズラアメリカネナシカズラなどがあります。

マメダオシは、大豆に寄生して枯らすことがあると言われ、ハマネナシカズラは海岸近くに生えるとされ、北アメリカ原産の帰化植物であるアメリカネナシカズラは、害草として問題になっているとのことです。

ネナシカズラと、マメダオシ、ハマネナシカズラ、アメリカネナシカズラの違いは、基本情報をご覧ください。

なお、ネナシカズラとは違う寄生植物として、ヤドリギビャクダンや、ツチトリモチナンバンギセルと呼ばれる植物などがあります。

植物の世界にも、他の植物に頼って生きている要領のいい(?)のがいるんですね。

ネナシカズラの実

ネナシカズラの実

ネナシカズラの実

12月のネナシカズラの実です。

最初は緑いろだったはずですが、茎も実も茶色くなっています。養分をもらっていた宿主が枯れると、ネナシカズラも栄養を吸収することができなくなって、枯れるんだろうと思います。

栄養を他の植物に頼っているのは、楽なのかもしれませんが、相手任せの頼りない生き方だと思います。

この実は、基部で裂けて種を落とし、来年また発芽して近くの植物に取り付いて、栄養をもらって育つことでしょう。

ネナシカズラの基本情報

ネナシカズラ(根無葛)の仲間は、100~170種とされ、世界の温帯から熱帯に広く分布します。ネナシカズラは日本全土に分布するヒルガオ科ネナシカズラ属の1年生のつる性寄生植物です。

名前は、自分では根を持たず、他の植物に寄生して育つ、つる性植物であることに由来します。

花期は8~10月で、穂状花序になって釣鐘形の3.5mmほどの小さな白い花を咲かせます。花弁の先は5裂し、雌しべは1個、雄しべは5個で、花びらより低くつきます。

果実は蒴果で、長さ4~5㎜の楕円形で中に1~4個の種子を持ち、熟くすつと茶褐色になります。

葉は退化して長さ2㎜以下になり、全身に葉緑素がないため、茎は黄白色で、長いツルを伸ばして他の植物(奇主)に巻き付き、寄生根を出して養分を吸収します。

茎の直径1~2mmで、淡黄色~紫いろを帯び、紫の斑点が見られます。

ネナシカズラの仲間にマメダオシが、ハマネナシカズラアメリカネナシカズラなどがあります。

マメダオシは、大豆に寄生して枯らすことがあると言われる在来種、ハマネナシカズラは海岸近くで見られる在来種で、アメリカネナシカズラは北アメリカ原産の帰化植物です。

ネナシカズラと、マメダオシ、ハマネナシカズラ、アメリカネナシカズラには、つぎのような違いがあります。

ネナシカズラは、雌しべがくっついて1つに見えるのに対し、あとの3種は2本に見えます。

また、ネナシカズラ、マメダオシおよびハマネナシカズラは雄しべが花びらより高くなりますが、アメリカネナシカズラは飛び出します。

ネナシカズラ(根無葛)の花言葉

ネナシカズラの花言葉は、「下賤」

なるほどという感じですね。 (^.^;

参照サイト

Wikipedia ネナシカズラ属 寄生植物

松江の花図鑑 ネナシカズラ アメリカネナシカズラ

三河の植物観察 ハマネナシカズラ

たじまのしぜん アメリカネナシカズラ いつからなの?

YAHOO! JAPAN 知恵袋



~いま見ごろの花たち~

-つる性植物, 一年草, 草本, 野草
-, ,