ヒメジソ

PR     

検索

ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ヒメジソ(姫紫蘇)に咲く紅紫の花

ヒメジソ(姫紫蘇)は、日本全土に自生するシソ科イヌコウジュ属の一年草です。名前は、姿がシソ(紫蘇)ににていることに由来しますが、シソとは別の種類になります。花期は9~10月で、枝の先に3~7cmの花穂をだし、淡い紅紫や白の唇形花を2個づつつけます。

ヒメジソ(姫紫蘇)に咲く紅紫の花

ヒメジソの花

ヒメジソの花

ヒメジソの花

林道を走っていて小さな花が咲いているのに気が付きました。

草丈が60cmほどの枝分かれして伸びた茎の先に、

写真のような花序に数個の紅紫の唇形花をつけています。

シソににた感じの植物ですが、葉が違うし、花の付き方も違います。

調べて見ると、ヒメジソ(姫紫蘇)と呼ばれる、シソ科イヌコウジュ属の一年草で、

日本全土に自生するようです。

名前は、姿がシソにていてに小さいことに由来すると言われますが、

シソ属のシソ(紫蘇)とは別の種類になります。

花言葉はつけられておらず、活用についての記述も見当たらないので、

一般的な植物ではないようです。(⌒ ⌒;)

よくにた植物に、イヌコウジュがありますが、

この植物は、葉の縁の鋸歯の数が6対ほどと少ないので、ヒメジソのようです。

ヒメジソの花

近いづいて見たヒメジソの花

花は、写真のようにシソ科特有の唇形花です。

セイヨウジュウニヒトエやキランソウなどと同じ唇形花ですが、

形や色はかなり違っているようです。

セイヨウジュウニ.ヒトエj
セイヨウジュウニヒトエ、ジュウニヒトエやキランソウとの違い

セイヨウジュウニヒトエは、4~6月ごろに、青紫色〜白色の唇形花を穂状につけます。ヨーロッパ原産のシソ科の多年草で、観賞用に移入されましたが、いまは、野生化が進んでいます。ここでは、日本原産のジュウニヒ ...

続きを見る

花びらの大きさは4mmぐらいで、上唇は3裂し、下唇は先端が垂れ下がっており、

全体に薄い紫いろになっています。

上唇のしたに茶色く見えるのは、2本の雄しべの葯のようです。

下唇の根元には短い毛がたくさん生えています。

下唇にも2本の葯がつかない仮雄しべがついているとのことですが、よくわかりません。

2個づつで咲くヒメジソ

2個づつで咲くヒメジソ

ヒメジソは、2個の花がペアになって咲きます。

咲いた花の上にはツボミがついていますが、

その下には花びらが落ち、苞が残っています。

この中に実ができ、種をつけるようです。

このようなところはシソによくにているようです。

ヒメシソを食べるケムシ

ヒメシソを食べるケムシ

山の中でひっそりと咲くヒメシソですが、ケムシが葉を食べていました。

ボケた写真で恐縮ですが、好んで食べる生き物もいるようですね。

たくさんで生えるヒメジソ

たくさんで生えるヒメジソ

ここのヒメジソは、一株で生えているものもありましたが、

写真のようにたくさんに集まって生えているのが見られました。

花の下に、葉が対生でついているのも特徴的だと思います。

ヒメジソの茎や葉

ヒメジソの茎

ヒメジソの茎

草丈は60cmぐらいですが、

茎の途中でついになって枝がでて葉を出し、その先端に花序をつけるようです。

ヒメジソの葉

ヒメジソの葉

写真ではよくわからないのですが、茎は断面が四角形で、表面に短い毛が見られます。

葉は、茎に対になってつく対生で、

長さ2~4cm 幅1~2.5cmほどの大きさのの卵形~広卵形です。

葉の縁には、4~5対の鋸歯がついています。

よくにたイヌコウジュには、6~13対の鋸歯がつくとのことなので、

こちらは、ヒメジソだろうと思われます。

葉の鋸歯の数だけで見分けるのも微妙だと思いますが、他の違いはないようです。

今回は、話題性が少なく、初めて見たヒメジソについて書きました。

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました。 m(__)m

ヒメジソの基本情報

ヒメジソ(姫紫蘇)は、東アジアからインド・マレーシアや、日本全土で自生するシソ科イヌコウジュ属の一年草です。

名前は、姿がシソにていてに小さいことに由来すると言われます。

学名は、Mosla dianthera

花期は9~10月で、枝の先に3~7cmの花穂をだし、淡い紅紫や白の唇形花を節ごとに2個づつつけます。

花冠は約4mmで、上唇は3裂し、下唇は先端が下がり、4本の雄しべがつきます。

萼の長さは2〜3mmで、上下2唇に分かれており、上唇は3裂、下唇は2裂します。

果実は分果で、表面に網状紋がつきます。

葉は長さ1~3cmの葉柄がついて対生し、長さ2~4cm 幅1~2.5cmの卵形~広卵形で、縁に4~6対の鋸歯がつきます。

草丈は20~70cmで、茎の断面はは四角形で稜には下向きに曲がった短毛がつきます。

参照サイト・書籍

EVERGREEN ヒメジソ

松江の花図鑑 ヒメジソ イヌコウジュ

門田裕一監修 山と渓谷社 「山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花

PR



カテゴリー

~いま見ごろの花たち~

PR

-一年草, 草本, 野草
-,