アカソの花

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

広葉樹 樹木 落葉小低木

コアカソ(小赤麻)に花が咲いています

2021年8月17日

コアカソ(小赤麻)は、中国、朝鮮半島や日本の本州以南に分布するイラクサ科  カラムシ属の落葉小低木で、雌雄同株、雌雄異花です。近縁種のアカソやクサコアカソは草本で、アカソは葉が3裂し、クサコアカソは鋸歯の数が多いことから識別できます。

コアカソ(小赤麻)に花が咲いています

コアカソの花

コアカソの花と葉

コアカソの花と葉(2021年8月2日)

8月初めころからコアカソに、穂状の花が咲き始めました。

長く伸びた茎に、葉が対になってでており、葉の根元から花序がのび、たくさんの小さな花をつけています。

葉は、7対でしょうか鋸歯がつき、先端が長く伸びています。

アカソだと思っていたのですが、アカソは、葉の先が大きく3つに分かれるので違うようです。

アカソ(赤麻)の名前は、茎や枝が赤みを帯びることと、この植物の繊維を布の材料にしたため麻と書いて「ソ」と読んだようです。

そして、葉がアカソより小さいため「コ」とついたようです。

コアカソの花は、雌雄異花で咲きます。

たくさんの花序がついていますが、枝の上のほうに雌花序がつき、下のほうに雄花序がつくとのことです。

近くで見たコアカソの花

近くで見たコアカソの実(2020年10月3日)

花が終わったあとには、雌花序に実がつきます。

実は倒卵形で、大きさは1.3mmくらいになり、11〜12月に熟します。

コアカソの葉

コアカソの葉

このコアカソの葉は、4~8cmの卵形で、周囲に6~7個の鋸歯が見られるようです。

赤い枝に対生し、光沢があってきれいな葉だと思います。

この葉は、鹿が好んで食べます。

鹿の食べられたコアカソの葉

鹿の食べられたコアカソの葉

この写真は、新芽が鹿に食べられたコアカソの葉です。

コアカソの柔らかい葉が好きなようで、あちこちで食べられているのを見かけます。

ご覧のように、食べられてもまだ葉は残っています。

茎からたくさんの枝が出て樹の内部にも葉がついているのと、古くて硬い葉は残すのでしょうか、

鹿に食べられても枯れることなないようです。

毒をもっていないし、トゲもないのですが、鹿に強い植物だと思います。

お茶の樹も、新芽が出たところで人に摘まれるのですが、

枯れることがありませんが、にているようにも思います。(^⊆^)

茂ったコアカソ

茂ったコアカソ

樹によっては、このように元気に育っているものも見られます。

コアカソ(小赤麻)とアカソ(赤麻)、クサコアサコ(草小赤麻)の違い

コアカソにた近縁種に、アカソ、クサアサコがありますが、違いを調べました。

コアカソが木本でなるのに対し、アカソとクサアサコが草本の多年草である点に大きな違いがあります。

また、葉の形や鋸歯の数が異なるので、違いが判ります。

コアカソとアカソ、クサコアカソの違い
コアカソ アカソ クサコアカソ
葉の違い
コアカソの葉

コアカソの葉

鋸歯が10対以下

アカソの葉

アカソの葉

先端が3裂する

 

 

写真なし。

 

 

鋸歯が10~20対

葉の大きさ 4~8cm 8~20cm 5~10cm
木本/草本の種類 木本 草本 草本

 

コアカソ(小赤麻)の基本情報・花言葉

コアカソ(小赤麻)は、中国、朝鮮半島や日本の本州以南に分布するイラクサ科  カラムシ属の落葉小低木で、雌雄同株で、雌雄異花です。

近縁種で草本アカソ(赤麻)ににていますが小さいのでコアカソと名づけられました。

学名は、Boehmeria spicata。

花期は8~9月で、葉腋から出た穂状の雌花序や雄花序で花を咲かせます。雌花序は上部の枝に、雄花序は下部の枝につきます。

実は、そう果で、11~12月ころ熟します。

葉は2~5cmの赤い葉柄があって対生し、長さ4~8cmの卵形で先端が細く尖り10対以下の鋸歯があります。表面に光沢があり、3主脈が見られます。

樹高は1mほどになり樹皮は灰褐色。株立ちになり、茎からたくさんの枝が分岐します。

近縁種に、アカソ、クサコアカソなどがありますが、両者と草本で多年草です。

また、アカソは葉の先が3つに裂けるのが特徴です

参照サイト

樹木図鑑 コアカソ

素人植物図鑑 アカソ

松江の花図鑑   コアカソ アカソに似た仲間

Wikipedia イラクサ科

弥彦山塊とその周辺に咲く花たち  カラムシ属

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-広葉樹, 樹木, 落葉小低木
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ