PR

フジの花

つる性植物

広場や山で咲くフジ(藤)の花が満開です

2021年4月25日

PR

近くの広場の藤棚で、白い藤と紫の藤が満開になってきれいです。近寄ると花粉の香りと、虫たちが飛び交う羽音でにぎやかです。近くの山でも、高い樹の上から垂れた藤の枝にたくさんの花がついていて、春真っ盛りを実感させてくれています。

フジ(藤)の花

藤棚のフジ
藤棚のフジ

近くの広場の藤棚で咲く藤の花を撮らせていただきました。

白い藤と、普通の紫色の藤が一緒に植えられていて、入り混じってさいています。

太陽の光を浴びて元気よく咲いて、花粉の香りがあたりに漂って、

クマバチでしょうか、大きな蜂や

小さな昆虫が飛び交ってにぎやかです。

 

白いフジの花
白いフジの花

青い空に白いフジの花のコントラストがきれいです。

 

近くで見る白いフジ
近くで見る白いフジ

山でもフジの花が咲いています。

先日まで咲いていたヤマザクラに変わって咲き出しました。

 

樹々の中で咲くフジの花
樹々の中で咲くフジの花

最近は、人がほとんど山に入らないからでしょうか、

あちこちで、大きな樹の先まで伸びて垂れ下がって咲いています。

このフジが生まれたときは、おそらく、

高い樹々に囲まれたくらいところでだったんだろうと思います。

そして、光を求めて、長い時間をかけて上へと伸びて、

樹のてっぺんにたどり着き、花をつけるまでになったんだろうと思います。

そう思うと、よりきれいに思えます。

たくさん咲いた山のフジ

普段、花が咲いていない時には、フジが伸びているとはわからないのですが、

花が咲くとよくわかります。

年々つく花が増えているんだろうと思います。

 

コンクリート壁に垂れさがったフジ
コンクリート壁に垂れさがったフジ

 

フジの基本情報・花言葉

フジは、中国や北アメリカに6種類分布し、日本では本州以南に分布すると言われるマメ科フジ属のつる性落葉木本です。

フジと同属のヤマフジがありますが、この記事のフジがどちらに属するかは未確認です。

フジの名前は、風が吹く度に花が散ちる様子を表す「吹き散る」から「フヂ」と書かれ、

それが変化して「フジ」となったとの説があるとのことです。

対立やいがみ合うことを、「葛藤」と表現しますが、葛(クズ)と藤(フジ)が絡み合った様子に由来するようです。

葛も藤も大きく育つ、ツル性植物で、絡み合うと、手に負えなくなるんでしょうね。

 

フジの花言葉は、「優しさ」、「歓迎」、「決して離れない」、「恋に酔う」。

 

おわりに

長く伸びたツルに、たくさんのきれいな花が咲き、

大きな蜂などが飛び交っていて、近くで見ると圧倒されます。

藤棚で育つフジも、山の中で育つフジも、同じように元気よく咲き、

生き物に恵みをくれているようです。(^_^)

 

参照サイト

Wikipedia フジ(植物)

庭木図鑑 樹木ペディア  フジ

花言葉-由来 フジ

 

関連投稿

小さいが魅力的なタツナミソウ
花盛り!シンビジウム・タツナミソウ・フジ

新型コロナウイルスの猛威はなかなか収まらず、人類に大変な困難を強いています。お亡くなりになった方に、お悔やみ申し上げます。また、感染された皆様には早期に回復されますよう、祈念申しあげます。自然界は、こ ...

続きを見る

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-つる性植物
-

© 2021 山に出かけてecoライフ