タネツケバナ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

野草

タネツケバナ(種漬花)の花と実

2021年4月26日

PR

タネツケバナ(種漬花)は、水田近くなどの湿っぽい場所でよく見かける野草です。名前は、春、稲の種を水に漬けて準備するころに花を咲くとに由来するそうです。白い小さな花の後に、上向いた細い鞘の実をたくさんつけ、触れると種を勢いよく飛び散らします。

タネツケバナ(種漬花)

タネツケバナの花

タネツケバナの花

タネツケバナの花

タネツケバナは、茎の先に小さな白い花を、総状花序でつけます。

個々の花は、直径が4mmくらいで小さいですが、たくさんつくので比較的目につくと思います。

花びらは4枚、雄しべは4~6個、可愛い花です。

タネツケバナ

近くで見たタネツケバナの花

タネツケバナの実

タネツケバナの実

タネツケバナの実

花の周囲に立っているのが、実です。

いくつもの上に向かってついた実は、長角果と呼ばれるそうですが、

長さ 1~3㎝ほど、幅1~1.5㎜の細い円柱形とのことです。

タネツケバナの実

たくさんついたタネツケバナの実

写真のようにたくさんの実をつけているのを、よく見ます。

草取りをしていると、実がはじけて種が飛び散ることがあります

タネツケバナを増やすお手伝いをしていることになるんでしょうね。

タネツケバナの葉

タネツケバナの葉

タネツケバナのロゼット状の葉

タネツケバナは、冬はロゼット状の根生葉(コンセイヨウ)で過ごし、

春には、10~30cmくらいの高さの茎をのばします。

タネツケバナの葉

茎についたタネツケバナの葉

茎には、長さが4~14cm、小葉が7~10個の羽状複葉をつけます。

この葉は、苦みがあり、料理にも使われることがあるようです。

 

タネツケバナの基本情報・花言葉

タネツケバナは、北半球の温帯域に広く分布し、日本全土に生えるアブラナ科タネツケバナ属の多年草です。

草丈は10~30cm、花期は3~6月とされています。

タネツケバナ属は、Wikipediaによると20種類以上もあるとのことです。

噛むと辛みがあるため、香辛料として、アイヌ料理などで使われたとのことです。

 

タネツケバナの花言葉は、「勝利」、「不屈の心」、「情熱」、「燃える思い」。

種が飛び散る勢いのいい様子からつけられたのでしょうか。

 

おわりに

畑やその周辺で草取りをしていると、パラパラと種が飛び散ることがあります。

何という名前か調べたところ、タネツケバナでした。

毎年のように経験するので、繁殖を手伝っていることになるんでしょうね。

ちょっと苦みがあって、サラダなんかにいれていいかも、との記事も見ました。

一度試してもいいかもしれませんね。(^_^)

 

参照サイト

Wikipedia タネツケバナ

三河の植物観察 タネツケバナ

暮らしーの タネツケバナ

富山県内の校庭でよく見かける草花 植物の種や実

花言葉事典 タネツケバナ

 

関連投稿

カントウタンポポの花と綿毛
5月に見かける野草たち

5月になると、カタバミ、ジシバリ、カントウタンポポ、ヘビイチゴ、サワハコベなど、いろんな野草たちが花を咲かせ、実をつけます。野草や雑草と呼ばれ、あまり気にもかけられないようですが、毎年、元気に花を咲か ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-野草
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ