アレチウリの花

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草本 蔓性植物

アレチウリ(荒地瓜)のツルが伸び、花が咲いています

2021年10月2日

PR

アレチウリ(荒地瓜)は、北アメリカ原産で、日本全土に分布するウリ科のツル性1年生です。1952年(昭和27年)に輸入大豆に混入した種子で日本に持ち込まれたと言われます。繁殖力が旺盛なため、日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。

アレチウリ(荒地瓜)のツルが伸び、花が咲いています

アレチウリの花・実

アレチウリの花

アレチウリの花

今回もまた、嫌われ者の記事になります。(*´ー`)

アレチウリは、北アメリカ原産のツル性1年生植物で、日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。

1952年に静岡県清水港でアメリカやカナダからの輸入大豆に混入した種子が見つかり、その後、全国の荒地や空き地などに広がったようです。

名前は、荒地や空き地などで繁殖するウリ科の植物であることに由来しますが、

繁殖力がつよいので、長野県では、月を決めて駆除に努めているほどのようです。

以前取り上げたオオキンケイギクも同様の指定を受けていましたが、在来種など生態系などが大きく影響を受ける場合は、仕方のないことなのでしょうか。

アレチウリは雌雄同株で、雌雄異花です。

花は、葉腋から雌雄別々の花序を出し、黄白色の花をつけます。

雄花序は長さ10〜15cmでまばらに直径1cmほどの雄花をつけ、雌花序は短く直径6mmほどの黄白色の雌花を頭状に集まってつけます。

前の写真は、雄花のように見えますが、未確認です。(^ ^;)

たくさん咲くアレチウリの花

たくさん咲くアレチウリの花

ひろがった茎のあちこちに、たくさんの花が咲いています。

花が咲いた後につく実は、長くて鋭い棘が密生した卵形の液果が集まった塊になっており、大きさは約1cmです。

アレチウリの実

アレチウリの実

実についている棘は細くて硬くしなやかなので触ると痛く、服を貫いて刺さるほどになるようです。

ただ、苦さや渋みがあり、食用には適していないようです。

実には種が一つ入っていますが、1株当たり25,000個以上の種子をつけていた例の報告もあるとのことです。

アレチウリの葉や茎

一面に広がったアレチウリ

一面に広がったアレチウリ

私が見たアレチウリは、川沿いの土手に生えていましたが、たしかに繁殖力は旺盛なようです。あたり一面にツルが伸びていて、日本の在来種で元気のいいクズも、アレチウリの勢いにたタジタジのようです。

蔓は数mまで伸びますが、粗い毛が密生しています。また、葉の脇から巻き髭を出して絡みつき、他の植物を大きめの葉で覆ってしまうようです。

写真のように、ここではほかの植物が見られないほど、地面を覆っています。

葉は互生し、幅の広い円心形で、浅く3~7つに裂けており、表面はザラザラしています。

ガードレールを乗り越えるアレチウリ

ガードレールを乗り越えるアレチウリ

油断すると、どんどんのびるので、ここでは、ガードレールも乗り越えそうな勢いで伸びています。

これほど元気なのに、食べることができる実がつかないのが、残念と思うのは私だけでしょうか。

アレチウリ(荒地瓜)の基本情報・花言葉

アレチウリ(荒地瓜)は、北アメリカ原産で、日本全土に分布するウリ科アレチウリ属のツル性1年生植物です。

日本で最初に確認されたのは、1952年(昭和27年)に静岡県清水港でアメリカやカナダからの輸入大豆に混入した種子だと言われます。

成長が旺盛で、生態系や人間の生活に影響が大きいといして、日本生態学会によって、日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。

名前は、荒地や空き地などで繁殖するウリ科の植物であることに由来します。

学名は、Sicyos angulatus。英名は、burr cucumber、star-cucumber。

花期は8~11月、雌雄同株で雌雄異花で、葉腋から花序を出し、黄白色の花をまばらにつけます。雄花と雌花はそれぞれ別の花序につき、雄花序は長さ10〜15cmでまばらに直径1cmほどの雄花をつけます。雌花序は短く、直径6mmほどの黄白色の雌花が頭状に集まってつきます。雌花の柱頭は3個つきます。

花が咲いた後には、表面は鋭く長く、柔らかい刺とそれより短い軟毛に覆われた実がつきます。そのゴツゴツした塊には、長い卵形の実(液果)が幾つも球状に集まっていますが、1ツの実にできる種子は1つで、平べったい卵形をしています。

葉は幅の広い円心形で、浅く3つまたは5つ~7つに裂けており、表面はザラザラして長めの葉柄には粗い毛があります。

蔓で伸びる茎は数mまで伸び、ざらつき粗い毛が密生しています。葉の脇から出る巻き髭でほかのものに絡みついて、成長します。

アレチウリの花言葉は、「嫌われ者」

元気がよすぎて他の生物にとっては迷惑になるからでしょうが、こどもの世界で言うと、悪ガキのような存在でしょうかね。

参照サイト

Wikipedia アレチウリ 日本の侵略的外来種ワースト100

環境省 特定外来種等一覧

国立環境研究所 侵入生物データベース アレチウリ

花々のよもやま話 アレチウリ

ビオ・荒川さいたま アレチウリ

関連投稿

オオキンケイギク
オオキンケイギク(大金鶏菊)とキバナコスモス(黄花秋桜)

いま、オオキンケイギク(大金鶏菊)の花をよく見かけます。群生して咲いている様子はきれいなのですが、繁殖力が強いため、特定外来生物に指定されています。残念ですが、仕方ないのでしょう。ここでは、よくにたキ ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-草本, 蔓性植物
-, , ,

© 2021 山に出かけてecoライフ