エノコログサ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

草木 野草

エノコログサ(狗尾草、猫じゃらし)の花

PR

エノコログサ(狗尾草)、別名猫じゃらしは、全世界に分布し日本全土で見られる、イネ科エノコロ属の一年草です。ネコの前で振るとじゃれてくるので「猫じゃらし」。「狗(イヌ)の尾っぽににた草」として「エノコログサ」、どちらもペットにちなんだ名前です。

エノコログサ(狗尾草、猫じゃらし)の花

猫じゃらしの花

道ぞいに咲く猫じゃらしの花

道路ぞいの草むらで、元気に群生している猫じゃらし、エノコログサ(狗尾草)です。

エノコログサの名前は、「狗(イヌ)の尾っぽににた草」として「いぬころぐさ」と呼ばれ、それが「エノコログサ」に変化したとのことです。

「猫じゃらし」は、この花、つまり穂のような花の花穂(カスイ)を猫の前で振るとじゃれつくことから。(説明がなくてもわかる名前ですね。)

エノコログサは、縄文時代の初めころに、アワと一緒に日本に入ってきた、アワの原種と考えられるそうで、飢餓の時には、食べられたこともあるようです。

食べるものが不足してしまって、このようなものも食べる対象になったと思うと、大変な状況だったのだろうと想像します。

エノコログサはどこででもよく見かけますが、コンクリートの割れ目にも生えていました。

コンクリートの隙間の猫じゃらし

コンクリートの隙間の猫じゃらし

道沿いで群生していたのとは全く違って、狭い空間に根を張って、こじんまりと生えています。

エノコログサにはいろんな種類があるようなので、違った種類かもしれませんが、背丈も葉の大きさも違うようです。

ただ、単独ではえているので、花や茎の様子は、見やすく撮れているかと思います。

細い茎が地表を這い、節から根をおろして、茎が立ち上がり、その先に花が咲くとのことなのですが、その様子が見られるように思います。

茎の先に際は花穂は、小さめですが、よくみるときれいです。

赤みを帯びたものと、緑のものがみられますが、どちらもきれいだと思います。

猫じゃらしの花

赤みを帯びた猫じゃらしの花

 

エノコログサの花

緑の猫じゃらしの花

エノコログサ(狗尾草)の基本情報・花言葉

エノコログサは、世界の温帯地方に分布し、日本全土でも生えるイネ科エノコログサ属の一年草です。

だだ、日本では縄文時代の前半まではなかったそうで、アワとともに伝わったと考えられ、アワの原種とのことです。

エノコログサの名前は、「狗(イヌ)の尾っぽににた草」として、「いぬっころぐさ」と呼ばれ、「エノコログサ」に変化したとのことです。

別名の「猫じゃらし」は、穂のような花の花穂(カスイ)を猫の前で振るとじゃれつくことから。

花期は8〜9月で、長く伸びた茎の先に、たくさんの毛とともに、円柱形の花序をつけをつけます。

実は、卵形に近く長さ1.2〜1.3mmとのことで、昔は、カラスムギなどとともに、飢饉時などに、食用にされたこともあったとのことです。

葉は、長さ5〜20cm、幅0.5〜1.5cm、の細長い披針形

草丈は40~70cmで、細い茎がまっすぐにのび、途中にはをつけ、先端に花穂をつけます。

エノコログサには、アキノエノコログサ、キンエノコロ、コツブキンエノコロなど、いろんな種類があるようです。

エノコログサに花言葉は、「遊び」、「愛嬌」。

猫と遊んだり、こども同士で遊んだりしたことにちなんだもので、ピッタリではないでしょうか。

参照サイト

Wikipedia エノコログサ

松江の花図鑑 エノコログサ

Chills Laboratory エノコログサ

関連投稿

チカラシバ
ブラシのようなチカラシバ(力芝)の花

9月中頃から、チカラシバ(力芝)が花をつけています。長く伸びた茎に、ブラシのような形の花を咲かせるチカラシバですが、強く根が張り、葉も硬いため、厄介な雑草です。秋には、種をつけた小さな穂についた毛が、 ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-草木, 野草
-

© 2021 山に出かけてecoライフ