ガマズミ

PR

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

広葉樹 樹木 落葉小高木

ガマズミ(莢蒾)につく赤い実

2020年10月29日

11月近くなり、ガマズミ(莢蒾)の赤い実が綺麗です。去年まで気が付かなかったところで、実をつけていました。小さな樹なので、目立ちませんが、小さな赤いをたくさんつけています。実はポリフェノールを含み、血液をサラサラにする効果もあるようです。

ガマズミ(莢蒾)につく赤い実

ガマズミの樹

ガマズミの樹

こちらは、2mほどの高さの樹ですが、たくさんの実をつけています。

一か月ほど前に林道を走っていたときに、赤い実をつけた樹を見つけて、ガマズミだと知ったばかりでした。ところが、先日私がなんやかや植えている山に行ったところでも見つけました。赤い実でよく目立つのに、なぜか、いままで気が付きませんでした。

ちょっと得をした気分です。 (⌒▽⌒) 

ここには、ソヨゴナナカマドシロダモなど赤い実をつける樹がいくつかあります。今年はどうかな、と様子を見にいったんですが、今年は実のつき方が少なく、何じゃ、と思っていたところで、このガマズミを見つけました。

ガマズミの実は、11月頃に熟して表面に白い粉がふいて美味しくなるとのこと。せっかくなので、こんど食べてみたいと思います。 忘れませんように!

ガマズミの花(1)

ガマズミの花

ガマズミの花は、5~6月ころに咲きます。枝の先に、散房花序のかたちで、5~8cmくらいの花をたくさん咲かせます。花全体の大きさは、20cmくらいはあるでしょうか。真っ白で、遠くからでもよく目につきます。

2021年6月に、山で咲いているのを見つけました。花には、アリがのぼり、蜂などの昆虫が蜜を吸いに集まっていました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

ガマズミの花
ガマズミ(莢蒾)は、春に白い花が咲き、秋に赤い実をつけます

ガマズミは、春の5~6月ごろに花序でたくさんの白い花を咲かせます。秋の10月ごろに小さな赤い実をつけますが、昔から生食や染料として利用されてきました。北海道南西部から九州の山地に分布するスイカズラ科ガ ...

続きを見る

春の葉は、台風にもまだあっておらず、傷ついていないからでしょうか、きれいな緑でいきいきとしています。

葉には葉柄があり、枝に対生でつき、卵型から広卵形をしていて、大きさは10cm程度です。また、葉には毛があり、葉脈がよく目立ちます。

ガマズミ(莢蒾)の基本情報・花言葉

ガマズミは、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、北海道南西部から九州までの山地に分布し、樹高は5mほどになるようです。

白い花が綺麗に咲き、赤い実をたくさんつけるからでしょうか、庭木にされることもあるようです。

ガマズミの名前の由来は、鎌(カマ)の柄に使われ、実が酸っぱい(酸実)ことから「ガマズミ」となったという説や、実を衣類の染料(すり染め)に使ったためとする説などがあるようです。

花期は5~6月ころで、散房花序で、5~8cmくらいの花をたくさん咲かせます。

花の後に、4mm前後の小さな実をつけますが、11月ころに赤く熟し、白い粉を吹きます。生食もできるようですが、染料や果実酒などにされることがあるようです。長野戸隠地方では、大根漬けを赤くするために使われるそうです。

葉には葉柄があり、枝に対生でつき、形は卵型から広卵形で、大きさは10cmほどです。葉には毛があり、葉脈がよく目立ちます。

木は、強度が高いようで、雪の上を歩くためのカンジキにも使われたそうです。

ガマズミの花言葉は「結合」、「私を無視しないで」で、12月24日の誕生花です

「結合」は、たくさんの花がついている様子からつけられたとか。

おわりに

いままで、近くにあったのに気が付かなかった、ガマズミを発見しました。 

花も実も綺麗で、実は果実酒などにもできるとのことで、おもしろい樹ではないかと思います。

庭木などにされるようですが、なるほどと思います。  (^.^) 

参照サイト

Wikipedia ガマズミ 

庭木図鑑 樹木ペディア ガマズミ

森と水の郷あきた ガマズミ/ミヤマガマズミ

花言葉-由来

PR

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

PR

PR ー断捨離はこちらで!ー

楽天ROOM

私のroom

-広葉樹, 樹木, 落葉小高木
-, , ,

© 2022 山に出かけてecoライフ