アガパンサスの花

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ガーデニング 草花

薄紫のアガパンサス(紫君子蘭)の花

PR

アガパンサス(和名:紫君子蘭)は、南アフリカ原産のユリ科の球根性の多年草です。ギリシャ語の「agape」(愛)と、「anthos」(花)を語源にした名前です。英名は「アフリカンリリー」。花期は5月下旬~8月で、初夏から夏に涼し気な花を咲かせます。

薄紫のアガパンサス(紫君子蘭)の花

アガパンサスの花

道ぞいに咲いたアガパンサス

道ぞいに咲いたアガパンサス

道沿いの空き地にアガパンサスの花が咲いていました。

アガパンサスの和名は「紫君子蘭」、英名は「アフリカンリリー」で、ムラサキクンシラン科とのことです。

我が家で4月ころ咲いたクンシラン(君子蘭)は、オレンジいろで花の付き方など、たしかににている気がします。ただ、クンシランは、ヒガンバナ科なので、種類は違うようです。

毎年この時期に、涼しげに咲くきれいな花ですが、こちらの花は、薄紫でしょうか。

長く伸びた花茎(カケイ)の先端からたくさんの花が散形花序のような形で咲いています。

個々の花は筒状ですが、さきで6枚に別れていて、縦方向に筋が入っています。そして、雄しべは6本。

近くで見るアガパンサス

近くで見るアガパンサス

夏の暑い時期に、涼し気に咲いてくれるのも、うれしいですね。

アガパンサスの園芸品種は、300種類以上あるといわれますが、

白いアガパンサス

白いアガパンサス

こちらは、真っ白なアガパンサスです。真っ白の花もいいものですね。

アガパンサスのツボミ

アガパンサスのツボミ

アガパンサスのツボミ

花が咲く前のツボミです。花茎(カケイ)の先端についた、ネギ坊主を思わせるツボミです。

この中に、たくさんの花が収まっているようです。我先に飛び出しそうな勢いを感じます。

アガパンサスの葉と茎

アガパンサスの葉と茎

アガパンサスの葉と茎

葉は、長さが30~50cm、幅は2~3cmくらいでしょうか、中心部から左右に向き合って生えていて、

その中心から丸い花茎(カケイ)が伸びています。

花茎の高さは、種類によって、30cmくらいから1mくらいのものまであるようです。

アガパンサスの基本情報・花言葉

アガパンサス(和名:紫君子蘭)は、南アフリカ原産のユリ科の球根性の多年草です。

アガパンサス(Agapanthus)は、ギリシャ語の「agape」(愛)と、「anthos」(花)を語源とした名前です。ユリに似た花をたくさん咲かせるので英名では「アフリカンリリー」と呼ばれるとのことです。

アフリカには20種類の自生種があるようですが、園芸品種は300種類以上あるといわれます。

花期は5月下旬~8月ころで、淡紫、青紫、ピンクや白などの涼しげな花を、散形花序でたくさん咲かせます。個々の花の形は、ラッパ状、盃状、細長いもの、などいろんな種類があるようです。

草丈は、30cmくらいのものから1m以上になるものなど、各種あるとのことです。

暑さ、寒さ、日陰にも強いといわれ、育てやすい花のようです。

アガパンサスの花言葉は、「恋の訪れ」「愛の訪れ」

「agape」(愛)と、「anthos」(花)に由来してつけられたとのことです。夏の恋、いいですね。

おわりに

アガパンサスの花が、あちこちで咲いていているのをよく見かけます。

すっと伸びた茎の先に、いくつもの薄紫の花は涼しげで、暑さを和らげてくれる感じがします。

もうしばらく咲き続けて、楽しませてくれるようです。(#^.^#)

アガパンサスの苗は、こちらで買うことができます。

参照サイト

みんなの趣味の園芸 アガパンサス

LOVEGREEN アガパンサス

関連投稿

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-ガーデニング, 草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ