キミガヨラン

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

常緑低木 樹木

キミガヨラン(君が代蘭)の白い花

2021年7月13日

PR

キミガヨラン(君が代蘭)は、北米原産のリュウゼツラン科ユッカ属の常緑低木です。5~10月までの長い期間、長く伸びた花茎に、5~6cmの壺形の白い花をたくさん咲かせます。日本では、結実しないため、繁殖は株分けによって行われます。

キミガヨラン(君が代蘭)の白い花

キミガヨランの花

キミガヨランの花

キミガヨランの近縁種に、アツバキミガヨランがありますが、ここでは判別ができていませんので、キミガヨランと呼ばせていただきます。

近くのお宅で咲く、キミガヨランです。

北米原産で砂漠地帯で育つ植物ですが、日本でもよく育っているようですね。

6月ころからだったでしょうか、長く伸びた花茎に、5~6cmくらいの壺形の花を咲かせています。

先がすぼんで、少し赤みを帯び、下向きに咲いていますが、

遠くから見ると真っ白のように見えます。

高く咲いたキミガヨラン

高く咲いたキミガヨラン

高さは、2mを超えそうに高くなっていて、たくさんの花をつけています。

太い花茎がまっすぐにのび、途中からいくつもの枝を出し、その枝毎にたくさんの花をつけています。

円錐花序と呼ばれる花の付き方で、見栄えがします。

キミガヨランは、北米ではユッカガによって受粉するそうですが、日本ではユッカガがいないため、実しないとのことです。

キミガヨランの葉

キミガヨランの葉

葉は、厚く長く伸びて先が尖り、螺旋状にたくさん茂っています。

周りにも、同じような株がたくさん生えているようです。

キミガヨランは結実しないのですが、増殖は株分けによって行われます。

キミガヨラン(君が代蘭)の基本情報・花言葉

キミガヨランは、北米原産のリュウゼツラン科ユッカ属の常緑低木で、樹高は150~200cmになります。

キミガヨランの名前は、花がたくさん咲き続け、いつまでも栄えることに由来するといわれます。

花期は5~11月で、葉の間からのびた太い花茎が分岐に、その先に長さ5~6cmの壺形のたくさんの花を円錐花序で咲かせます。

花は、北米ではユッカガによって受粉しますが、日本ではユッカガがいないので、結実することがないとのことです。

このため、繁殖は株分けによって行われます。

葉は、厚く長く伸びて先が尖っており、茎にらせん状に密生してつきます。

近縁種にアツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)がありますが、キミガヨランにくらべて相対的に背が低く葉が厚くて硬いといわれます。

キミガヨランの花言葉は、「勇壮」、「すべてをもつ」。

おわりに

毎年見せてもらっているキミガヨラン(君が代蘭)の白い花が、今年もきれいに咲いています。

いつもは何気なく見ていて、あまり印象に残っていなかったのですが、

夏から秋にかけて長く咲き続ける元気のいい花だと思います。(*^^*)

参照サイト

みんなの花図鑑 キミガヨラン(君が代蘭)

かぎけん花図鑑 キミガヨラン(君が代蘭)

恋する花たち キミガヨラン

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-常緑低木, 樹木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ