PR

ハナイカダの花

落葉低木

ハナイカダ(花筏)の花、雄雌の違い

2021年4月23日

PR

ハナイカダ(花筏)は、葉の上に花を咲かせる珍しい樹です。昔の人が川を使って木を運んだ筏から連想して名づけられた名前のようですが、雄雌が異なった樹(雌雄異株)になります。咲く花はそっくりなのですが、よく見ると違いがあるのでくらべてみました。

 

ハナイカダ

ハナイカダの花

ハナイカダの雌の花
ハナイカダの雄の花
ハナイカダの雄の花

ハナイカダ(花筏)は、葉の上に花をつける珍しい樹で、

生け花にもされるようですが、雌雄異株(シユウイシュ)で、

雌と雄で、花の付き方や、花の構造が違います。

上の写真は、花の付き方を撮ったものですが、

雌は花が、1個(まれに、2,3個のものもあるようです。)、

雄は3~5個つきます。

この様子から、雌雄がほぼわかるかと思います。

念のためにもう少し詳しくみて見たのが、次の写真です。

ハナイカダの雌の花
ハナイカダの雄の花
ハナイカダの雄の花

ハナイカダの雌の花は、雄しべが無くて、雌しべが3~4つに裂けており、

雄の花は、雌しべが無く、雄しべが3~4個ついています。

おわかりでしょうか。

ここを見れば、確実で、はっきりしますね。

なお、花の大きさは4~5mm、花弁は三角形状で3~4枚になっています。

 

ハナイカダの実

ハナイカダの葉についた実(5月)
ハナイカダの実(5月)

花が終わると実をつけます。

この写真は、5月の若い実ですが、短い柄の先につき、直径7~10mmくらいの大きさです。

この写真をみると、実から葉の根元までの主脈が太くなっているのに対し、

実から先の主脈は目立っていないことがわかります。

これは、本来花は、葉の根元(葉腋)につくところを、

葉の主脈と融合したことを表していることを示しているとされます。

実は、秋には熟して黒くなります。

 

ハナイカダの熟した実(9月中旬)
ハナイカダの熟した実(9月中旬)

 

ハナイカダの樹と葉

ハナイカダの樹と葉

ハナイカダの樹高は、1.5~3mくらいと言われます。

我が家のハナイカダは、1.5mにも満たない大きさですが、元気の育っています。

幹は細いままで、太くならないようです。また、樹皮は、緑がかった色をしています。

 

葉は、枝に互生し、長さ3〜16cm、幅1.5〜6cmの広楕円形で鋸歯があり、

先端は尖とがっています。

若葉は食用にもされるようです。

 

ハナイカダの基本情報・花言葉

ハナイカダは、北海道南部以南に自生する、モチノキ目ハナイカダ科ハナイカダ属の落葉低木です。

樹高は1.5~3mで、花期は4~5月です。

花が葉の上につくのが特徴で、花がのった葉を筏とみたてて、ハナイカダと名付けられたとのことです。

つけた花や実を船頭とする見方もあるようです。

なお、筏については、tomolible 東京の森|川の流れで木材を運ぶ「筏流し」をご覧ください。

別名はヨメノナミダ(嫁の涙)、ママッコ、ママコナ。

若葉は食べることができ、実も果実酒にされるようです。

 

ハナイカダ(花筏)の花言葉は、「気高い人」、「嫁の涙」。

 

おわりに

ハナイカダの花が咲いています。

ハナイカダは、桜の花びらが水に連なって浮かんだ様子を表す言葉でもあり、

春を表現する、趣のある言葉ではないかと思います。

小さな花が、葉の上で咲く様子は健気で可憐ではないでしょうか。*\(^^)/*

 

 

 

参照サイト

Wikipedia ハナイカダ

松江の花図鑑 ハナイカダ

庭木図鑑 樹木ペディア ハナイカダ

森林総合研究所 多摩森林学園

植物の秘島 ハナイカダ

 

関連投稿

ハナイカダ(花筏)の実
ハナイカダ(花筏)の実が熟しています

10年位前に、雌雄で一対の花筏の苗木を買って育ててきたハナイカダ(花筏)に実が付きました。葉の上に花が咲き、実をつける面白い植物です。         <目次> ハナイカダ参照サイト関連投稿 ハナイカ ...

続きを見る

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-落葉低木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ