PR

ハナイカダ(花筏)の実

落葉低木

ハナイカダ(花筏)の実

2020年6月1日

PR

10年位前に、雌雄で一対の花筏の苗木を買って育ててきたハナイカダ(花筏)に実が付きました。葉の上に花が咲き、実をつける面白い植物です。

        <目次>

ハナイカダ

葉の上に花が咲き、実をつける独特な形態の植物で、興味や親しみを持っている方は、多いのではないでしょうか。

名前の由来は、葉の中央部に黄緑色の小さな花がつく様子が、花がいかだに乗っていることを連想させるためとのことですね。

モチノキ科の雌雄異株の落葉低木で、茶花にも利用されるそうですが、新芽は山菜としても食べられるようです。(新芽は、毒がなければ食べられるものは、いろいろあるのかもしれませんね。)

私も、5年程以前にハナイカダの雌雄がセットのなった苗を買いました。それが、1m程になり、毎年花を咲かせ実をつけるようになっています。

去年は、株分けや挿し木で少し増やすことができました。実は、もう一本、母が知人からもらったものがあり、雄のようなのですが、みんな元気に育っています。

花筏の雌の実
花筏の雌の実

実が1個だけついており、雌だと思います。森林総合研究所 多摩森林科学園のHPによると、実のつき方について以下のように解説されています。

本来は葉のつけ根から出る花(果)柄が葉の中央部まで葉脈と合着して、その結果、葉の真ん中から花(果実)が出るように見えるというのが実態です。よく見ると、葉の中央脈は花(果実)の手前と先とでは、太さ、色、質感が違います。

確かに、葉柄から伸びてきた葉脈(中央脈)は、実まで伸びてきていますが、その先は無くなっています。

花筏の雌の実
花筏の雌の実

実は葉の全てについているわけではなく、何もついていない葉もあります。上手く受粉しなかったのでしょうか?

実が3個ついたハナイカダ
実が3個ついたハナイカダ

実の葉へのつき方は、雌株と同じようですが、数が多いでんすね。雌は普通1個か2個の実を付けるということなので、雄なのでしょうか。

あまり自信がないのですが・・・

複数の実を付けた樹
複数の実を付けた樹

この樹には、多くの葉に実が複数個ついていて賑やかです。この実は秋まで付いて、熟すのでしょうか?

毎年繰り返しているはずなんですが、よく見ていなかったんですね。今年は、経過を注意して見て行きたいと思います。

4月の蕾
4月の蕾

この樹の4月の写真です。実よりたくさんの花が咲いています。この時期の方がより賑やかです。

この樹は、前述の貰い物の苗なんですが、勢いを感じます。

実がついていないハナイカダ
実がついていないハナイカダ

購入したもう一本のハナイカダです。こちらは、実がつく位置に何かのっかっているのですが、手で触ると落ちてしまいます。

雄の樹になるのではないかと思うのですが、前の写真とは全く様子が違います。どういうことなんでしょうか?

今年は、これからの変化をよく見て行きたいと思います。

ハナイカダ(花筏)の花言葉は、「気高い人」、「嫁の涙」。

また、ハナイカダ(花筏)は、「春の季語であり、川面に落ちた桜の花びらが連なって流れる様子を筏に例えた言葉として使われる」、とのことです。

9月のハナイカダの実は、つぎのようです。

ハナイカダの実(9月中旬)
ハナイカダの実(9月中旬)

参照サイト

 森林総合研究所 多摩森林学園

関連投稿

 5月の里山の樹々

     

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-落葉低木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ