ユキヤナギ

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

落葉低木

ユキヤナギ(雪柳)の花が咲き始めています

2021年2月25日

PR

久しぶりに図書館に行く途中で、道路添いに植えられているユキヤナギ(雪柳)、別名:コゴメバナ(小米花)に、花が咲き始めていました。開花時期は3月~5月と言われているので、本格的にはこれからですが、早くも咲き始めたようです。これから、樹全体に雪が積もったように咲くのが楽しみです。

ユキヤナギ(雪柳)

ちらほらと咲くユキヤナギ
ちらほらと咲くユキヤナギ

車で走っていて、白いものが見えたので、もしもと思って近づくと、ぽつぽつと咲いていました。

小さな花でも、数があると気付くものなんでしょうか。

危うく通りすぎるところでしたが、止まってよかったです。 *(^_^)*

ユキヤナギの花たち
ユキヤナギの花たち

毎年、春を告げるように、樹全体に白い花を咲かせて、元気をくれます。

コロナなんか関係なく今年も元気に咲き始めました。

ヤナギ(柳)の樹のように垂れ下がる枝に、

たくさんの白い花が咲くことから名付けられたと言われるユキヤナギ(雪柳)。

花が散ったときに、米をまいたように見えることから、コゴメバナ(小米花)と呼ばれることもあるとのこと。

近くで見るユキヤナギ
近くで見るユキヤナギ

本番はこれからなのですが、撮りました。

花の大きさは8mmで、はなびらは3mmくらいでしょうか、丸い形で、5枚ついています。

中心が黄色く見えていますが、雄しべは20本もあるようです。

まだツボミが多いユキヤナギ
まだツボミが多いユキヤナギ

写真では一個づつしか咲いていませんが、周りにたくさんのツボミが散形花序でついていて、それが数珠繋ぎのように咲きます。

葉が出る前に白い小さな花をたくさん咲かせるので、雪のように見えるんですね。

これから長く楽しませてくれそうですね。

 

3月26日に、散歩中に満開のユキヤナギを見かけました。

圧倒されるように見事に咲いています。

満開のユキヤナギ(3月26日)
満開のユキヤナギ(3月26日)

元気よく咲いたユキヤナギ(3月26日)
元気よく咲いたユキヤナギ(3月26日)

ユキヤナギの分布・花言葉など

ユキヤナギは、東北地方南部以南の太平洋側び自生すると言われる、バラ科シモツケ属の落葉低木です。

樹高は1~2mで、庭木や公園樹としてよく見かけます。

原産地は、中国か日本か、どちらかのようです。(Wikipedia

  

ユキヤナギの花言葉は、「愛嬌」、「愛らしさ」、「賢明」、「殊勝」、「静かな思い」。

おわりに

たまたま見かけたユキヤナギの樹に、花が咲き始めていました。

先駆けで、まだ少しだけですが、春を告げているようです。

個々には小さな花ですが、たくさんの花が満開になると、迫力があり元気をもらいます。

これから、咲いていくのを見るのも、楽しいものだと思います。 \(^w^)/ 

  

参照サイト

 Wikipedia ユキヤナギ シモツケ属

 松江の花図鑑 ユキヤナギ(雪柳)

 HORITA ユキヤナギ(雪柳)

関連投稿

 猫のしっぽのようなネコヤナギ(猫柳)の果穂

 シダレヤナギ(枝垂柳)の花と葉

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-落葉低木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ