カニサボテン

PR

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

多肉植物 草本

カニバサボテン(カニサボテン)とシャコバサボテンの違い

2021年2月26日

カニバサボテン(カニサボテン)とシャコバサボテンは、よくにており混同しがちです。ここでは、両者について調べ、違いをまとめました。カニバサボテンは葉の縁がくびれ、花期は1~3月、シャコバサボテンは葉の縁にギザギザがあり花期は11~1月になります。

カニバサボテン(カニサボテン)とシャコバサボテンの違い

カニバサボテン(カニサボテン)

カニバサボテンの花

咲いたカニサボテン

カニバサボテンの花

写真が久しぶりに咲いた、我が家のカニバサボテンの花です。

当初は、カニバサボテンか、シャコバサボテンか、どちらなのかよくわからなかったのですが、

  • シャコバサボテンとカニバサボテンの開花期が、それぞれ11~1月と1~3月である。
  • 葉の縁が丸みを帯びて、トゲトゲが無い。

ことから、カニバサボテンだろうと判断しました。

咲いたと言っても2個、蕾が5個ほどで、ささやかなものです。

ただ、何年も咲かなかったので、一昨年、土を変え、暖かくなってから日に当たる場所に移動し、真夏には日陰に移動、寒くなってからは屋内に移動する、などを行ってきた結果のようなので、ちょっと喜んでいます。 \(^W^)/

栽培するうえで、シャコバサボテンの栽培方法を参考に、つぎのような点に注意しました。

  • 暑さにはつよく、寒さには弱い点ので、室内で育てています。
  • 土が乾燥したら与えるようにし、水は与えすぎないことが大切です。できれば細い棒などで土を掘って乾燥しているかどうかを確認して、乾いてから水を与えるようにしました。
  • 短日植物なので、10月ころからは日が長く当たらないよう、向きを変えたり、他の鉢の陰に置くようにしました。

なかなかできませんでしたが、こまめに面倒をみることが大切だと思います。(^_^)

カニサボテンの花の付き方

カニバサボテンの花の付き方

花は、写真のように葉の先に、1個ついています。

大きさは長さ方向、横方向とも6cmくらいです。

カニサボテンの花(3月3日)

カニバサボテンの花(3月3日)

きれいなピンクの花です。

茎と呼ぶのでしょうか根に近い部分は、かなり古く木質化しています。そして、葉はあまり出ておらず、元気がない状態ですが、安心していいんでしょうか。少し心配です。

カニバサボテンの葉

カニサボテンの葉

カニバサボテンの葉

写真のように、カニバサボテンの葉は扁平状で、3~4cmの長さでくびれ、その先にも同じような形になって連らなっています。

途中で2つに分かれる部分もあり、たくさんの葉をつけています。表面はサボテンによく見られるようなトゲがなく、すべすべしています。

また、葉の縁は、緩いくびれが見られますが、ギザギザはありません。この葉の形が、カニの爪ににているとしてカニバサボテンと名つけられたそうです。

カニバサボテ(カニサボテン)ンの基本情報と花言葉

カニバサボテンは、ブラジル原産で、サボテン科シュルンベルゲラ属の常緑多肉植物です。

葉の形が、カニの爪ににているとしてカニバサボテン(カニサボテン)と名づけられました。

学名は、Schlumbergera bridgesi

花期は1~3月で、葉の先端に、長さが5cmほどの赤やピンクの花を咲かせます。

葉は平扁な多肉質で、先端は丸みを帯び、いくつかの節が連なるかたちになります。株が大きくなると、葉の節の数が増え、しだれるようになります。

挿し木で比較的容易に増やすことができます。連作障害があるため、1~2年で鉢の土を交換するほうがいいようです。

カニバサボテンの花言葉や誕生花は、不明です。

シャコバサボテン

シャコバサボテンの花と葉

シャコバサボテン

シャコバサボテンの花と葉

こちらが、シャコバサ(蝦蛄葉)ボテンの花と葉です。

どうでしょうか、花はそっくりでよくにていますが、葉が違います。

縁に大きなギザギザがついています。

このギザギザが付いた葉が、海老ににたシャコ(蝦蛄)を連想するとして、シャコバサボテンと名づけられたそうです。

花期は、10月~1月ころです。

クリスマスのころに咲くので、海外では「クリスマス・カクタス」とも呼ばれるそうです。

シャコバサボテンは、いろんな園芸品種がつくられていて、花も、白、ピンク、黄色などあるようです。

白い花のシャコバサボテン

白い花のシャコバサボテン

シャコバサボテンの基本情報・花言葉

シャコバサボテンは、ブラジル原産で、サボテン科スクルンベルゲラ属の常緑多肉植物です。

名前は、葉の縁についたギザギザがシャコ(蝦蛄)のようだとして、シャコバサボテンとつけられました。

花期は11~1月で、葉の先に長さが7cmほどの花を咲かせます。花の色は、赤、ピンク、白、朱、黄などがあります。

葉は、扁平な多肉質で縁にギザギザがあり、くぼんだ形をした葉茎節がいくつも連なっており、いくつにも枝分かれします。

短日性植物で一日の日照時間が短くなってくると蕾を形成すると言われます。

栽培方法は、「みんなの趣味の園芸」に詳しく掲載されています。

シャコバサボテンの花言葉は、「一時の美」、「美しい眺め」で、12月10日の誕生花です

カニバサボテン(カニサボテン)とシャコバサボテンの違い  ~まとめ~

最初に、違いをまとめました。この点を確認すれば、見分けることができると思います。

カニバサボテン(カニサボテン)とシャコバサボテンの違い
  カニバサボテン シャコバサボテン
葉の縁 緩いくびれ  ギザギザあり 
花期  1~3月   11~1月

参照サイト

BONTANICA カニバサボテン

葉っぱの岬 カニバサボテン

Wikipedia シャコバサボテン

花言葉-由来 シャコバサボテン

PR

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

PR

PR ー断捨離はこちらで!ー

楽天ROOM

私のroom

-多肉植物, 草本
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ