ランキング応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


穂状の花を放射状につけるメヒシバ(雌日芝)

2021年8月20日

メヒシバの花

メヒシバ(雌日芝)の花期7月~11月で、花茎の先に5~15cmの穂状の花を3~8本咲かせます。畑、空き地などで群生で生えることが多い繁殖力の強い雑草で、全世界の熱帯から温帯に分布し、日本全土に生えるイネ科メヒシバ属の一年草です。

穂状の花を放射状につけるメヒシバ(雌日芝)

メヒシバの花

メヒシバの花

メヒシバ(雌日芝)は、イネ科の植物で、7月ごろから咲き始め、11月ごろまで咲き続けます。

花茎の先に、5~15cmくらいの細長い穂を4~8本ほど、放射状に出す野草で、どこでもよく見かけます。

よくにた仲間のオヒシバ(雄日芝)にくらべて、優し気なのでメヒシバと名づけられたとのことです。

また、同じメヒメシバ属に、コメヒシバやアキメヒシバがあります。

写真のメヒシバについて厳密に判別をしていませんが、ここでは、メヒシバと呼んでいます。

同じイネ科の野草のカヤツリグサと同様に、畑や庭によく生える困りものの雑草です。

メヒシバの穂

メヒシバの穂

花茎の先の穂を写してみました。

イネ科の植物なので、によくにた穂を出して、たくさんの三角状の小穂をつけています。

メヒシバの穂の先

メヒシバの穂の先

残念ながら、中に人が食べるような実はつかないようですが、

秋になるとたくさんの種を落とすようで、毎年、たくさん芽を出して、花を咲かせています。

つぎの写真は、メヒシバの茎と葉です。

メヒシバの葉

メヒシバの葉

葉は茎に互生し、長さ8~20cm 幅1cmの細い長楕円形で先がとがっていますが、薄くて柔らかく、つやがありません。

どこにでもよく生えてくる植物で、庭などにもよく生えてきます。

庭のメヒシバ

庭のメヒシバ

メヒシバの茎は細長く、はじめは地面をはうようにのびますが、枝分かれして地面に根を下ろしながら成長します。

写真のように、たくさん群がって生えていることが多いようです。

大きくなって根を張ると抜くのにも力が必要になるので、油断大敵です。(>_<)

メヒシバの基本情報・花言葉

メヒシバ(雌日芝)は、全世界の熱帯から温帯に分布し、日本全土に生えているイネ科メヒシバ属の一年草です。

メヒシバ(雌日芝)の名前は、向に生えるですが、よくにたオヒシバにくらべて優し気なことから「雌」とつけられたとのことです。

別名は、メシバ、メイシワ、メイジワ。

学名は、Digitaria ciliaris

花期は7~11月で、30~70cmに伸びた花茎の先に、3~8本の穂を放射状に伸ばします。

伸びはじめは、束になって出てきますが、その後、5~15cmくらいの長さで、放射状に広がります。

花茎の先からまとまって出ますが、間隔を置いて2~3段に分かれることもあります。花序につく小穂は、3mmくらいの披針形になります。

葉は、長さは8~20cm 幅1cmの細い長楕円形で、薄くて柔らかく、つやはありません。

茎は細く、根元は分枝しながら地表を這って伸び、節々から根を出します。

メヒシバの花言葉は、「情緒不安定」。

参照サイト

Wikipedia メヒシバ

松江の花図鑑 メヒシバ

FLOWERs メヒシバ

関連投稿

カヤツリグサ
線香花火のようなカヤツリグサ(蚊帳吊草)の花

カヤツリグサは、花期が8〜10月で、線香花火のような花を咲かせます。茎の断面が三角形となっているのが特徴で、茎を裂くと四角い形をつくることができ、蚊帳ににていることが名前の由来します。中国、朝鮮半島、 ...



~いま見ごろの花たち~

-一年草, 草本, 野草
-,