ガマズミの花

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

樹木 落葉低木

ガマズミ(莢蒾)の白い花が咲いています

2021年6月1日

PR

ガマズミ(莢蒾)は、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、北海道南西部から九州の山地に分布します。昨年10月に、小さな赤い実をつけていたガマズミに、5月から白い花が咲いています。花言葉は、「結合」、「私を無視しないで」など。

ガマズミ(莢蒾)白い花が咲いています

ガマズミの花

近くで見るガマズミの花(5月29日)

近くで見るガマズミの花

冒頭の写真は、梅雨の晴れ間に、山で咲くガマズミの花です。

青い空に、白い花が鮮やかです。

去年までは、見た覚えがないのですが、気づかなかったのでしょうか。

近づいてみると、開花して時間がたっているようで、茶色に変わっているものが多くなっています。

個々の花は5~8mmの大きさで、花びらが5枚、3本ほどでしょうか長く飛び出した雄しべ(だと思います)が印象的です。

ガマズミの花(2)

ガマズミの花(5月29日)

この小さな花々は、散房花序と呼ばれる形で、茎から分かれた、いくつもの枝の先についていています。

このような形で、10cmほどの大きな塊になっています。

どれだけの花が咲いているのか、想像もつかないですね。

ガマズミの樹と葉

ガマズミの樹

ガマズミの樹

周囲に樹々がしげっているので、幹は撮れなかったのですが、

この樹は、まだ2mにもなっていない背の低いものです。

ガマズミは、5mくらいになるとのことなので、まだ成長中の若い樹のようです。

それほど太くない枝がたくさんついていて、その先に花をつけています。

ガマズミの枝と葉

ガマズミの枝と葉

こちらは、まっすぐに上に伸びた枝ですが、間隔を置いて横方向に枝分かれし、

葉が対生でついています。

やがてこの枝にも花が咲くんだろうと思います。

ガマズミの葉

ガマズミの葉

枝の先についた葉の表面には、毛がついており、縁に浅めの鋸歯があります。

また、葉には1cmほどの葉柄があり、卵形から広卵形で、長さ6~14cm、幅3~13cmになります。

ガマズミの実

ガマズミ(莢蒾)の実

ガマズミ(莢蒾)の実

秋には、3~5mmほどのきれいな赤い実をつけます。

実は食べることもでき、果実酒にされたりするようです。

実については、つぎの記事に書いていますので、ご覧ください。

ガマズミ
11月近くなり、ガマズミ(莢蒾)の赤い実がたくさんついています

11月近くなり、ガマズミ(莢蒾)の赤い実が綺麗です。スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、実は動物が好む餌にもなりますが、生食ができ、果実酒やジュース、漬物の色付けに使われたりするようです。木は強く、カ ...

続きを見る

ガマズミ(莢蒾)の基本情報・花言葉

ガマズミ(莢蒾)は、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、北海道南西部から九州までの山地に分布し、樹高は5mほどになります。

ガマズミの名前の由来は、鎌(カマ)の柄に使われ、実が酸っぱい(酸実)ことから「ガマズミ」となったという説や、実を衣類の染料(すり染め)に使ったためとする説などがあるようです。

秋につけた赤い実は、食用になり、果樹酒にされることもあるそうです。

また、花も綺麗に咲き、このように赤い実をたくさんつけるからでしょうか、庭木にされることもあるようです。

木は、強度が高い木ため、雪の上を歩くためのカンジキにも使われたそうです。

ガマズミの花言葉は、「結合」、「私を見て」、「私を無視しないで」。

「結合」は、花のついている様子からつけられたとのことです。

おわりに

梅雨の晴れ間に山に行ってみると、

小柄な樹に白い花がついているのが遠い目に見えました。

近づいてみると、ガマズミの花でした。

青い空によく生え、きれいで豪華な花だと思います。

秋につける赤い実も楽しみです。(^_^)

参照サイト

Wikipedia ガマズミ

松江の花図鑑 ガマズミ

花言葉-由来 ガマズミ

関連投稿

ガマズミ
11月近くなり、ガマズミ(莢蒾)の赤い実がたくさんついています

11月近くなり、ガマズミ(莢蒾)の赤い実が綺麗です。スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木で、実は動物が好む餌にもなりますが、生食ができ、果実酒やジュース、漬物の色付けに使われたりするようです。木は強く、カ ...

続きを見る

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-樹木, 落葉低木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ