PR

レンギョウ

落葉低木

レンギョウ(連翹)の黄色い花が見事です

2021年3月29日

PR

我が家のレンギョウ(連翹)は、3月中頃から咲いています。3cmくらい大きさの黄色い花が、樹全体にたくさん咲くので、にぎやかで見栄えがします。近所のあちこちのお宅にも植えられていて、近隣をにぎわせてくれて元気をもらっています。

レンギョウの花

レンギョウの花
我が家のレンギョウの花

我が家のレンギョウは、10年以上まえに

母が知り合いのおばさんから頂いてうえたものです。

周りにいろんな樹や花が植えられていて場所が狭いので、

毎年伸びてきた枝を切って、小さめに育てています。

樹高は、130cmくらいでしょうか。

小さな樹ではありますが、黄色い花をたくさんつけて、

庭を、賑やかで、明るくしてくれています。

黄色は、光や太陽をイメージさせると言われますが、

こころも楽しくしてくれるようですね。 *\(^_^)/*

たくさんのレンギョウの花
たくさんのレンギョウの花

レンギョウは、英語では、ゴールデンベルと呼ばれるそうです。

なるほど、黄金いろに輝き、ベルを思わせるきれいな花ですね。

レンギョウの花と虫
レンギョウの花と虫

花の大きさは、2~3cmくらいで、花びらは4枚。

この4枚に見える花びらは、元の部分が筒状につながった合弁花になっています。

飛び始めた虫たちも、花に集まってきているようです。

レンギョウは、大きく育てると枝の先が垂れ下がり、

地面につくほどになるようです。

たくさんのレンギョウの樹と花
たくさんのレンギョウの樹と花

写真のようにたくさんの樹を大きく育てているのも

見かけますが、これだけ咲くと、さらに見栄えがします。

私は、そんなことも思い、山にも植えていて、

そちらも楽しみにしています。

花が終わると、入れ替わりに勢いよく若い葉がでてきます。

元気な樹で、庭のレンギョウもどんどん伸びてくるので、

年に何回か枝を切るようにしています。

切った枝を使って挿し木にすると、よく発根します。

増やしやすい樹だと思います。

レンギョウの基本情報・花言葉

レンギョウ(連翹)は、中国原産の、モクセイ科レンギョウ属の落葉低木で、

樹高は1~3mになります。

レンギョウの名前は、漢名の連翹を音読みしたものですが、

日本へは1681年~1683年ころ伝来したと言われます。

また、枝が中空になっているため、レンギョウウツギ(連翹空木)とも呼ばれます。

近縁種にシナレンギョウ、チョウセンレンギョウなどがあります。

レンギョウの花言葉は、「期待」、「希望」、「集中力」。

 

おわりに

レンギョウは、春に多いと言われる黄色い花の代表の一つではないかと思います。

樹全体に咲くたくさん咲く明るい黄色は、

人の気持ちも明るくしてくれます。

レンギョウは中国から伝来した樹ですが、

先人はいろんなところから有用な植物を探し

日本に持ち帰ってくれたんですね。

昔の人に感謝したいと思います。 \(^G^)/


参照サイト

Wikipedia レンギョウ

庭木図鑑 樹木ペディア レンギョウ

松江の花図鑑 レンギョウ

かくれみの チョウセンレンギョウ

花言葉-由来 レンギョウ

 

関連投稿

レンギョウ・ボケも咲いた!

 

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-落葉低木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ