PR

ヤツデ

常緑低木

ヤツデ(八手)が実をつけています

PR

公園に生えているヤツデ(八手)(別名:テングノハウチワ)に実がついています。花期は10~12月なので、花が終わり緑色の実をつけているところのようです。葉は八つの切れ込みがあって、九つに分かれていることが多いようですが、ヤツデと呼ばれます。なぜなのでしょう。

ヤツデ

ヤツデの若い実(2月)
ヤツデの若い実(2月)

公園のヤツデ(八手)が、たくさんの実をつけていました。

長く伸びた茎にたくさんの緑色の実がついています。

12月ころに咲いた散形花序が実に変わったもので、

実も半端ない数になっています。

実に中には汁気が入っている液果で、直径は数mm程。

熟した実
熟した実

この実は4~5月になると、黒っぽく熟します。

以前この種を少しもらってまいたことがありますが、簡単に発芽しました。

ヤツデの花
ヤツデの花

ヤツデの花は、茎の先端に散形花序で咲きますが、この散形花序が茎全体に円錐花序でついています。

個々の花は直径が5mm程で、花弁が5枚、雌しべと雄しべが5本ついているようです。

花が少ない11~12月に咲くため、蜂やハエなどの昆虫が喜んで蜜を吸いにくるようです。(^O^)

ヤツデの葉の付き方

ヤツデの葉は、長い葉柄をもっていて、茎に輪生または互生して付きます。

葉の形はほぼ円形ですが、掌状になっていて、7~9個に割れています。

ヤツデの葉
ヤツデの葉

葉の直径は20~40cmくらいで、厚みがあり葉には全体にゆるい鋸歯がついています。

葉が大きく、手のように分かれてごつごつしているので、近くでみると存在感があります。

若い葉は最初は卵形ですが、最初に3裂し、次第に裂数を増やして7~9個の奇数に分かれるようです。

葉が8つに分かれることはないようなのですが、なぜヤツデと呼ばれるかというと、

8が末広がりでめでたいのと、8にたくさんの意味を込めたため、とのことです。

7つや9つに分かれるので、少し違っても8にしたということのようですね。

ちょっと面白いですね。 *(^o^)*

ヤツデの分布・花言葉など

ヤツデは、日本原産のウコギ科ヤツデ属の常緑低木で、茨城県以南の太平洋側から沖縄に分布すると言われます。

樹高は1~3mになり、日陰に強いため日当たりのよくない林の中でも見られるようですが、

庭木や公園などにも良く植えられているのを見かけます。

葉を乾燥させたものは、生薬として使われるようですが、

葉にはサポニンが含まれているため、過剰に摂取すると下痢や嘔吐を起こす場合があるようです。

   

ヤツデの花言葉は、「分別」、「健康」、「親しみ」。

おわりに

庭木や公園樹によく植えられているヤツデは、

特徴のある大きな葉で、一目でそれとわかり、親しみのある樹だと思います。

1年中、きれいで大きな緑色の葉をつけ、冬に白い花をたくさん咲かせる低木なので、

庭木などにされてきたのも頷けます。 

参照サイト

 Wikipedia ヤツデ

 Green Snap ヤツデ

  

PR

PR

ランキングの応援をお願いします!

-常緑低木
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ