カテゴリー
落葉高木

ムクロジ(無患子)の黒い実

ムクロジ(無患子)の実は、昔から、果皮が洗剤として、種は羽根つきの羽根の珠に使われてきました。漢字では、「子が患わ無い」と書かれ、邪気を追い払うと伝えられてきたようです。

ムクロジの実の利用

ムクロジの実
ムクロジの実

冒頭の写真は種で、上の写真が実になります。

実は、黄色っぽい果皮におおわれており、

この中に、黒い種が入っています。

樹になったムクロジの実
樹になったムクロジの実

我が家にも、ムクロジの樹はあるのですが、

まだ、実をつけないので、写真は、購入したものです。

(>_<)

一昨年ころから、木の実でアクセサリーのようなものができないかと、いろいろ考えてみたのですが、

ムクロジの実は、固くてしっかりしていて、

縁起もいいので、少しつくってみました。

近くの土産もの販売所においてもらいましたが、

少しづつ買ってもらってはいるようです。

羽根突きの珠と数珠

羽子板と羽根
羽子板と羽根

いまでは、ほとんど遊ばれなくなった「羽根突き」ですが、

ムクロジの種は、羽根の下につけられた珠に、

使われていたとのことです。

大きさは、10~13mmほどで、

たしかに硬くて、少々たたいても割れそうにありません。

羽根を、蚊を食べる蜻蛉(トンボ)と見たてて、

それを打ちあうことによって、

無病息災を願ったとの説もあるようです。

羽根付きは、正月の子供の遊びですが、一年の厄をはね、

子供の健康と成長の願いも込められているんでしょうね。

 

釈迦が、自分で108個のムクロジを作った数珠を与えた、

と言い伝えられており、

いまでも、数珠や腕輪念珠などに使われているようです。

ムクロジの果皮の洗剤

ムクロジの果皮には、サポニンがふくまれており、

水に浸すと泡が立ち界面活性剤の働きがあり、

殺菌作用もあることから、

昔から洗剤として利用されてきたようです。

平安時代には、公家屋敷によくて植えられ、

洗濯や洗髪に使用されたと言われます。

このように、洗浄作用があることも、邪気を払うと連想されたとも、考えられているようです。

ムクロジの樹

ムクロジの樹
ムクロジの樹

ムクロジは、茨城県・新潟県以南に分布する、雌雄同株の落葉高木で、大きいものでは20mの樹高になるとのことです。

人家周辺や公園、神社などに植えられていることが多いようです。

秋には、黄色に紅葉し、きれいです。

ムクロジの葉痕
ムクロジの葉痕

こちらは、我が家のムクロジの枝で、最近とったものです。

ムクロジが葉を落としたあとが、

猿の顔のように見えると聞いたので、撮ってみました。

あまりはっきりしないのですが、拡大した部分をみると、

たしかに、そんな形にみえます。

(もう少しわかりやすい写真にしたいと思っています。)

これは、ムクロジの3つの維管束の痕の配置が、

両目と口の部分に位置しているためのようです。

ちょっと面白いですね。        (*^^*) 

ムクロジの花言葉は、不明です。

言い伝えなどを知ると、何か適したものがありそうですけど・・

おわりに

ムクロジは、昔から数珠、羽根突きの羽根の珠、洗剤などに利用されてきました。

いまは、あまりなじみのないムクロジですが、歴史を遡ってみると、興味深いことがあるんだと思いした。

種はしっかりしていて、きれいな黒い色をしているので、アクセサリーに使うのも面白いと思います。

参照サイト

 Wikipedia ムクロジ

 松江の花図鑑

 BOTANICA

関連投稿

 木の実のハンドメイドアクセサリー

   

プッシュボタンのお願い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
楽天ROOM、コーヒー特集中!

私のroom

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA