PR

サルナシの実

蔓性植物

サルナシ(猿梨)も実をつけています

2020年8月13日

PR

キウイの仲間で、サルが好んで食べると言われるサルナシ(猿梨)の実が大きくなっています。サルナシに実がついているのを、ときどき見かけますが、いつの間にかなくなっています。やはり、サルに先を越されて食べられているのでしょうか。

サルナシ

サルナシの実

サルナシの実
サルナシの実

林道を走っていて見かけたサルナシ(猿梨)です。まだ熟していませんが、たくさんの実がついています。

ベビーキウイなどと言われますが、キウイのような表面の毛はなく、すべすべしていて、味はキウイの感じです。

名前の由来は、猿が好んで食べる梨のような実という説や、猿がなしと間違えて食べる、といった説があるようです。

猿や熊が好んで食べる植物であることは間違ありません。彼らは、よく見ていて、食べごろがわかっているようで、いつの間にか無くなっています。

人も、当然生食できますが、ジャムやジュースなどにして食べられています。

サルナシの樹

サルナシの樹
サルナシの樹

谷筋などの、水分の多いところでよく見かけます。実(ミ)は良くみかけますが、私は、いつも採るのがおくれ、お猿に食べられています。

写真のように、近くの樹に絡みついて上に登り、上から垂れ下がってたくさんの蔓(ツル)を伸ばしています。

樹の条件に対応しつつ、光を求めて自由自在に伸びています。

以前、蔓(ツル)が太く大きくなっており、藤の蔓(ツル)などと一緒にからみあって育っていました。

蔓の表面があまり綺麗と思わなかったので、切ってしまいました。それがサルナシ(猿梨)蔓でした。

それまで、よく実がついていたのですが、その後、実をつけなくなりました。よく確認しておけば良かったと後悔です。

そのうち回復するだろうと思いますが、勿体ないことをしました。せっかく大きくなっていたのを・・・

植物が育つのは時間がかかりますが、切るのは一瞬のことです。慎重さが必要だと痛感した次第です。

増やす方法としては、挿し木や取り木が適用できます。何回か試したことがあります。

サルナシの花

サルナシ(猿梨)の花

サルナシ(猿梨)の花

サルナシ(猿梨)は、キウイと同じように雌雄異株です。ただし、栽培用のものは自家結実性のものもあります。

このためか、キウイの花に似た花を咲かせます。

キウイの花

キウイの花

 

どうでしょうか。

よくにていますね。(^_^)

 

サルナシの基本情報・花言葉

サルナシは、マタタビ科マタタビ属の雌雄異株もしくは雌雄雑居性で、蔓(ツル)性の落葉性植物です。

日本列島、中国大陸、朝鮮半島に分布します。

蔓(ツル)は、赤茶色で、太くなると黒っぽい茶褐色になり樹皮がはがれます。太さは5cm、長さは50mになることもあると言われます。

蔓(ツル)は、丈夫で腐りにくいため、昔から吊り橋の材料などにも使用されてきました。

小物では、マタタビやアケビと蔓(ツル)と同じように、リースや編み物の材料としても利用されています。

また、マタタビの実は、猿や熊によって好んで食べられますが、糞によって種子が散布されます。

山間地での栽培に適してると考えられ、過疎対策として栽培されることもあるようです。

 

サルナシの花言葉は、「誘惑」。

おわり

サルナシ(猿梨)の実も元気に育っていて、もうすぐ食べごろになりそうです。

動物の貴重な食べ物なので、山にたくさん生えないと、動物も人も困ることになります。

参照サイト

Wikipedia サルナシ

BONTANICA サルナシ

関連投稿

ノブドウ
ノブドウ(野葡萄)とヤマブドウ(山葡萄)

実りの秋に、ノブドウ(野葡萄)にたくさんの実がついています。よく似た野生のブドウであるヤマブドウ(山葡萄)と違って、ノブドウは生食しないようですが、実は果樹酒、葉は健康茶として利用されることがあるよう ...

続きを見る

キウイ
今年もキウイを収穫しました

10月末にキウイを収穫しました。キウイはまだ硬いうちに収穫し、追熟して食べます。今年は、残念ながら例年より収穫が少なくなりました。原因はよくわからないのですが、剪定不良、受粉不足などかと思います。梅も ...

続きを見る

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-蔓性植物
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ