オオデマリ

PR

検索

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

樹木 落葉低木

オオデマリ(大手毬)は装飾花だけで咲く白い花です

オオデマリは、両性花と装飾花で咲くヤブデマリの花が、すべて装飾花になった球形の花を咲かせる落葉低木です。花は4~5月に咲き、直径7~10cmほどの大きさで、手毬のような形の白やピンクの花です。また、葉は円形で葉脈が目立ち、秋の紅葉がきれいです。

オオデマリ(大手毬)は装飾花だけで咲く白い花です

オオデマリの白い花

オオデマリの花

オオデマリの花

車で通りかかった空き地で、オオデマリ(大手毬)の花がさいていました。

3mほどの高さの樹に、小さな花がたくさん集まった球状の大きく、白い花が、たくさん咲いて綺麗です。

昨日記事にした、コデマリ(小手毬)の花が3~5cmの大きさなのに対して、オオデマリは7~10cmほどで、2倍ほどの大きさになります。

コデマリの花
コデマリは、5弁の花が花序になって3~5cmの白い花を咲かせます

コデマリ(小手毬)は、直径1cmほどの5弁の花が、10~20個花序になって3~5cmの手毬のような白い花を咲かせます。花期は4~6月で、葉が出るのと同時に、樹全体にたくさんの花がつきます。中国東南部原 ...

続きを見る

写真をよく見ると、オオデマリの個々の花は、花びらが5枚のように見えますが、中心部に雄しべや雌しべが見られません。花びらのように見えるのは、ガクアジサイのように咲くヤブデマリが装飾花がだけになったものとのことです。

ヤブデマリの花

ヤブデマリの花

こちらがヤブデマリ(藪手毬)の花で、中心部の両性花と周辺部の装飾花から構成されています。この花の両性花がなくなり、周辺部の装飾花だけで咲くようになったのが、オオデマリとのことです。

装飾花の形も大きく変わって、全体が丸い球状の花になったようです。植物の世界では、このような変化が起こるのですね。驚きました。

このように、オオデマリの花には、雌しべや雄しべが無いので、果実もつきません。

たくさん咲くオオデマリ

たくさん咲くオオデマリの花

樹にはこのように、たくさんの花が咲いていて、よく目につきます。

アジサイの花ににていますが、高くまで咲いていて少し趣が違うようです。

花言葉は、華やかな恋」「約束を守って」「天国」で、5月27日の誕生花です

「華やかな恋」は、人目を引くように咲く白く美しい花の様子に由来するといわれます。

オオデマリの葉

オオデマリの葉

オオデマリの葉

オオデマリの葉は、写真のように丸い形をしていて先が尖りまあう。また、葉脈が目立ち、側脈の数は10~15対になります。

秋には、赤や黄にきれいに紅葉すると言われます。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。(*^m^*) 

オオデマリの基本情報・花言葉

オオデマリ(大手毬)は、日本原産のヤブデマリ(ガク咲き)の花がすべて装飾花(手毬咲き)になったもので、レンプクソウ科ガマズミ属の落葉低木です。(ケナシヤブデマリの方が近縁との説もあります)

ヤブデマリは、中国、台湾から日本の本州以南の分布し、ガクアジサイのような中心部に両性花をつけ周囲に白い装飾花をつける花になります。花が咲いた後は、両性花に果実がつきますが、両性花がないオオデマリには果実がつきません。

日本では非常に古くから栽培されている園芸品種で、庭木や切り花にされてきました。

名前は、大きな手毬のような形の花が咲くことに由来します。別名は、テマリバナ(手毬花)。

学名は、Viburnum plicatum var. plicatum f. plicatum

英名は、Japanese Snowball

花期は4月~5月で、白やピンクの装飾花だけの花を咲かせます。個々の花は先端が5つに分かれており、たくさんの花がついて、直径7~10cmの球形になります。

葉は大きな円形で、先が尖り葉脈が目立ち、秋にはきれいに紅葉します。

樹高は2~6mで、樹皮は灰褐色で皮目があり、平滑です。

オオデマリの花言葉は、「華やかな恋」「約束を守って」「天国」で、5月27日の誕生花です

参照サイト・書籍

Wikipedia オオデマリ ヤブデマリ

庭木図鑑 樹木ペディア オオデマリ

みんなの趣味の園芸 オオデマリ

花言葉-由来 オオデマリ

城川四郎他解説 山と渓谷社 「山渓ハンディ図鑑5 樹に咲く花

PR

PR



カテゴリー

ギャラリー

PR

PR

PR ー断捨離はこちらで!ー

楽天ROOM

私のroom

-樹木, 落葉低木
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ