アキニレの実

PR

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

樹木 落葉高木

アキニレ(秋楡)に実がついています

PR

アキニレ(秋楡)は、中国、朝鮮半島、台湾、インドシナや、日本の中部地方以西に分布するニレ科の落葉高木です。山野や川岸などに自生し、街路樹などにもされます。奈良市内の空き地で見かけたアキニレの様子や、近縁種のハルニレとの違いについて書きました。

アキニレ(秋楡)に実がついています

アキニレの実

アキニレの実

アキニレの実

線路沿いの草地にアキニレ(秋楡)の樹が生え、実がついていました。

調べたところ、実の形から、ニレと思われました。最初はハルニレかと思ったのですが、ハルニレは4~5月に花が咲いて実をつけ、7月ころに落下するとのことなので、写真のニレは、アキニレだと判断しました。

渡すは、ニレと聞くと、舟木一夫の「高校3年生」を思い出します。歌のニレは、どちらなのでしょうか。

ハルニレは、春に花が咲き、樹高が20~30mで、全国に分布しますが、アキニレは、9月に花が咲き、樹高が15mで、中部地方以西に分布します。一般的には、ニレというと、ハルニレのことのようです。

実は、ちょっと変わった形で、種の周りが膜状のものがついた翼果で、風で飛ばされて種子散布されます。

残念ながら、花の写真は準備できませんでしたが、本年枝の葉腋に4~6個ずつ集まってつきますが、花被は鐘形で、基部近くまで深く4裂し、雄しべ4本、雌しべ1本で構成されます。(^ ^;)

アキニレの葉

アキニレの葉

葉は枝に互生し、形は長楕円形で縁に鋸歯がありますが、写真のように基部が左右非対称になります。

秋に黄葉すると言われます。こちらの樹はまだ、緑の状態です。

この樹は、線路沿いの空き地で見つけたものですが、幹が株立ちになっていました。

一般的に、樹高は15mほど、太さ0.6m程度になると言われます。また、樹皮は灰緑色~灰褐色で、小さな皮目があり、不揃いな鱗片状にはがれます。

アキニレの樹

アキニレの樹

アキニレの材は、ケヤキの代用として刳(ク)りものや什器の材料にされてきたようです。

また、樹皮は、縄を作るために使われてきたと言われます。

アキニレ(秋楡)の基本情報・花言葉

アキニレ(秋楡)は、中国、朝鮮半島、台湾、インドシナや、日本の中部地方以西に分布するニレ科ニレ属の落葉高木です。山野や川岸などに自生しますが、庭木や街路樹などに植えられています。

アキニレの名前は、春に花が咲くハルニレに対して秋に花が咲くためにつけられ、「ニレ」は「濡れ」が変化したもので、樹皮を剥ぐと粘液が生じて幹が濡れたように見えることに由来するとする説や、韓国名の「nulum」に由来するという説があるとのことです。

別名は、イシゲヤキ(石欅)やカワラゲヤキ(河原欅)があります。材がイシ(石)のように固く、カワラ(河原)で良く自生し、樹形や樹皮の様子がケヤキ(欅)ににていることからつけられたと言われます。

学名は、Ulmus parvifolia。英名は、lacebark elm, Chinese Elm。

花期は9月で、本年枝の葉腋に4~6個ずつ集まってつきます。花被は鐘形で、基部近くまで深く4裂します。雄しべは4個、雌しべは1個で、花柱は2裂します。

実は翼花で、長さ1cmほどの扁平な広楕円形で、10~11月に成熟します。

葉は互生し、長さ2.5~5cm 幅1~2cmの長楕円形で長さ3~6mmの葉柄があり、縁には鋸歯が見られます。

樹高は15m、直径は0.6mになります。樹皮は灰緑色~灰褐色で、小さな皮目があり、不揃いな鱗片状にはがれます。

ニレの花言葉は「高貴」、「尊厳」、「威厳」、「愛国心」で、3月10日の誕生花です

参照サイト・書籍

Wikipedia アキニレ

庭木図鑑  樹木ペディア アキニレ

情報サイト 誕プレ ニレ

高橋秀男校閲 池田書店 「葉っぱ・花・樹皮でわかる樹木図鑑

PR

PR



PR

PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-樹木, 落葉高木
-, ,

© 2021 山に出かけてecoライフ