ヒメクグの花

PR

ブログランキングの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/      人気ブログランキング


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

多年草 草本 野草

ヒメクグ(姫莎草)の小さく丸い花

2021年10月19日

ヒメクグ(姫莎草)は、中国~インドや日本の本州以南に分布するカヤツリグサ科ヒメクグ属の多年草です。名前は、「クグ(莎草)」がカヤツリグサ類の古名で、小さいことから「ヒメ」とつけられたようです。畑などに生えると厄介ですが、丸く可愛い花序をつけます。

ヒメクグ(姫莎草)の小く丸い花

ヒメクグの花

ヒメクグの花

ヒメクグの花

7月ごろから、畑の近くの草むらで、ヒメクグ(姫莎草)に花(花序)がついているのを見かけましたが、10月にも咲いています。

20cmくらいに伸びた花茎の先端に、緑いろで、たくさんの小さなツブツブ(小穂:ショウスイ)をつけた花序で、全体のきさは10mmくらいでしょうか。

特徴がある形なので、小さくてもよく目につく可愛い花ですが、畑では嫌われ者です。

ヒメクグの名前は、「ヒメ」は小さいことを意味し、「クグ」は、カヤツリグサの古名であることに由来します。

ここでは、ヒメクグとしましたが、仲間のアイダクグの可能性があります。恐縮です。

以前記事にした、カヤツリグサの仲間ですが、スズメノヤリにも感じがにています。

スズメノヤリ
丸っぽく茶色い花のスズメノヤリ(雀の槍)

野原でスズメノヤリ(雀の槍)を見つけました。別名は、シバイモ、スズメノヒエ(雀の稗)で、キツネノタバコ、などとも呼ばれるそうです。細い茎の先に、丸っぽく、茶色い花序をつけているので、一目でわかります。 ...

続きを見る

スズメの槍は、花序は茶色い色をし、茎の様子も違っているので、間違うことはないかと思います。

遠くから見ると、緑の丸い塊にしか見えませんが、近づいてみると、

拡大したヒメクグの花序

拡大したヒメクグの花序(1)

たくさんの小穂’(ショウスイ)がついて花序を構成していることがわかります。

小穂は、イネでいうと、ひと粒一粒をいうのではないかと思いますが、それがたくさん集まってついているようです。

この写真では、小穂(4mmくらい)の先から白いものが伸びて、その先が二つに分かれているようですが、これは雌しべの柱頭でしょうか。小穂には、一個の実がつくようです。

つぎの写真には、まだツボミなのでしょうか、雌しべらしきものは、ほとんど見られないようです。

ヒメクグの花序

ヒメクグの花序(2)

マクロ写真で撮って見ると、違った姿を見ることができて、より楽しめますね。

草むらではほかの草木のために、全体の姿がわかりにくいのですが、ヒメクグだけが生えているのを見かけました。

太陽があまり当たらない日陰ですが、群がって生えています。

地下茎が周囲に広く伸びて、あちこちから花茎が立ち上がっているようです。

たくさん生えたヒメクグ

たくさん生えたヒメクグ

ヒメクグの葉と茎

ヒメクグの茎と葉

ヒメクグの花茎と葉

こちらは、花茎が伸びた根元を撮ったものです。根元から根生葉がでていて、その中心から花茎を伸ばし、先端に花序を付けています。

写真ではわかりませんが、茎は断面が三角状で、この点も特徴があります。

あまりいい写真ではないのですが、つぎの写真には、花序の下に葉のようなが3枚写っています。

ヒメクグの苞は、このように長くのびた葉のようになるのが特徴です。

ちょっと変わっていますね。

ヒメクグの3枚の苞

ヒメクグの3枚の苞

ヒメクグ(姫莎草)の基本情報・花言葉

ヒメクグ(姫莎草)は、中国、インドネシア、インド、日本の本州以南に分布するカヤツリグサ科ヒメクグ属の多年草です。

莎草」は、ササメやシャソウとも読まれ、スゲやチガヤなどのようにしなやかな草を意味し、カヤツリグサ類の古名です。「姫」とつくのは、小さいカヤツリグサの意味を持たせるためとのことです。

学名は、Kyllinga brevifolia Rottb. var. leiolepis。

花期は7~10月で、花序には花柄がなく球状で、大きさは直径5〜12mm、たくさんの小穂をつけ密につけて、緑色です。苞葉は3枚前後つき、長くのびます。小穂は長さ3〜4mmで長楕円形であり、完熟すると基部から脱落します

実は、小穂1個あたり1つだけで、熟すと、小穂の基部から外れて落下します。

花茎を出す前は、黄緑色の根出葉が広がって伸びます。花茎は断面が三角で、緑色でつやがあり、先端に花序がつきます。花序のすぐ下には、長さが異なる葉状の3枚ほどのがつきます。

葉は柔らかく扁平で、幅は2〜3mm、やや平滑です。

また、茎は直立し、10~15cmの高さになります。

地下茎は浅い土の中を横に這い、茶色の鞘に包まれます。そして、節ごとにまばらに花茎を出し先端に花序をつけます。

近縁種に、アイダクグオオヒメクグがあります。

花言葉や誕生花は不明です

参照サイト

Wikipedia ヒメクグ

松江の花図鑑 ヒメクグ アイダクグ

野の花賛花 オオヒメクグ

芝地の雑草の見分け方と防除(10) カヤツリグサの仲間

関連投稿

カヤツリグサ(蚊帳吊草)の花

カヤツリグサ(蚊帳吊草)は、中国、朝鮮半島、日本の本州から九州に分布する、カヤツリグサ科の一年草です。名前は、茎を裂くと四角い形をつくることができ、蚊帳ににていることに由来すると言われます。花期は8〜 ...

続きを見る

スズメノヤリ
丸っぽく茶色い花のスズメノヤリ(雀の槍)

野原でスズメノヤリ(雀の槍)を見つけました。別名は、シバイモ、スズメノヒエ(雀の稗)で、キツネノタバコ、などとも呼ばれるそうです。細い茎の先に、丸っぽく、茶色い花序をつけているので、一目でわかります。 ...

続きを見る

PR

PR



PR

PR

楽天ROOM

私のroom

-多年草, 草本, 野草
-,

© 2022 山に出かけてecoライフ