ハナトラノオの花

ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ/     


山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

ガーデニング 草花

ハナトラノオ(花虎の尾)のピンクの花

PR

ハナトラノオ(花虎の尾)は、北アメリカ東部原産のシソ科の宿根草です。日本へは、明治末から大正期のころ、観賞用として移入されましたが、今は野生化も見られるようです。花期は7~10月で、長く伸びた茎の先に、穂状に鮮やかなピンクの花を次々に咲かせます。

ハナトラノオ(花虎の尾)のピンクの花

ハナトラノオの花

ハナトラノオのピンクの花

ハナトラノオのピンクの花

近くの道沿いに作られた花壇で咲くピンクのハナトラノオの花です。

まっすぐに伸びた茎の先に、たくさんの唇状の花を並べてつけています。

このように見ると、鮮やかで、華やかな花だと思います。

近づいて見るハナトラノオの花

近づいて見るハナトラノオの花

花の長さは3cmくらいで、直径2cmくらいでしょうか、下唇は白っぽく、縦方向に濃い紅の点状の模様が入っています。上唇は、花を覆うように、下向きに垂れています。

花の中には、雄しべが4本、先が2つに分かれた雌しべがついていますが、花全体のピンクがきれいですね。

ハナトラノオの花言葉は、「達成」、「達成」、「感望みの成就」、「希望」、「あなたとの約束」、「素直さ」などたくさんあるようなのですが、皆、感じのいいものですね。

たくさんついたツボミを見て、明日はここまで咲くかもしれないと期待していたところ、そうなったので達成の花言葉がついたとか。

つぎつぎに咲く花を、予想や期待しながら毎日見るのも、楽しいかもしれませんね。(#^.^#)

ハナトラノオの花とクロアゲハ

ハナトラノオの花とクロアゲハ

昨年の写真ですが、クロアゲハも飛んできて蜜を吸っていました。

クロアゲハは、オニユリやクサギなど、いろんな花によく飛んできているのを見るにですが、ここへも来ていました。

ハナトラノオは、北アメリカ東部から、明治末期ころに日本に観賞用に持ってこられたと言われますが、地下茎で伸びる強い花で、繁殖力が強い植物だと言われます。いまは、野生化したものも、見られるようです。

茎・葉

ハナトラノオの葉

ハナトラノオの茎と葉

ハナトラノオは、地下茎からまっすぐに茎を出し、その先に花を咲かせますが、茎の断面は四角形状で角ばっています。

葉は対生し、葉柄はなく、形は披針形から長楕円形で先が尖り、鋸歯があります

対生してついた葉の付け根からは、茎がのび、その先にも穂状に花を咲かせているのがわかりますね。(^⊆^)

ハナトラノオ(花虎の尾)の基本情報・花言葉

ハナトラノオ(花虎の尾)は、北アメリカ東部原産のシソ科トラノオ属の多年草です。日本へは、明治末から大正期のころにはいってきたと言われます。

ハナトラノオの名前は、長く伸びた茎に横向きについた花が、次々に咲く様子が虎の尻尾のようだとしてつけられたと言われます。

別名は、カクトラノオ。花の形が四角で角ばっていることに由来するようです。

学名は、Physostegia virginiana。英名は、virginia lion’s heart。

花期は7~10月で、茎の先に長さ20cmほどの穂を出し、長さ3cmほどのピンクの唇形の花を4列につけます。

葉は対生し、披針形から長楕円形で、鋸歯があります。

茎は断面が四角形で、地下茎から直立し、無毛で断面は四角形で、高さ1〜2mほどになります。

地下茎がよく伸び、育てやすい花と言われ、当初栽培されていたのもが野生化しているものもみられるようです。

ハナトラノオに花言葉は、「達成」、「達成感」、「望みの成就」、「希望」、「あなたとの約束」、「素直さ」で、

6/20、7/20、7/27、8/19、10/31、1/7の誕生花です

たくさんついたツボミを見て、明日はここまで咲くかもしれないと期待していたところ、そうなったので達成の花言葉がついたとのことのようです。

参照サイト

みんなの趣味の園芸 ハナトラノオ

Green Snap ハナトラノオ

Chills Laboratory ハナトラノオ

PR

PR




楽天ROOM

私のroom

-ガーデニング, 草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ