PR

シランの花

ガーデニング 草花

シラン(紫蘭)のきれいな花が咲いています

PR

紫が鮮やかなシラン(紫蘭)が咲いています。野生種は準絶滅危惧種ですが、栽培品種は日陰でもよく育ち、乾燥や加湿に強い、ラン科の宿根性植物です。花期は4~5月、はば広で長くのびる葉もきれいな花です。花言葉は、「あなたを忘れない」「変らぬ愛」。

シラン(紫蘭)のきれいな花

庭のシランの花

庭のシランの花

近くのお宅の花壇に咲いたシラン(紫蘭)を撮らせていただきました。

紫が鮮やかで、きれいな花だと思います。

 

花被片(花びらと萼)が6枚で、中心部の舌弁は3つに分かれていて、そのうちの一つにヒダ(襞)

がついています。このヒダが特徴的ですね。

 

たくさん咲いたシランの花

たくさん咲いたシランの花

花の大きさは4cmくらいで、地面から50cmほど伸びた茎に、総状花序で5、6個くらいついているようです。

シランは、日陰でも育ち、乾燥や加湿にも強く、育てやすい植物とのことで、花壇に植えられているのをよく見かけます、

葉は、地下から勢いよく伸びていて、

シランの葉

シランの葉

縦方向の筋がよく目立ちます。

葉は披針形で、幅が4~5cmくらい、長さが40~50cmくらいで、地下茎から数枚が勢いよく伸びており、葉の間から花をつける茎がのびています。

この葉もきれいですね。

花が咲いた後は、実ができますが、

シランの殻

シランの殻

去年の実の殻が残っていました。

完全に開くのではなく、途中に隙間ができて、形は保ったままのように見えます。

この隙間から種が落ちたのでしょうね。

植物の実には、いろんな形でのこっていることがありますが、興味深いですね。

以前書いた、シャクナゲサルスベリなどの実も、たのしい実だと思います。

 

シランは、紫いろの花をよく見かけますが、

白いシランの花

白いシランの花

白いシランも時々見かけます。他にも、斑入りのシランなど、いろんな種類があるようですね。

 

シランの基本情報・花言葉

シラン(紫蘭)は、中国、台湾、日本が原産で、日本では関東地方以西に自生すると言われる、ラン科シラン属に宿根草です。

野生種は準絶滅危惧種とのことですが、半日陰から日陰でも、乾燥地や湿地でも育つ、丈夫な植物とのことで、栽培されているのをよく見かけます。

花期は5~6月で、30~50cmほどに伸びた葉から出た茎の先に、紫いろの花を総状花序で7~8個つけます。

鑑賞用の栽培品種として、白色、斑入り、など各種のものがあるようです。。

葉は、地上の茎が変形した偽球茎と言われる地下茎から、幅が広く表面に縦方向の筋が入ったものが数本出ます。

 

シランの花言葉は、「あなたを忘れない」、「変わらぬ愛」。

 

おわりに

いま、シラン(紫蘭)の花をよく見かけます。

鮮やかな紫がきれいな花で、地下茎で増えるので、たくさん生えていることが多いようです。

日陰でもよく育つようなので、場所があれば植えてみたい花だと思います。

 

参照サイト

Wikipedia シラン

みんなの趣味の園芸 シラン

みんなの花図鑑 シラン

LOVEGREEN シラン

 

関連投稿

ニワキ
サルスベリとウバメガシを剪定

サルスベリ(百日紅)、ウバメガシ(姥目樫)などの、庭木を剪定しました         <目次> 我が家の庭木の剪定サルスベリウバメガシおわりに参照サイト関連投稿 我が家の庭木の剪定 剪定後の姿 庭木の ...

続きを見る

シャクナゲの花
シャクナゲ(石楠花)の花がきれいです

  4月初めころからでしょうか、シャクナゲ(石楠花)の花が咲いています。枝の先にツツジににたピンクやシロの大きな花を総状にたくさんさかせており、豪華できれいです。野生のものはみかけませんが、 ...

続きを見る

PR

PR



ブログ順位ランキングへの応援をお願いします!

   ブログランキング・にほんブログ村へ/     


PVアクセスランキング にほんブログ村

山に出かけてecoライフ - にほんブログ村

PR


-ガーデニング, 草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ