PR

ナズナ

野草

春の七草、ナズナ(別名ペンペングサ)の花、実、葉

2021年4月21日

PR

春の七草のひとつ、ナズナ(薺)に白い花がさき、三味線のバチのような形と言われる実がたくさんついています。有史以前の帰化植物で、食用や民間薬にも利用されてきたようです。「ペンペングサも生えない」の比喩があるように、痩せた地でも育つ植物のようです。

ナズナ

ナズナの花

たくさん咲いたナズナ
たくさん咲いたナズナ

畑の近くにナズナ(別名ペンペングサ)がたくさん生えていました。

春の七草として正月の頃からでる若葉が食用にされます。

日本全国どこでも見られる越年草ですが、

いまは、白い花が咲き、面白い形の実をつけています。

花は、2月ごろから6月にかけて咲くようですが、

ナズナの花
ナズナの花

30cmほどに伸びた茎の先に、総状花序に、3mmほどの白くて小さな花をたくさんつけています。

総状花序の特徴で、花は茎が伸びながら、つぎつぎに咲いています。

近ずいてよく見ると、4枚の花弁の可憐な花です。

ナズナの実

ナズナの実
ナズナの実

ナズナの実(ミ)は、特徴があるので、実を見るだけでナズナとわかります。

三味線の(バチ)ににていると言われますが、

ハート形とも言えそうですが、どうでしょうか。

ナズナの葉

ナズナの葉
ナズナの葉

ナズナの葉は、初期にはロゼット状の根生葉が出て大きくなり、

茎が伸びるにしたがって茎を囲むようについた葉がつきます。

 

ナズナのロゼット状の根出葉
ナズナのロゼット状の根出葉

食用にするのは、根生葉が主になるようです。

 

ナズナの基本情報・花言葉

ナズナは、北半球に広く分布し、日本では全土に生える、アブラナ科ナズナ属の越年草です。

史前帰化植物で、古くから日本で繁殖し、

春の七草など、早春から若葉を食べることができる植物として、

また、薬効があるとして民間薬としても利用されてきたようです。

名前は、春に生えて夏に枯れるため「夏無き菜」から「夏無(ナツナ)」、

撫でたくなる菜から「撫で菜(ナデナ)」、

などが変化した変化したなどの説があるようです。

別名のペンペングサは、実(ミ)が三味線のバチににていることから、

三味線をひく擬音「ペンペン」が使われたとのことです。

同様に、シャミセングサと呼ばれることもあるようです。

 

ナズナの花言葉は、「あなたに私にすべてを捧げます」。

 

参照サイト

Wikipedia ナズナ

花言葉-由来 ナズナ

 

関連投稿

オオイヌノフグリ
道端に小さな花々が咲いています

寒い中に、近くの道や畑の隅などで、いくつもの小さな花々が咲いています。目立たないので、ともすれば見過ごすことが多い野草たちですが、マイペースで着実に生活しているようです。踏まれても、踏まれても、へこた ...

続きを見る

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-野草
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ