PR

スノーフレーク

草花

雪の白さが思い浮かぶスノーフレーク

2021年3月9日

PR

清楚なスノーフレークの白い花も、咲きました。スズランのようなベルの形をした花の先は6つに分かれ、緑のしるしが印象的で目をひかれます。和名は、オオマチユキソウ(大待雪草)。同じヒガンハナ科で、よくにたスノードロップ(和名:待雪草)についても書きました。

スノーフレーク(和名:大待雪草)

スノーフレークの花

スノーフレークの花
スノーフレークの花

クリスマスローズの近くで咲いたスノーフレークです。

まだ草も少なく、チューリップなどもまだ準備中で、

小い花ですが、白くて花弁の先に緑色の斑点をつけたスノーフレークは、存在感があります。

数年前の秋に植えた球根が、少しずつ増えてきているようで、

花の数も多くなってきました。

良く伸びた茎の先から、3本(普通は、1~4本)の花柄(カヘイ)を出して、下向きに咲いています。

白だけでもきれいですが、緑のしるしが目を引き付けるようですね。 

\(^B^)/  

上を向いたスノーフレーク
上を向いたスノーフレーク

雨の後なので、水滴がついています。

花の先が6枚にわかれていて、中には6個の黄色いしべが見えます。

緑のしるしは、内側にもついているんですね。

スノーフレークのツボミ
スノーフレークのツボミ

一つ咲いたあとに、つぎの花が咲こうとしています。

ツボミは上向いて出てきて、花が咲くころに下を向くようですね。

以下で、より美麗な写真でご覧ください。

ガラス細工のようなスノーフレーク
ガラス細工のようなスノーフレーク

まるで、ガラス細工を思わせます。

スノーフレークの群生
スノーフレークの群生

たくさん咲いたスノーフレークもいいですね。

    

スノーフレークの基本情報・花言葉

スノーフレークは、ヨーロッパ中南部原産で、ヒガンバナ科スノーフレーク属の球根性の多年草です。

和名がオマチユキソウ(大待雪草)、別名はスズランスイセン(鈴蘭水仙)、雪が少なくなってきた3月ころに咲くのですが、

和名は待雪とされています。

  

スノーフレークの花言葉は、「純粋」、「純潔」、「汚れなき心」、「皆をひきつける魅力」。 (*^G^*) 

もっともな花言葉のように思います。

   

スノードロップ(和名:待雪草)

スノードロップの花

スノードロップの花
スノードロップの花

実は、この花は知りませんでした。

スノーフレークの和名が大待雪草となっていたので、

待雪草もあるんだろうと調べたところ、

この花、スノードロップ(=待雪草だということを知りました。

スノーフレークににていますが、ちょっと違うようです。

長く広がっている3枚は萼(ガク)すなわち外花被で、中に3枚の花弁、内花被をつけています。

種によって、内花被に緑色の斑点があったりばじゃったりするとのことです。写真ではついていますね。

花は、夜には閉じるとのことです。

こちらも、きれいな花ですね。 \(^W^)/

スノードロップの群生
スノードロップの群生

スノードロップの基本情報・花言葉 

スノードロップは、東ヨーロッパ原産で、ヒガンバナ科マツユキソウ属(ガランサス属)の多年草で球根性です。

和名は、待雪草。2~3月に開花し、草丈は5~30cmほどとのこと。

  

スノードロップの花言葉は、「希望」、「慰め」。

  

おわりに

スズランのような釣鐘状の、小さくて綺麗なスノーフレークが庭に咲きました。

毎年、すこしずつ増えているようです。自分で植えた花が育っているのを見るには楽しみで、楽しいものだと思います。


  


  

参照サイト

Wikipedia スノーフレーク(ヒガンバナ科) スノーフレーク スノードロップ

みんなの趣味の園芸 スノーフレーク 

花言葉-由来 スノーフレーク スノードロップ

   

関連投稿

 スイセン(水仙)が咲き始めました

PR

PR



ランキングの応援をお願いします!

-草花
-,

© 2021 山に出かけてecoライフ