ピンクの花

ハコネウツギ

広葉樹 樹木 落葉小高木

5~6月に咲くハコネウツギ(箱根空木)の白、ピンクや赤い花

ハコネウツギは、5~6月に漏斗状の花を咲かせ、はじめは白く咲き、ピンク、赤と変化します。白と赤の花がついて咲くのでゲンペイウツギとも呼ばれ、花言葉は「移り気」。幹が中空なのでウツギとついていますが、ス ...

アストロメリアの花

球根性多年草 草本 草花

ユリズイセン(アストロメリア)は花弁に縞模様がつき、葉はねじれます

ユリズイセン(アストロメリア)は、50~100cmの茎の先に、花序で3~8個の漏斗状の花を咲かせます。花弁は、縞模様が入った内側の小さな3枚と、外側の大きめの3枚でつきます。葉は互生し、形は長楕円形~ ...

ヤグルマギクの花

草本 草花 越年草

道端で咲く、ヤグルマギク(矢車菊)のピンクや青の花

ヤグルマギクは、4~7月に咲く筒状花で、明治時代に移入されて家庭などで栽培されていますが、いまは道端などに野生化しているものも見られます。花色は、ピンク、青、白、紫、などの種類が開発されています。ヨー ...

ヤマザクラの花

広葉樹 樹木 落葉高木

新緑の中で、白や薄いピンクの花を咲かせるヤマザクラ(山桜)

4月半ばを過ぎて、ヤマザクラ(山桜)が咲いています。樹々の黄緑や赤みがかった新緑がきれいな中で、白や薄いピンクのヤマザクラがきれいです。古代から親しまれてきた日本固有種で、葉と花が同時期に出て色どりが ...

ハナミズキの花

広葉樹 樹木 落葉高木

4月に咲く、ハナミズキ(花水木)のピンクや白い花

4月になって、ハナミズキ(花水木)のピンクや白い花がきれいに咲いています。街路樹などに植えられていて、葉が出る前に、樹全体にたくさん咲き、人目を引いています。同じミズキ科でよくにた花を咲かせるヤマボウ ...

ヒヤシンス

球根性多年草 草本 草花

3~4月に青やピンクなどの花を咲かせる、ヒヤシンスがきれいです

3月中ごろに、ヒアシンス(風信子)の花が咲き出しました。原種は青紫と言われますが、青、ピンク、赤、白など、いろんな色の花があります。地中海東部沿岸が原産で、寒さに比較的つよい球根性の多年性植物で、南関 ...

クマノザクラ

広葉樹 樹木 落葉高木

5年前に新種に認定されたクマノザクラに咲く薄いピンクの花

早咲きのヤマザクラと呼ばれてきたクマノミズキは、彼岸ごろから、ピンクのきれいな花を咲かせます。2018年に、100年ぶりに新種の桜とに認定された日本固有種で、紀伊半島南部に自生します。山中で、常緑樹の ...

冬のゼラニウム

多年草 草本 草花

冬に咲くゼラニウムのピンクや赤の花

道路沿いの花壇で、ゼラニウムのピンクや赤の花が咲いていました。ゼラニウムは四季咲ですが、栽培する地方によっても違うのでしょうが、さすがに1~2月ごろは寒さのため、すこし元気がないようです。でも、これか ...

ナンコウウメ

広葉樹 樹木 落葉小高木

2022年の南高梅のピンクの花の開花と、いろんな梅の花

ことしは寒かったからか、南高梅の開花が3月5日と遅くなりました。昨年より約3週間遅れですが、薄いピンクの花が数輪咲いて、春を感じさせてくれます。昨年買った枝垂れ梅は、早く2月15日でした。町で見かけた ...

シバザクラ

多年草 草本 草花

冬に咲くシバザクラ(芝桜)のピンクの花

2月に、近所でシバザクラ(芝桜)のピンクの花が咲いていました。ときどき雪も降るこの時期、多くはないのですが、それでもしっかりと咲いています。北アメリカ原産で、花期は4~5月と言われますが、枯れたような ...

ヒメオドリコソウ

草本 越年草 野草

冬に咲くヒメオドリコソウ(姫踊り子草)のピンクの花

ヒメオドリコソウのピンクの花が咲いていました。シソ科の越年草で、明治中期に日本に渡来したと言われ、寒い時期からピンクの可愛い花を咲かせます。毎年同じ場所で、同じころに咲く花は、楽しみであり、心を和ませ ...

ホトケノザの花

二年草 草本 野草

冬に咲くホトケノザ(仏の座)のピンクの花

1月に、ホトケノザにピンクの花が咲いていました。2cmほどの筒状の花ので、先端が上下に分かれたシソ科特有の唇形花です。葉は、長さ15cmほどの茎に間隔をおいて対生し、円形で鋸歯があります。ホトケノザの ...

ポインセチアの花

常緑低木 広葉樹 樹木

ポインセチアの赤い花

クリスマス前になると、花屋さんを彩るポインセチア、赤い花はこの時期にピッタリにあいます。メキシコ産の情熱的な花で、花言葉も、聖夜、幸運を祈る、祝福など。常緑低木で、一年中緑の葉をつけて楽しませてくれま ...

ハナカタバミの花

多年草 草本 草花

ハナカタバミのピンクの花、イモカタバミ、ムラサキカタバミとの違い

ハナカタバミは、花径が3~5cmで、ピンクの花びらが5枚つき、隣り合った花びらは重なりあってつきます。南アフリカ原産の多年草で、江戸時代末期に輸入されて野生化しています。近縁種のイモカタバミ、ムラサキ ...

ヒメツルソバの花

多年草 草本 草花

ヒメツルソバには、金平糖のような形のピンクの花が咲きます

ヒメツルソバは、明治中期に日本に渡来したとされ、関東以西では野生化しているようです。5月ごろに咲き始めた金平糖のような形のピンクの花は、11月近くにも咲いており、葉は赤みを帯びています。ヒマラヤ原産の ...

© 2022 山に出かけてecoライフ